• R/O
  • SSH
  • HTTPS

samba-jp: 提交


Commit MetaInfo

修訂3038 (tree)
時間2017-11-28 17:55:22
作者matsuand

Log Message

Translate untranslated parts and modify some.

Change Summary

差異

--- trunk/docs-xml/smbdotconf/logging/logging.xml (revision 3037)
+++ trunk/docs-xml/smbdotconf/logging/logging.xml (revision 3038)
@@ -10,9 +10,9 @@
1010 levels for each backend. The parameter is a list of backends,
1111 where each backend is specified as backend[:option][@loglevel].</para>
1212 -->
13- <para>このパラメーターはロギングバックエンドを設定する。おのおののバックエンドに
14- 対して、異なったログレベルを同時に指定する、バックエンドを複数指定できる。
15- パラメーターは、バックエンドのリストであり、おのおののバックエンドは
13+ <para>このパラメーターはロギングバックエンドを設定する。同時に複数の
14+ バックエンドが設定可能であり、各バックエンドには異なるログレベルを設定できる。
15+ このパラメーターはバックエンドのリストであり、それぞれのバックエンドは
1616 backend[:option][@loglevel] という形で指定する。</para>
1717
1818 <!-- 原文 samba-4.7.0
@@ -19,7 +19,7 @@
1919 <para>The 'option' parameter can be used to pass backend-specific
2020 options.</para>
2121 -->
22- <para>'option' パラメーターは、バックエンド固有のオプションが使える。</para>
22+ <para>'option' パラメーターは、バックエンド固有のオプション指定に利用する。</para>
2323
2424 <!-- 原文 samba-4.7.0
2525 <para>The log level for a backend is optional, if it is not set for
@@ -28,11 +28,10 @@
2828 while the log levels specified here define what is sent to the
2929 individual backends.</para>
3030 -->
31- <para>バックエンドに対する log level はオプションであり、それがバックエンドに
32- 対して設定されていない場合、すべてのメッセージがそのバックエンドに送られる。
33- ここで指定したログレベルは個別のバックエンドに送られるが、
34- <smbconfoption name="log level"/> パラメーターは、全体でのログレベルを
35- 決定する。</para>
31+ <para>バックエンドに対する log level はオプションであるため、その設定がない
32+ 場合は、メッセージすべてがそのバックエンドに送られる。
33+ <smbconfoption name="log level"/> パラメーターは全体のログレベルを決定する。
34+ 一方ここでは、それぞれのバックエンドに送られるログレベルを定義するものである。</para>
3635
3736 <!-- 原文 samba-4.7.0
3837 <para>When <smbconfoption name="logging"/> is set, it overrides the
@@ -47,8 +46,8 @@
4746 <para>Some backends are only available when Samba has been compiled
4847 with the additional libraries. The overall list of logging backends:</para>
4948 -->
50- <para>いくつかのバックエンドは、追加のライブラリを指定した状態で Samba が
51- コンパイルされたときにのみ有効である。logging backends の全リストは以下の通り。
49+ <para>バックエンドの中には、追加のライブラリを用いて Samba をコンパイルした
50+ 場合にのみ利用できるものがある。ロギングバックエンドの全リストは以下の通り。
5251 </para>
5352
5453 <itemizedlist>
@@ -65,9 +64,9 @@
6564 optional size argument to change the buffer size used, the default is 1 MB:
6665 <parameter moreinfo="none">ringbuf:size=NBYTES</parameter></para>
6766 -->
68- <para>The <parameter moreinfo="none">ringbuf</parameter> backend supports an
69- optional size argument to change the buffer size used, the default is 1 MB:
70- <parameter moreinfo="none">ringbuf:size=NBYTES</parameter></para>
67+ <para><parameter moreinfo="none">ringbuf</parameter> バックエンドではオプション
68+ として引数 size があり、バッファーサイズを変更することができる。既定値は 1 MB
69+ である。<parameter moreinfo="none">ringbuf:size=NBYTES</parameter></para>
7170
7271 </description>
7372 <value type="default"></value>
Show on old repository browser