Download List

專案描述

Yet another shell (yash) is a POSIX-compliant command line shell, featuring more strict POSIX compliance than those of other shells, as well as powerful command line editing.

System Requirements

System requirement is not defined

發布 2009-09-07 21:57
yash 2.15 (2 files 隱藏)

發布版本通知

Yet another shell (yash), version 2.15.

This version includes many bug fixes.

Yet another shell (yash) バージョン 2.15 です。

このバージョンでは様々なバグ修正が施されました。

更動紀錄

Yash 2.15

+ An interactive shell now can be interrupted by SIGINT.
+ Bracket expressions in pathname expansion are now fully supported (provided that libc's regex implementation is correct).
= The "suspend" builtin now requires the -f option to suspend an interactive shell that is a session leader.
= The shell no longer automatically sets the $YASH_LE_TIMEOUT variable.
= A job-control shell now stops itself when invoked in the background.
= A job-control shell no longer ignores SIGTTOU by default.
= The '--nocaseglob' option no longer affects pattern matching in parameter expansions of form "${var#xxx}" etc.
* Fixed pathname expansion on redirection target.
* Couldn't set a signal handler to the default by the "trap" builtin if the signal was ignored on invocation of an interactive shell.
* Fixed accidental interruption of builtins by signals.
* Fixed parser so that a non-simple command is properly parsed after alias substitution.
* Various bug fixes

Legend:
+: new feature
=: specification change
*: bug fix

Yash 2.15

+ 対話シェルのコマンドを SIGINT で中断できるように
+ パス名展開でのブラケット記法に完全に対応した (libc の正規表現の実装に依存)
= シェルがセッションリーダーのとき "suspend" 組込みでサスペンドするには -f オプションを付けないといけないようにした
= $YASH_LE_TIMEOUT 変数をデフォルトで設定するのをやめた
= ジョブ制御有効なシェルがバックグラウンドで起動されたら停止するように
= ジョブ制御有効なシェルはデフォルトでは SIGTTOU を無視しないように
= --nocaseglob がオンでも "${var#xxx}" などのパラメータ展開のマッチングでは大文字小文字を区別するように
* リダイレクトにおけるパス名展開を修正
* 対話シェル起動時に無視されていたシグナルを "trap" 組込みでデフォルトのシグナルハンドラに変更できなかった
* 組込みコマンドが誤ってシグナルに割り込まれるのを修正
* エイリアス置換の後に複合コマンドなどが正しく解析されるよう修正
* その他様々なバグ修正

凡例:
+: 新機能
=: 仕様変更
*: バグ修正