• R/O
  • SSH
  • HTTPS

samba-jp: 提交


Commit MetaInfo

修訂3059 (tree)
時間2017-12-02 14:02:58
作者matsuand

Log Message

Modify and update document formatting.

Change Summary

差異

--- trunk/docs-xml/smbdotconf/security/authmethods.xml (revision 3058)
+++ trunk/docs-xml/smbdotconf/security/authmethods.xml (revision 3059)
@@ -1,10 +1,20 @@
11 <samba:parameter name="auth methods"
22 context="G"
3- type="list"
3+ type="cmdlist"
4+ deprecated="1"
45 xmlns:samba="http://www.samba.org/samba/DTD/samba-doc">
56 <description>
67
7- <para>このパラメーターにより、管理者は <command moreinfo="none">smbd</command> がユーザー認証を行なう際に使用する認証機構を選択することが可能となる。
8+<!-- 原文 samba-4.7.0
9+ <para>
10+ This option allows the administrator to chose what authentication methods <command moreinfo="none">smbd</command>
11+ will use when authenticating a user. This option defaults to sensible values based on <smbconfoption name="security"/>.
12+ This should be considered a developer option and used only in rare circumstances. In the majority (if not all)
13+ of production servers, the default setting should be adequate.
14+ </para>
15+-->
16+ <para>このパラメーターにより、管理者は <command moreinfo="none">smbd</command>
17+ がユーザー認証を行なう際に使用する認証機構を選択することが可能となる。
818 このパラメーターのデフォルトは、<smbconfoption name="security"/>
919 パラメーターに基づいて適切な値が設定される。
1020 このオプションは開発者向けであり、
@@ -12,21 +22,39 @@
1222 実際の運用では多くの場合 (必ずというわけではない)、デフォルト設定のままにしておくべきである。
1323 </para>
1424
25+<!-- 原文 samba-4.7.0
1526 <para>
27+ Each entry in the list attempts to authenticate the user in turn, until
28+ the user authenticates. In practice only one method will ever actually
29+ be able to complete the authentication.
30+ </para>
31+-->
32+ <para>
1633 ユーザーが認証されるまで、
1734 リスト中の各エントリによって順番にユーザー認証が行なわれる。
18- 従って、実際に認証が成功となる認証機構は1つだけである。
35+ したがって実際に認証が成功となる認証機構は 1 つだけである。
1936 </para>
2037
38+<!-- 原文 samba-4.7.0
2139 <para>
22- 設定可能な値としては、<constant>guest</constant> (匿名アクセス)、
23- <constant>sam</constant> (NetBIOS名あるいはドメイン名に基づくローカルのアカウントリストの検索)、
24- <constant>winbind</constant> (winbinddによるリモートユーザーの認証要求の中継)、
25- <constant>ntdomain</constant> (winbindd 導入以前のリモートドメインユーザーの認証方法。
26- 現在は winbindd を使用する方が望ましいので使用すべきではない)、
27- <constant>trustdomain</constant> (信頼できるユーザーの、smbd からリモート DC への直接アクセスによる認証。
28- 現在は winbindd を使用する方が望ましいので使用すべきではない) がある。
40+ Possible options include <constant>guest</constant> (anonymous access),
41+ <constant>sam</constant> (lookups in local list of accounts based on netbios
42+ name or domain name), <constant>winbind</constant> (relay authentication requests
43+ for remote users through winbindd), <constant>ntdomain</constant> (pre-winbindd
44+ method of authentication for remote domain users; deprecated in favour of winbind method),
45+ <constant>trustdomain</constant> (authenticate trusted users by contacting the
46+ remote DC directly from smbd; deprecated in favour of winbind method).
2947 </para>
48+-->
49+ <para>
50+ 設定可能な値としては、<constant>guest</constant>(匿名アクセス)、
51+ <constant>sam</constant>(NetBIOS 名あるいはドメイン名に基づくローカルのアカウントリストの検索)、
52+ <constant>winbind</constant>(winbindd によるリモートユーザーの認証要求の中継)、
53+ <constant>ntdomain</constant>(winbindd 導入以前のリモートドメインユーザーの認証方法。
54+ 現在は winbindd を使用する方が望ましいので使用すべきではない)、
55+ <constant>trustdomain</constant>(信頼できるユーザーの、smbd からリモート DC への直接アクセスによる認証。
56+ 現在は winbindd を使用する方が望ましいので使用すべきではない)がある。
57+ </para>
3058 </description>
3159 <value type="default"/>
3260 <value type="example">guest sam winbind</value>
Show on old repository browser