• R/O
  • SSH
  • HTTPS

samba-jp: 提交


Commit MetaInfo

修訂3036 (tree)
時間2017-11-28 17:09:21
作者matsuand

Log Message

Update document formatting

Change Summary

差異

--- trunk/docs-xml/smbdotconf/logging/logging.xml (revision 3035)
+++ trunk/docs-xml/smbdotconf/logging/logging.xml (revision 3036)
@@ -4,25 +4,51 @@
44 xmlns:samba="http://www.samba.org/samba/DTD/samba-doc">
55 <description>
66
7- <para>このパラメータはロギングバックエンドを設定する。おのおののバックエンドに
8- 対して、異なったログレベルを同時に指定する、バックエンドを複数指定出来る。
9- パラメータは、バックエンドのリストであり、おのおののバックエンドは
7+<!-- 原文 samba-4.7.0
8+ <para>This parameter configures logging backends. Multiple
9+ backends can be specified at the same time, with different log
10+ levels for each backend. The parameter is a list of backends,
11+ where each backend is specified as backend[:option][@loglevel].</para>
12+-->
13+ <para>このパラメーターはロギングバックエンドを設定する。おのおののバックエンドに
14+ 対して、異なったログレベルを同時に指定する、バックエンドを複数指定できる。
15+ パラメーターは、バックエンドのリストであり、おのおののバックエンドは
1016 backend[:option][@loglevel] という形で指定する。</para>
1117
12- <para>'option' パラメータは、バックエンド固有のオプションが使える。</para>
18+<!-- 原文 samba-4.7.0
19+ <para>The 'option' parameter can be used to pass backend-specific
20+ options.</para>
21+-->
22+ <para>'option' パラメーターは、バックエンド固有のオプションが使える。</para>
1323
24+<!-- 原文 samba-4.7.0
25+ <para>The log level for a backend is optional, if it is not set for
26+ a backend, all messages are sent to this backend. The parameter
27+ <smbconfoption name="log level"/> determines overall log levels,
28+ while the log levels specified here define what is sent to the
29+ individual backends.</para>
30+-->
1431 <para>バックエンドに対する log level はオプションであり、それがバックエンドに
1532 対して設定されていない場合、すべてのメッセージがそのバックエンドに送られる。
1633 ここで指定したログレベルは個別のバックエンドに送られるが、
17- <smbconfoption name="log level"/>パラメータは、全体でのログレベルを
34+ <smbconfoption name="log level"/> パラメーターは、全体でのログレベルを
1835 決定する。</para>
1936
20- <para><smbconfoption name="logging"/>が設定された場合、これは、
21- <smbconfoption name="syslog"/>と<smbconfoption name="syslog only"/>
22- パラメータを上書きする。</para>
37+<!-- 原文 samba-4.7.0
38+ <para>When <smbconfoption name="logging"/> is set, it overrides the
39+ <smbconfoption name="syslog"/> and <smbconfoption name="syslog
40+ only"/> parameters.</para>
41+-->
42+ <para><smbconfoption name="logging"/> が設定された場合、これは、
43+ <smbconfoption name="syslog"/> と <smbconfoption name="syslog only"/>
44+ パラメーターを上書きする。</para>
2345
46+<!-- 原文 samba-4.7.0
47+ <para>Some backends are only available when Samba has been compiled
48+ with the additional libraries. The overall list of logging backends:</para>
49+-->
2450 <para>いくつかのバックエンドは、追加のライブラリを指定した状態で Samba が
25- コンパイルされたときにのみ有効である。logging backends の全リストは以下の通り:
51+ コンパイルされたときにのみ有効である。logging backends の全リストは以下の通り。
2652 </para>
2753
2854 <itemizedlist>
@@ -31,8 +57,18 @@
3157 <listitem><para><parameter moreinfo="none">systemd</parameter></para></listitem>
3258 <listitem><para><parameter moreinfo="none">lttng</parameter></para></listitem>
3359 <listitem><para><parameter moreinfo="none">gpfs</parameter></para></listitem>
60+ <listitem><para><parameter moreinfo="none">ringbuf</parameter></para></listitem>
3461 </itemizedlist>
3562
63+<!-- 原文 samba-4.7.0
64+ <para>The <parameter moreinfo="none">ringbuf</parameter> backend supports an
65+ optional size argument to change the buffer size used, the default is 1 MB:
66+ <parameter moreinfo="none">ringbuf:size=NBYTES</parameter></para>
67+-->
68+ <para>The <parameter moreinfo="none">ringbuf</parameter> backend supports an
69+ optional size argument to change the buffer size used, the default is 1 MB:
70+ <parameter moreinfo="none">ringbuf:size=NBYTES</parameter></para>
71+
3672 </description>
3773 <value type="default"></value>
3874 <value type="example">syslog@1 file</value>
Show on old repository browser