• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

提交

標籤
無標籤

Frequently used words (click to add to your profile)

javac++androidlinuxc#objective-cqt誰得cocoawindowspythonphprubygameguibathyscaphec翻訳omegat計画中(planning stage)frameworktwittertestdombtronvb.netdirectxarduinopreviewerゲームエンジン

Commit MetaInfo

修訂6c43bbb83d13bbead2d2d34bba885a42a7dfa555 (tree)
時間2014-06-08 23:57:31
作者Akihiro MOTOKI <amotoki@gmai...>
CommiterAkihiro MOTOKI

Log Message

Update draft and release for LDP 3.68

Change Summary

差異

--- a/draft/man2/fork.2
+++ b/draft/man2/fork.2
@@ -138,14 +138,11 @@ POSIX.1\-2001 では、親プロセスと子プロセス間の対応するディ
138138 \fBEAGAIN\fP
139139
140140 .\" NOTE! The following should match the description in pthread_create(3)
141-A system\-imposed limit on the number of threads was encountered. There are
142-a number of limits that may trigger this error: the \fBRLIMIT_NPROC\fP soft
143-resource limit (set via \fBsetrlimit\fP(2)), which limits the number of
144-processes and threads for a real user ID, was reached; the kernel's
145-system\-wide limit on the number of processes and threads,
146-\fI/proc/sys/kernel/threads\-max\fP, was reached (see \fBproc\fP(5)); or the
147-maximum number of PIDs, \fI/proc/sys/kernel/pid_max\fP, was reached (see
148-\fBproc\fP(5)).
141+システムで設定されたスレッド数の上限に達していた。 このエラーの原因となる上限値はいくつかある。 実ユーザ ID
142+当たりのプロセス数とスレッド数の上限である、ソフトリソース上限 \fBRLIMIT_NPROC\fP に達していた (\fBsetrlimit\fP(2)
143+で設定できる)。 カーネルのシステム全体のプロセスとスレッドの上限数である \fI/proc/sys/kernel/threads\-max\fP が達していた
144+(\fBproc\fP(5) 参照)。 PID の最大値 \fI/proc/sys/kernel/pid_max\fP に達していた (\fBproc\fP(5)
145+参照)。
149146 .TP
150147 \fBEAGAIN\fP
151148 呼び出し元は、スケジューリングポリシー \fBSCHED_DEADLINE\fP で動作しており、かつ reset\-on\-fork
--- a/draft/man2/getrlimit.2
+++ b/draft/man2/getrlimit.2
@@ -206,11 +206,9 @@ ID にロックされる 共有メモリセグメント (\fBshmget\fP(2) を参
206206 \fBRLIMIT_OFILE\fP という名前となっている)。
207207 .TP
208208 \fBRLIMIT_NPROC\fP
209-The maximum number of processes (or, more precisely on Linux, threads) that
210-can be created for the real user ID of the calling process. Upon
211-encountering this limit, \fBfork\fP(2) fails with the error \fBEAGAIN\fP. This
212-limit is not enforced for processes that have either the \fBCAP_SYS_ADMIN\fP or
213-the \fBCAP_SYS_RESOURCE\fP capability.
209+呼び出したプロセスの実ユーザー ID で作成できる最大プロセス数 (より正確には Linux ではスレッド数)。 この上限に達すると、
210+\fBfork\fP(2) はエラー \fBEAGAIN\fP で失敗する。 この上限値は、ケーパビリティ \fBCAP_SYS_ADMIN\fP か
211+\fBCAP_SYS_RESOURCE\fP のどちらかを持つプロセスには適用されない。
214212 .TP
215213 \fBRLIMIT_RSS\fP
216214 .\" As at kernel 2.6.12, this limit still does nothing in 2.6 though
--- a/draft/man3/nl_langinfo.3
+++ b/draft/man3/nl_langinfo.3
@@ -95,9 +95,7 @@ yes/no の質問に対する否定の応答を認識するために \fBregex\fP(
9595 .SH 準拠
9696 SUSv2, POSIX.1\-2001.
9797 .SH 例
98-The following program sets the character type and the numeric locale
99-according to the environment and queries the terminal character set and the
100-radix character.
98+以下のプログラムは、環境変数に基いて文字型 (character type) と数値のロケール を設定し、端末の文字集合と基数文字の問い合わせを行う。
10199 .LP
102100 .nf
103101 #include <langinfo.h>
--- a/draft/man3/pthread_create.3
+++ b/draft/man3/pthread_create.3
@@ -100,18 +100,15 @@ CPU affinity マスク (\fBsched_setaffinity\fP(2) 参照) の
100100 .SH エラー
101101 .TP
102102 \fBEAGAIN\fP
103-Insufficient resources to create another thread.
103+別のスレッドを作成するのに十分なリソースがない。
104104 .TP
105105 \fBEAGAIN\fP
106106 .\" NOTE! The following should match the description in fork(2)
107-A system\-imposed limit on the number of threads was encountered. There are
108-a number of limits that may trigger this error: the \fBRLIMIT_NPROC\fP soft
109-resource limit (set via \fBsetrlimit\fP(2)), which limits the number of
110-processes and threads for a real user ID, was reached; the kernel's
111-system\-wide limit on the number of processes threads,
112-\fI/proc/sys/kernel/threads\-max\fP, was reached (see \fBproc\fP(5)); or the
113-maximum number of PIDs, \fI/proc/sys/kernel/pid_max\fP, was reached (see
114-\fBproc\fP(5)).
107+システムで設定されたスレッド数の上限に達していた。 このエラーの原因となる上限値はいくつかある。 実ユーザ ID
108+当たりのプロセス数とスレッド数の上限である、ソフトリソース上限 \fBRLIMIT_NPROC\fP に達していた (\fBsetrlimit\fP(2)
109+で設定できる)。 カーネルのシステム全体のスレッド数の上限値である \fI/proc/sys/kernel/threads\-max\fP が達していた
110+(\fBproc\fP(5) 参照)。 PID の最大値 \fI/proc/sys/kernel/pid_max\fP に達していた (\fBproc\fP(5)
111+参照)。
115112 .TP
116113 \fBEINVAL\fP
117114 \fIattr\fP で指定された設定が不正である。
--- a/draft/man5/proc.5
+++ b/draft/man5/proc.5
@@ -807,15 +807,12 @@ Locked: 0 kB
807807
808808 .fi
809809 .in
810-The first of these lines shows the same information as is displayed for the
811-mapping in \fI/proc/[pid]/maps\fP. The remaining lines show the size of the
812-mapping, the amount of the mapping that is currently resident in RAM
813-("Rss"), the process' proportional share of this mapping ("Pss"), the number
814-of clean and dirty shared pages in the mapping, and the number of clean and
815-dirty private pages in the mapping. "Referenced" indicates the amount of
816-memory currently marked as referenced or accessed. "Anonymous" shows the
817-amount of memory that does not belong to any file. "Swap" shows how much
818-would\-be\-anonymous memory is also used, but out on swap.
810+最初の行には、 \fI/proc/[pid]/maps\fP で表示されるマッピングと同じ情報が表示される。 残りの行には、マッピングのサイズ、現在 RAM
811+上に存在するマッピングの量 ("Rss")、 このマッピングのこのプロセスの proportional share ("Pss")、
812+マッピング内の共有ページのうちクリーンなページ数とダーティページ数、
813+マッピング内のプライベートページのうちクリーンなページ数とダーティページ数、を示す。 "Referenced" は参照された (referenced)
814+かアクセスされたと現在印が付いているメモリ量を示す。 "Anonymous" はどのファイルにも属していないメモリ量を示す。 "Swap"
815+は使用中だがスワップされている無名メモリ (would\-be\-anonymous memory) の量を示す。
819816
820817 The "KernelPageSize" entry is the page size used by the kernel to back a
821818 VMA. This matches the size used by the MMU in the majority of cases.
@@ -1867,11 +1864,9 @@ USER_HZ 倍した値になるはずである。
18671864 .\" FIXME The following is not the full picture for the 'intr' of
18681865 .\" /proc/stat on 2.6:
18691866 \fIintr 1462898\fP
1870-This line shows counts of interrupts serviced since boot time, for each of
1871-the possible system interrupts. The first column is the total of all
1872-interrupts serviced including unnumbered architecture specific interrupts;
1873-each subsequent column is the total for that particular numbered interrupt.
1874-Unnumbered interrupts are not shown, only summed into the total.
1867+この行はシステム起動時以降に処理された割り込みの回数を示す。 最初の欄は処理された割り込み全ての合計であり、
1868+これには番号が割り振られていないアーキテクチャー固有の割り込みも含まれる。 それ以降の欄はそれぞれ番号が割り振られた割り込みについての合計である。
1869+番号が割り振られていない割り込みは表示されず、 全体の合計にのみ加算される。
18751870 .TP
18761871 \fIdisk_io: (2,0):(31,30,5764,1,2) (3,0):\fP...
18771872 (メジャー番号, ディスクインデックス番号):(情報なし (noinfo), 読み込み回数, 読み込みブロック数, 書き出し回数, 書き出しブロック数)
@@ -2271,14 +2266,11 @@ the \fBCAP_SYS_ADMIN\fP capability can change the value in this file.
22712266 .\" Prior to 2.6.10, pid_max could also be raised above 32768 on 32-bit
22722267 .\" platforms, but this broke /proc/[pid]
22732268 .\" See http://marc.theaimsgroup.com/?l=linux-kernel&m=109513010926152&w=2
2274-This file specifies the value at which PIDs wrap around (i.e., the value in
2275-this file is one greater than the maximum PID). PIDs greater than this
2276-value not allocated; thus, the value in this file also acts as a system\-wide
2277-limit on the total number of processes and threads. The default value for
2278-this file, 32768, results in the same range of PIDs as on earlier kernels.
2279-On 32\-bit platforms, 32768 is the maximum value for \fIpid_max\fP. On 64\-bit
2280-systems, \fIpid_max\fP can be set to any value up to 2^22 (\fBPID_MAX_LIMIT\fP,
2281-approximately 4 million).
2269+このファイルは、PID をいくつで終了にするかを指定する (すなわち、このファイルの値は最大 PID より 1 大きい)。 この値より大きな PID
2270+値は割り当てられない。 したがって、このファイルの値はプロセスやスレッドの全体数のシステム全体での上限としても機能する。 このファイルのデフォルト値は
2271+32768 であり、 その場合には以前のカーネルと同じ PID の範囲になる。 32ビットのプラットフォームでは、 \fIpid_max\fP の最大値は
2272+32768 である。 64ビットのプラットフォームでは、 2^22 (\fBPID_MAX_LIMIT\fP, 約 4,000,000)
2273+までの任意の値を設定できる。
22822274 .TP
22832275 \fI/proc/sys/kernel/powersave\-nap\fP (PowerPC のみ)
22842276 このファイルにはフラグが書かれている。 フラグが設定されると、Linux\-PPC は 省電力の "nap" モードを使う。
--- a/release/man2/fork.2
+++ b/release/man2/fork.2
@@ -138,14 +138,11 @@ POSIX.1\-2001 では、親プロセスと子プロセス間の対応するディ
138138 \fBEAGAIN\fP
139139
140140 .\" NOTE! The following should match the description in pthread_create(3)
141-A system\-imposed limit on the number of threads was encountered. There are
142-a number of limits that may trigger this error: the \fBRLIMIT_NPROC\fP soft
143-resource limit (set via \fBsetrlimit\fP(2)), which limits the number of
144-processes and threads for a real user ID, was reached; the kernel's
145-system\-wide limit on the number of processes and threads,
146-\fI/proc/sys/kernel/threads\-max\fP, was reached (see \fBproc\fP(5)); or the
147-maximum number of PIDs, \fI/proc/sys/kernel/pid_max\fP, was reached (see
148-\fBproc\fP(5)).
141+システムで設定されたスレッド数の上限に達していた。 このエラーの原因となる上限値はいくつかある。 実ユーザ ID
142+当たりのプロセス数とスレッド数の上限である、ソフトリソース上限 \fBRLIMIT_NPROC\fP に達していた (\fBsetrlimit\fP(2)
143+で設定できる)。 カーネルのシステム全体のプロセスとスレッドの上限数である \fI/proc/sys/kernel/threads\-max\fP が達していた
144+(\fBproc\fP(5) 参照)。 PID の最大値 \fI/proc/sys/kernel/pid_max\fP に達していた (\fBproc\fP(5)
145+参照)。
149146 .TP
150147 \fBEAGAIN\fP
151148 呼び出し元は、スケジューリングポリシー \fBSCHED_DEADLINE\fP で動作しており、かつ reset\-on\-fork
--- a/release/man2/getrlimit.2
+++ b/release/man2/getrlimit.2
@@ -206,11 +206,9 @@ ID にロックされる 共有メモリセグメント (\fBshmget\fP(2) を参
206206 \fBRLIMIT_OFILE\fP という名前となっている)。
207207 .TP
208208 \fBRLIMIT_NPROC\fP
209-The maximum number of processes (or, more precisely on Linux, threads) that
210-can be created for the real user ID of the calling process. Upon
211-encountering this limit, \fBfork\fP(2) fails with the error \fBEAGAIN\fP. This
212-limit is not enforced for processes that have either the \fBCAP_SYS_ADMIN\fP or
213-the \fBCAP_SYS_RESOURCE\fP capability.
209+呼び出したプロセスの実ユーザー ID で作成できる最大プロセス数 (より正確には Linux ではスレッド数)。 この上限に達すると、
210+\fBfork\fP(2) はエラー \fBEAGAIN\fP で失敗する。 この上限値は、ケーパビリティ \fBCAP_SYS_ADMIN\fP か
211+\fBCAP_SYS_RESOURCE\fP のどちらかを持つプロセスには適用されない。
214212 .TP
215213 \fBRLIMIT_RSS\fP
216214 .\" As at kernel 2.6.12, this limit still does nothing in 2.6 though
--- a/release/man3/nl_langinfo.3
+++ b/release/man3/nl_langinfo.3
@@ -95,9 +95,7 @@ yes/no の質問に対する否定の応答を認識するために \fBregex\fP(
9595 .SH 準拠
9696 SUSv2, POSIX.1\-2001.
9797 .SH 例
98-The following program sets the character type and the numeric locale
99-according to the environment and queries the terminal character set and the
100-radix character.
98+以下のプログラムは、環境変数に基いて文字型 (character type) と数値のロケール を設定し、端末の文字集合と基数文字の問い合わせを行う。
10199 .LP
102100 .nf
103101 #include <langinfo.h>
--- a/release/man3/pthread_create.3
+++ b/release/man3/pthread_create.3
@@ -100,18 +100,15 @@ CPU affinity マスク (\fBsched_setaffinity\fP(2) 参照) の
100100 .SH エラー
101101 .TP
102102 \fBEAGAIN\fP
103-Insufficient resources to create another thread.
103+別のスレッドを作成するのに十分なリソースがない。
104104 .TP
105105 \fBEAGAIN\fP
106106 .\" NOTE! The following should match the description in fork(2)
107-A system\-imposed limit on the number of threads was encountered. There are
108-a number of limits that may trigger this error: the \fBRLIMIT_NPROC\fP soft
109-resource limit (set via \fBsetrlimit\fP(2)), which limits the number of
110-processes and threads for a real user ID, was reached; the kernel's
111-system\-wide limit on the number of processes threads,
112-\fI/proc/sys/kernel/threads\-max\fP, was reached (see \fBproc\fP(5)); or the
113-maximum number of PIDs, \fI/proc/sys/kernel/pid_max\fP, was reached (see
114-\fBproc\fP(5)).
107+システムで設定されたスレッド数の上限に達していた。 このエラーの原因となる上限値はいくつかある。 実ユーザ ID
108+当たりのプロセス数とスレッド数の上限である、ソフトリソース上限 \fBRLIMIT_NPROC\fP に達していた (\fBsetrlimit\fP(2)
109+で設定できる)。 カーネルのシステム全体のスレッド数の上限値である \fI/proc/sys/kernel/threads\-max\fP が達していた
110+(\fBproc\fP(5) 参照)。 PID の最大値 \fI/proc/sys/kernel/pid_max\fP に達していた (\fBproc\fP(5)
111+参照)。
115112 .TP
116113 \fBEINVAL\fP
117114 \fIattr\fP で指定された設定が不正である。
--- a/release/man5/proc.5
+++ b/release/man5/proc.5
@@ -807,15 +807,12 @@ Locked: 0 kB
807807
808808 .fi
809809 .in
810-The first of these lines shows the same information as is displayed for the
811-mapping in \fI/proc/[pid]/maps\fP. The remaining lines show the size of the
812-mapping, the amount of the mapping that is currently resident in RAM
813-("Rss"), the process' proportional share of this mapping ("Pss"), the number
814-of clean and dirty shared pages in the mapping, and the number of clean and
815-dirty private pages in the mapping. "Referenced" indicates the amount of
816-memory currently marked as referenced or accessed. "Anonymous" shows the
817-amount of memory that does not belong to any file. "Swap" shows how much
818-would\-be\-anonymous memory is also used, but out on swap.
810+最初の行には、 \fI/proc/[pid]/maps\fP で表示されるマッピングと同じ情報が表示される。 残りの行には、マッピングのサイズ、現在 RAM
811+上に存在するマッピングの量 ("Rss")、 このマッピングのこのプロセスの proportional share ("Pss")、
812+マッピング内の共有ページのうちクリーンなページ数とダーティページ数、
813+マッピング内のプライベートページのうちクリーンなページ数とダーティページ数、を示す。 "Referenced" は参照された (referenced)
814+かアクセスされたと現在印が付いているメモリ量を示す。 "Anonymous" はどのファイルにも属していないメモリ量を示す。 "Swap"
815+は使用中だがスワップされている無名メモリ (would\-be\-anonymous memory) の量を示す。
819816
820817 The "KernelPageSize" entry is the page size used by the kernel to back a
821818 VMA. This matches the size used by the MMU in the majority of cases.
@@ -1867,11 +1864,9 @@ USER_HZ 倍した値になるはずである。
18671864 .\" FIXME The following is not the full picture for the 'intr' of
18681865 .\" /proc/stat on 2.6:
18691866 \fIintr 1462898\fP
1870-This line shows counts of interrupts serviced since boot time, for each of
1871-the possible system interrupts. The first column is the total of all
1872-interrupts serviced including unnumbered architecture specific interrupts;
1873-each subsequent column is the total for that particular numbered interrupt.
1874-Unnumbered interrupts are not shown, only summed into the total.
1867+この行はシステム起動時以降に処理された割り込みの回数を示す。 最初の欄は処理された割り込み全ての合計であり、
1868+これには番号が割り振られていないアーキテクチャー固有の割り込みも含まれる。 それ以降の欄はそれぞれ番号が割り振られた割り込みについての合計である。
1869+番号が割り振られていない割り込みは表示されず、 全体の合計にのみ加算される。
18751870 .TP
18761871 \fIdisk_io: (2,0):(31,30,5764,1,2) (3,0):\fP...
18771872 (メジャー番号, ディスクインデックス番号):(情報なし (noinfo), 読み込み回数, 読み込みブロック数, 書き出し回数, 書き出しブロック数)
@@ -2271,14 +2266,11 @@ the \fBCAP_SYS_ADMIN\fP capability can change the value in this file.
22712266 .\" Prior to 2.6.10, pid_max could also be raised above 32768 on 32-bit
22722267 .\" platforms, but this broke /proc/[pid]
22732268 .\" See http://marc.theaimsgroup.com/?l=linux-kernel&m=109513010926152&w=2
2274-This file specifies the value at which PIDs wrap around (i.e., the value in
2275-this file is one greater than the maximum PID). PIDs greater than this
2276-value not allocated; thus, the value in this file also acts as a system\-wide
2277-limit on the total number of processes and threads. The default value for
2278-this file, 32768, results in the same range of PIDs as on earlier kernels.
2279-On 32\-bit platforms, 32768 is the maximum value for \fIpid_max\fP. On 64\-bit
2280-systems, \fIpid_max\fP can be set to any value up to 2^22 (\fBPID_MAX_LIMIT\fP,
2281-approximately 4 million).
2269+このファイルは、PID をいくつで終了にするかを指定する (すなわち、このファイルの値は最大 PID より 1 大きい)。 この値より大きな PID
2270+値は割り当てられない。 したがって、このファイルの値はプロセスやスレッドの全体数のシステム全体での上限としても機能する。 このファイルのデフォルト値は
2271+32768 であり、 その場合には以前のカーネルと同じ PID の範囲になる。 32ビットのプラットフォームでは、 \fIpid_max\fP の最大値は
2272+32768 である。 64ビットのプラットフォームでは、 2^22 (\fBPID_MAX_LIMIT\fP, 約 4,000,000)
2273+までの任意の値を設定できる。
22822274 .TP
22832275 \fI/proc/sys/kernel/powersave\-nap\fP (PowerPC のみ)
22842276 このファイルにはフラグが書かれている。 フラグが設定されると、Linux\-PPC は 省電力の "nap" モードを使う。
--- a/translation_list
+++ b/translation_list
@@ -81,7 +81,7 @@
8181 @:LDP man-pages:3.68:2014/05/10:finit_module:2:init_module:2:
8282 @:LDP man-pages:3.68:2014/02/06:flistxattr:2:listxattr:2:
8383 ○:LDP man-pages:3.68:2014/04/22:flock:2:2014/06/08::amotoki@dd.iij4u.or.jp:Akihiro MOTOKI:
84-☆:LDP man-pages:3.67=>3.68:2014/05/28:fork:2:2014/06/08::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI:
84+○:LDP man-pages:3.68:2014/05/28:fork:2:2014/06/08::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI:
8585 @:LDP man-pages:3.68:2007/05/31:free_hugepages:2:alloc_hugepages:2:
8686 @:LDP man-pages:3.68:2014/02/06:fremovexattr:2:removexattr:2:
8787 @:LDP man-pages:3.68:2014/02/06:fsetxattr:2:setxattr:2:
@@ -132,7 +132,7 @@
132132 @:LDP man-pages:3.68:2010/11/22:getresgid32:2:getresgid:2:
133133 ○:LDP man-pages:3.68:2010/11/22:getresuid:2:2014/06/08::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI:
134134 @:LDP man-pages:3.68:2010/11/22:getresuid32:2:getresuid:2:
135-☆:LDP man-pages:3.67=>3.68:2014/05/28:getrlimit:2:2014/06/04::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI:
135+○:LDP man-pages:3.68:2014/05/28:getrlimit:2:2014/06/08::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI:
136136 ○:LDP man-pages:3.68:2014/05/10:getrusage:2:2014/06/08::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI:
137137 ○:LDP man-pages:3.68:2010/09/26:getsid:2:2014/06/08::argrath@ub32.org:Kentaro Shirakata:
138138 ○:LDP man-pages:3.68:2008/12/03:getsockname:2:2014/06/08::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
@@ -1408,7 +1408,7 @@
14081408 @:LDP man-pages:3.68:2013/09/02:nexttowardf:3:nextafter:3:
14091409 @:LDP man-pages:3.68:2013/09/02:nexttowardl:3:nextafter:3:
14101410 @:LDP man-pages:3.68:2014/01/11:nftw:3:ftw:3:
1411-☆:LDP man-pages:3.67=>3.68:2014/05/28:nl_langinfo:3:2014/06/04::KY4N-UCD@asahi-net.or.jp:UCHIDA Norihiro:
1411+○:LDP man-pages:3.68:2014/05/28:nl_langinfo:3:2014/06/08::KY4N-UCD@asahi-net.or.jp:UCHIDA Norihiro:
14121412 @:LDP man-pages:3.68:2013/06/21:nrand48:3:drand48:3:
14131413 @:LDP man-pages:3.68:2013/09/09:nrand48_r:3:drand48_r:3:
14141414 @:LDP man-pages:3.68:2014/04/08:ntohl:3:byteorder:3:
@@ -1476,7 +1476,7 @@
14761476 @:LDP man-pages:3.68:2014/05/28:pthread_cleanup_pop_restore_np:3:pthread_cleanup_push_defer_np:3:
14771477 ○:LDP man-pages:3.68:2008/11/24:pthread_cleanup_push:3:2014/06/08::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI:
14781478 ○:LDP man-pages:3.68:2014/05/28:pthread_cleanup_push_defer_np:3:2014/06/08::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI:
1479-☆:LDP man-pages:3.67=>3.68:2014/05/28:pthread_create:3:2014/06/04::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI:
1479+○:LDP man-pages:3.68:2014/05/28:pthread_create:3:2014/06/08::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI:
14801480 ○:LDP man-pages:3.68:2008/11/27:pthread_detach:3:2014/06/08::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI:
14811481 ○:LDP man-pages:3.68:2014/05/23:pthread_equal:3:2014/06/08::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI:
14821482 ○:LDP man-pages:3.68:2014/05/23:pthread_exit:3:2014/06/08::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI: