• R/O
  • SSH
  • HTTPS

samba-jp: 提交


Commit MetaInfo

修訂3048 (tree)
時間2017-11-30 17:53:19
作者matsuand

Log Message

Translate untranslated parts.

Change Summary

差異

--- trunk/docs-xml/smbdotconf/protocol/easupport.xml (revision 3047)
+++ trunk/docs-xml/smbdotconf/protocol/easupport.xml (revision 3048)
@@ -9,13 +9,11 @@
99 attributes on a share. In order to enable this parameter on a setup with default VFS modules:
1010 </para>
1111 -->
12- <para> この真偽値パラメーターにより、
13- <citerefentry><refentrytitle>smbd</refentrytitle><manvolnum>8</manvolnum></citerefentry>
14- は、クライアントが共有内に OS/2 形式の拡張属性を格納することを可能とする。
15- このパラメーターを有効にするためには、下位のファイルシステムが
16- (Linux の場合 XFS や EXT3 に対するパッチとして提供されているような) 拡張属性をサポートしていることが必要である。
17- Linux の場合、拡張属性を有効にするには、カーネルが拡張属性を有効にしてコンパイルされていることに加え、
18- ファイルシステムのマウントオプションとして user_xattr を指定してマウントする必要がある。</para>
12+ <para>この真偽値パラメーターは、<citerefentry><refentrytitle>smbd</refentrytitle>
13+ <manvolnum>8</manvolnum></citerefentry> のクライアントが、共有上の拡張属性へ
14+ のアクセスを行ってよいかどうかを定める。既定の VFS モジュールを用いてこのパラ
15+ メーターを有効にするためには、以下のことが必要である。
16+ </para>
1917 <!-- 原文 samba-4.7.0
2018 <itemizedlist>
2119 <listitem><para>Samba must have been built with extended attributes support.
@@ -27,12 +25,12 @@
2725 </itemizedlist>
2826 -->
2927 <itemizedlist>
30- <listitem><para>Samba must have been built with extended attributes support.
31- </para></listitem>
32- <listitem><para>The underlying filesystem exposed by the share must support extended
33- attributes (e.g. the getfattr<manvolnum>1</manvolnum> / setfattr<manvolnum>1</manvolnum>
34- utilities must work).
35- </para></listitem>
28+ <listitem><para>Samba は拡張属性サポートを有効にしてビルドされていること
29+ が必要である。</para></listitem>
30+ <listitem><para>共有により用いられるファイルシステムは、拡張属性をサポート
31+ している必要がある。(例えば getfattr<manvolnum>1</manvolnum>、
32+ setfattr<manvolnum>1</manvolnum> といったユーティリティが動作しなければ
33+ ならない。)</para></listitem>
3634 </itemizedlist>
3735 <!-- 原文 samba-4.7.0
3836 <para>
@@ -47,14 +45,14 @@
4745 </para>
4846 -->
4947 <para>
50- Note that the SMB protocol allows setting attributes whose value is 64K bytes long,
51- and that on NTFS, the maximum storage space for extended attributes per file is 64K.
52- On most UNIX systems (Solaris and ZFS file system being the exception), the limits
53- are much lower - typically 4K. Worse, the same 4K space is often used to store
54- system metadata such as POSIX ACLs, or Samba's NT ACLs. Giving clients
55- access to this tight space via extended attribute support could consume all
56- of it by unsuspecting client applications, which would prevent changing
57- system metadata due to lack of space.
48+ SMB プロトコルでは、属性値が 64K におよぶ長さであっても設定できる必要がある。
49+ そして NTFS 上では、各ファイルごとの拡張属性の保存容量は、最大 64K である。
50+ UNIX システム(Solaris や ZFS ファイルシステムは除く)はたいてい、その制限は
51+ もっと小さく通常は 4K である。さらに厳しいことに、その同じ 4K の保存領域は、
52+ POSIX ACL や Samba の NT ACL といったシステムメタデータの保持にも利用されて
53+ いる。このためクライアントアプリケーションが拡張属性サポートを通じてアクセス
54+ すると、その保存領域すべてを使い果たしてしまうことになり、それが正しい処理で
55+ あっても、容量不足によりシステムメタデータの変更ができなくなることもある。
5856 </para>
5957 </description>
6058 <value type="default">no</value>
Show on old repository browser