Simple Project List 軟體列表

Source code analysis
45 projects in result set
最後更新: 2018-01-13 22:09

Eclipse Checkstyle Plug-in

Eclipse Checkstyleプラグインは、Eclipse IDEのCheckstyle (Javaコードの監査ツール)に統合されています。 このプラグインは、コーディングスタイルとエラーを起こしやすいコードをルール違反とし、ユーザに対してリアルタイムのフィードバックを提供しています。

最後更新: 2019-12-28 04:10

Doxygen

Doxygenは、 C++, C, JavaそしてIDLのためのJavaDocのようなドキュメントシステムです。

最後更新: 2019-12-21 21:51

cppcheck

C/C++用の静的解析ツールです。メモリリーク、アロケーション(確保と解放)のミスマッチ、バッファオーバーラン、さらに多くのチェックを行います。目標は、0%の誤認識としています。

最後更新: 2020-03-09 07:55

WinMerge

WinMergeは、テキストファイル間、あるいはディレクトリ間の違いを視覚的に表示し、統合することのできるWindowsツールです。Unicodeサポート、柔軟なシンタックス色分けエディタ、Windowsエクスプローラへの統合、正規表現によるフィルタリング、行単位でのdiffと行中のdiffなどの機能が利用できます。

プロジェクトの詳細については、Wikiページをご参照ください。

最後更新: 2013-01-04 22:48

Oracle Java JDK 7 Source Files

Oracle Java 7として出されたsrc.zipのためのリプレースメントであり、OpenJDKプロジェクトによって作成された全てのJavaクラスのソースを含みます。

最後更新: 2020-04-05 03:05

PMD

PMDはJavaソースコード解析ツールです。未使用の変数、空のcatchブロック、不必要なオブジェクトの作成などを発見することができます。

最後更新: 2010-05-23 00:09

ASN.1 Development Tools

ASN.1開発ツール(ADT)は、ASN.1ファイルの編集、構文チェックができる Eclipseプラグインです。asnCompiler拡張ポイントへのこの貢献により、ASN.1ファイルから C/C++/Java/その他言語コードを自動的に生成できます。

最後更新: 2019-03-20 21:57

LXR Cross Referencer

汎用のソースコードのインデクサー件、(定義と識別子の使い方のソースコードへのWebブラウザベースのリンクによる)クロスリファレンサです。 複数の言語をサポートしています。 最新情報は、http://lxr.sourceforge.netで。

最後更新: 2010-12-07 03:50

osseval

オープンソースソフトウェアを評価する際にユーザーを支援するWebアプリケーションです。

最後更新: 2016-04-13 11:04

soba

SOBA (Simple Objects for Bytecode Analysis) is a toolkit for program analysis on Java bytecode. It wraps ASM library ( http://asm.ow2.org/ ) to easily access Java class and method information.

程式語言: Java
Register Date: 2015-07-28 11:41
最後更新: 2010-03-22 08:01

DrFx - FxCop レポート日本語化ツール

DrFx は .NET 用自動コードインスペクションツール FxCop のレポートを日本語化するツールです。

ソースコードのルール違反を取り締まる Cop(警官) ではなく、ルール違反の原因や修正方針を丁寧に教えてくれる物知り Doctor(博士) のようなツールを目指しています。

Development Status: 2 - Pre-Alpha
目標受眾: Information Technology
自然語言: Japanese
操作系統: Windows
程式語言: C#
使用者介面: .NET/Mono, Console (Text Based)
Register Date: 2010-01-12 21:34
最後更新: 2010-02-01 12:43

SCARE

SCARE (Source Code Analysis Risk Evaluation) analyzes source code and provides a realistic and factual representation of the potential of that source code to create a problematic binary. This metric will not say that the binary will be exploited, nor does it do a static analysis for known limitations like vulnerabilities. However, it will flag code for a particular interaction type or control and allow the developer to understand which operational security (OpSec) holes are not protected even if it can't say the effectiveness of that protection at this time.

最後更新: 2012-06-11 21:14

ccglue

ccglue is a complementary tool to cscope and ctags. The tool builds a cross-reference symbol database from cscope (and ctags) databases that can be used to display dependency-graphs (aka call-trees, code flow). Visualization can be done with the Vim CCTree plugin or the built-in stand-alone command-line tracer.

(Machine Translation)
最後更新: 2011-12-23 13:50

Coan

Coan is a software engineering tool for analyzing preprocessor-based configurations of C or C++ source code. Its principal use is to simplify a body of source code by eliminating any parts which are redundant with respect to a specified configuration.

最後更新: 2011-07-14 21:18

CCTree

CCTree is a Vim 7 plugin that displays hierarchical call-trees for functions or files using a cscope database. The functionality is similar to that offered by other IDEs and source-analysis applications, like Kscope, Source Navigator, and Eclipse. CCTree features a symbol dependency tree analyzer for C using a cscope database. It has basic support for functions and macros, and extended support for global variables, macros, enums, and typedefs.