SQSホームページをsqs-xml.sourceforge.jpから、sqs.prof.cuc.ac.jpに移行
2009-05-06 15:56 (by bool)

SQSのホームページを、sqs-xml.sourceforge.jpから、sqs.prof.cuc.ac.jpに移行させることにしました。

できることならば、sqs-xml.sourceforge.jp を使い続けたかったのですが、CGIの置き場所が/cgi-bin以下に限定されてしまうために、PositLogやtdiaryなどのWebアプリケーションがうまく動かせず、ついに断念した次第。

従来のSQSトップページは、情報がゴチャゴチャしていて、必要な情報がすぐに目に入ってこなかった、「おもてなし」感の乏しいものだった、というように反省をしています。そこで今後は、PositLogの導入を契機として、情報内容を視覚的に把握しやすく利用しやすいように工夫をしていきたいと考えています。

併せて、SQSの最新版(2009/05/01)を公開しました。たくさんの細かいバグの修正を施しています。また、動作環境をJRE6以上とし、コード署名証明書は千葉商科大学で購入したものとしています。

SQS2.0正式版に向けて、今後に開発が必要な機能やバグは、SQS コミュニティサイト( http://sqs.prof.cuc.ac.jp:81/ )のRedmine上でチケット化して管理するものとします。

また、SQSトップページとSQSコミュニティサイトの公用語を英語とし、開発上の記録やドキュメントを英語で書くことから始めていき、英語圏の開発者をプロジェクトに呼び込む土壌を作ろうと考えています。
Shared Questionnaire System 專案新聞存檔