• R/O
  • SSH
  • HTTPS

opengion: 提交


Commit MetaInfo

修訂1825 (tree)
時間2020-01-27 17:34:06
作者chatrun

Log Message

(empty log message)

Change Summary

  • delete: trunk/opengionV7/uap/webapps/gf/doc/RELEASE-NOTES_7.txt

差異

--- trunk/opengionV7/uap/webapps/gf/doc/RELEASE-NOTES_7.txt (revision 1824)
+++ trunk/opengionV7/uap/webapps/gf/doc/RELEASE-NOTES_7.txt (nonexistent)
@@ -1,2514 +0,0 @@
1-(連番)
2-依頼No:61200-XXXXXX-XX
3-依頼内容:
4-対応内容:
5-エンジン対応Ver:X.X.X.X
6-
7-7.1.0.0 (2020/01/27)
8- [Tomcatのサービス化対応]
9- エンジン GFもサービス化対応いたします。
10- C:\opengionV7\uap\bin\tomcat フォルダを作成して、サービス関連バッチを
11- 集約しておきます。
12-
13- また、gf に関してはソースチェック等で連携サーバーのドライブをマウントしていますが、
14- サービス起動時にはドライブマウントは別扱いとなるため、jsp\custom\init.jsp で
15- T: と F: ドライブをTomcat起動時にマウントしておきます。
16-
17- [Editor_ENTCLM 廃止に伴い、メソッド削除]
18- hayabusa.resource.ResourceManager#setDBColumn( final String key , final DBColumn dbColumn )
19-
20- [未使用のRenderer,Editor,DBTypeの削除]
21- 使われていないRenderer,Editor,DBTypeのうち、使い勝手が悪い、古い、使う用途が限定されているものを削除します。
22- plugin\column\DBType_KCL.java_7.1.0.0haishi
23- plugin\column\DBType_OASNM.java_7.1.0.0haishi
24- plugin\column\DBType_PN.java_7.1.0.0haishi
25- plugin\column\DBType_PN2.java_7.1.0.0haishi
26- plugin\column\DBType_SHA1.java_7.1.0.0haishi
27- plugin\column\DBType_SHA512.java_7.1.0.0haishi ⇒ DBType_SHA.java に変更
28- plugin\column\Editor_ENTCLM.java_7.1.0.0haishi
29- plugin\column\Editor_YMD3.java_7.1.0.0haishi
30- plugin\column\Editor_PN.java_7.1.0.0haishi
31- plugin\column\Editor_DATALIST_R.java_7.1.0.0haishi
32- plugin\column\Renderer_NBSP.java_7.1.0.0haishi
33- plugin\column\Renderer_NOTAG.java_7.1.0.0haishi
34- plugin\column\Renderer_YMD31.java_7.1.0.0haishi
35-
36- [#ConnectionPool(DatabaseConfig,String) に統一]
37- fukurou.db.ConnectionFactory#init(String defPoolKey,String xmlFileName)
38-
39- [Connection 作成時のタイムアウトを用意します]
40- fukurou.db.ConnectionFactory.ConnectionPool#createInstance()
41- fukurou.db.ConnectionFactory.ConnectionPool#clear()
42-
43- [DB接続できないDBIDはプルダウンメニューに含めない]
44- fukurou.db.DatabaseConfig#getCodeKeyVal()
45-
46- [DB未接続のDBIDは表示から除外します]
47- fukurou.db.ConnectionFactory#information(boolean isDetail)
48-
49- [OFFICE_HOME,EXT_DIR,IS_SERVICE 環境変数の追加]
50- hayabusa.common.SystemParameter#loadInitialParameter(Map map,ServletContext context,String contextName)
51-
52- [OFFICE_HOME,EXT_DIR,SYS_LOG_URL,LOGS_DIR 環境変数の追加]
53- hayabusa.servlet.HybsAdmin#getInfomation()
54-
55- [contentType 追加]
56- hayabusa.taglib.ForwardTag#doEndTag()
57- hayabusa.taglib.ForwardTag#release2()
58- hayabusa.taglib.ForwardTag#setContentType(String type)
59-
60- [display 属性で、info,stdout,stderr のすべてをOFFにする]
61- hayabusa.taglib.ShellTag#shellView(Shell shell)
62- hayabusa.taglib.ShellTag#setDisplay(String flag)
63-
64- [fromLen属性で、CanonicalFileで区切り文字'¥'が消えるため、そのため、PARENTに'¥'が残る現象の対応]
65- hayabusa.taglib.FileQueryTag#addFileData(int rowNo,int lvl,File fin)
66- hayabusa.taglib.FileQueryTag#setFromBase(String base)
67-
68- [logLink.jsp 、serviceRestart.jsp 追加]
69- hayabusa.servlet.HybsAdmin#getAdminLink()
70-
71- [putPxParamは間違い]
72- hayabusa.taglib.ViewTimeBarParamTag#setUseLastData(String useLastData)
73-
74- [useStop 属性を追加]
75- hayabusa.taglib.ShellTag#doEndTag()
76- hayabusa.taglib.ShellTag#release2()
77- hayabusa.taglib.ShellTag#setUseStop(String flag)
78-
79- [ヘッダー部分の日付フォーマット指定の追加]
80- hayabusa.taglib.ViewTimeBarParamTag#setHeaderUpFmt(String fmt)
81- hayabusa.taglib.ViewTimeBarParamTag#setHeaderDwFmt(String fmt)
82- plugin.view.ViewForm_ImageTimeBar#paramInit()
83- plugin.view.ViewForm_ImageTimeBar#imageHeaderPaint(Graphics2D g2,double timeScale,ViewForm_ImageTimeBar.FlgColorMap colMap)
84-
85- [内部メッセージに、原因のメッセージも含める]
86- fukurou.system.OgRuntimeException#OgRuntimeException(String msg,Throwable th)
87- fukurou.system.OgRuntimeException#addMessage(Throwable th)
88- fukurou.system.OgRuntimeException#addMessage(String msg)
89- fukurou.system.OgRuntimeException#getMessage()
90- fukurou.system.OgRuntimeException#printStackTrace()
91- fukurou.system.OgRuntimeException#printStackTrace(PrintStream ps)
92- fukurou.system.OgRuntimeException#OgRuntimeException(String msg)
93- fukurou.system.OgRuntimeException#OgRuntimeException(Throwable th)
94-
95- [本物のサービスと混同しないようにメッセージを変更します]
96- hayabusa.servlet.HybsAdmin#getAccessStop(String isStop)
97-
98- [LabelDataを直接呼び出します]
99- hayabusa.resource.ResourceManager#makeDBColumn(String key)
100- hayabusa.resource.ResourceManager#makeDBColumn(String key,String lbl)
101- hayabusa.resource.ResourceManager#makeGUIInfos(UserInfo user)
102-
103- [pluginType をstatic で定義しておきます]
104- hayabusa.servlet.HybsAdmin#getPlugInInfo()
105-
106- [openOfficeのシート数(=印刷ページ数)の制限]
107- ここでDB登録エラーが発生すると実行中のまま止まるので、エラー処理を入れます。
108- 昔のopenOfficeはシート数の制限が256でしたが、今は制限がありません。
109- ただし、GE50 SUPAGE の桁数が、3桁のため、1000ページ以上は、完了時エラーが発生します。
110- 暫定的に、ページ数の上限を、999 に限定しておきます。
111- protected static final int MAX_SHEETS_PER_FILE = 999; // 7.1.0.0 (2020/01/27) 256シート制限を999にしておく。
112- hayabusa.report2.QueueManager_DB#status(ExecQueue queue,int status)
113-
114- [ファイル読み込み(ReadTableTag,DirectTableInsertTag)で、特殊な拡張子の場合の処理]
115- セパレータ分割時にデータ分割されない場合は、エンコードエラーの可能性が高い
116- fukurou.model.TableModelHelper#value(String line,int rowNo,char sepa)
117-
118- [フィルターが実行されているかどうかを、System.setProperty で設定しておきます]
119- hayabusa.filter.AccessStopFilter#init(FilterConfig filterConfig)
120-
121- [ヘッダー部分をstatic で定義しておきます]
122- hayabusa.servlet.HybsAdmin.ClassInfo#ClassInfo()
123-
124- [jsp , js , css , tld更新]
125- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld
126- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF6010\query.jsp
127- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF6020\query.jsp
128- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF6020\result.jsp
129- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF6390\result.jsp
130- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7160\query.jsp
131- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\01_ADMIN\download.jsp
132- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\01_ADMIN\index.jsp
133- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\01_ADMIN\logLink.jsp
134- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\01_ADMIN\parameter.jsp
135- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\01_ADMIN\printSystemEnv.jsp
136- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\01_ADMIN\serviceRestart.jsp
137- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\custom\init.jsp
138- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\custom\netuse.jsp
139- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld
140-
141-7.0.7.2 (2020/01/16) 最終リリース版
142- [SLABEL(ラベル短)の修正]
143- ラベル短は、リアルタイムチェックでも使われるため、パラメータはセットしないことにします。
144-
145- Ver7.0.7.2 Ver6.4.8.3(例)
146- ERR0006 桁数オーバー {0} {1} [{2}] > [{3}] 桁数オーバー
147- ERR0007 全角以外入力不可 {0} {1} 全角以外入力不可
148- ERR0008 指定文字数エラー {0} {1} 指定文字数エラー
149- ERR0009 不正文字エラー {0} {1} 不正文字エラー
150- ERR0010 HTMLタグ登録不可 {0} {1}({2}){3} HTMLタグ登録不可
151- ERR0011 桁数エラー {0} {1} [{2}!={3}] 桁数エラー
152- ERR0012 必須入力エラー {0} 必須入力エラー
153- ERR0013 マスタ未登録エラー {0} {1} マスタ未登録エラー
154- ERR0014 マスタ登録済エラー {0} {1} マスタ登録済エラー
155- ERR0015 データなしエラー {0} {1} データなしエラー
156- ERR0021 整数桁数オーバー {0} {1} [{2} > {3}] 整数部の桁数オーバー
157- ERR0022 小数桁数オーバー {0} {1} [{2} > {3}] 小数部の桁数オーバー
158- ERR0023 符号位置エラー {0} {1} 符号位置エラー
159- ERR0024 小数点位置エラー {0} {1} 小数点位置エラー
160- ERR0025 データ未登録エラー {0} {1} データ未登録エラー
161- ERR0026 データ登録済エラー {0} {1} データ登録済エラー
162- ERR0027 データ2重登録エラー {0} {1} データ2重登録エラー
163-
164- ERR0002.2 現在のタイムアウトは {0} 秒にセットされています。 タイムアウト
165- ERR0003.1 {0} さんは,このページを見る権限が与えられていません。 権限なし
166- ERR0016 {0} エラー。 キー {1} で {2} しましたが,{3} のため、{4} でした。 汎用エラー
167- ERR0017 選択エラー。選択行数({0} 件)が、制限値({1} 件)以上選ばれました。 上限選択エラー
168- ERR0018 選択エラー。選択行数({0} 件)が、制限値({1} 件)以下選ばれました。 下限選択エラー
169- ERR0030 入力したデータが不正です。key={0} value={1} 形式={2} データ不正
170- ERR0031 該当データが存在しませんでした。Table={0} [key:val]=[{1}:{2}] データ無しエラー
171- ERR0032 該当データが存在しませんでした。Table={0} [key:val]=[{1}:{2}],[{3}:{4}] データ無しエラー
172- ERR0034 指定のカラムオブジェクトには、カラムリソースが存在しません。name={0} label={1} リソース無しエラー
173- ERR0036 選択必須エラー。以下のデータの内どれかは入力してください。key={0} 選択必須エラー
174- ERR0037 データ整合性エラー。指定のキーは整合性チェックの結果マッチしませんでした。key={0} val={1} regex={2} 整合性エラー
175- ERR0038 {0} は、{1} には使用できません。 使用不可エラー
176- ERR0039 改廃Cが不正です。改廃コード={0} 改廃Cエラー
177- ERR0040.2 処理が正しい場合は、quotCheck 属性を false にセットしてください。key={0} value={1} Tag={2} クォーティションエラー
178- ERR0048.2 処理が正しい場合は、xssCheck 属性を false にセットしてください。key={0} value={1} Tag={2} タグ記号エラー
179- ERR0049.2 処理が正しい場合は、quotCheck 属性を false にセットしてください。key={0} value={1} Tag={2} クォーティションエラー
180-
181-7.0.7.2 (2020/01/09)
182- [iterator()は、next() してからしかremove()できない]
183- fukurou.system.ThrowUtil#isNewThr(Throwable th)
184-
185- [メッセージを比較して、同じなら出力しない]
186- hayabusa.taglib.TaglibUtil#makeHTMLErrorTable(ErrorMessage errMsg,ResourceManager resource,boolean useSLabel)
187-
188-7.0.7.2 (2020/01/07)
189- [新着情報で画面遷移しない]
190- 問合・トラブル (61200-191228-01) の続きで、新着情報で登録後にリロードされない件の対応です。
191- src\script\common\jquery\jquery.form.js
192- version: 2.21(jQuery v1.2.2 or later) ⇒ version: 4.2.2(jQuery v1.7.2 or later) 更新
193- src\script\common\option\ajaxSubmit.js
194- $form.data(…) ⇒ $('form').data(…) 更新
195- src\script\common\option\noTransition.js(404):
196- $form.data(…) ⇒ $('form').data(…) 更新
197-
198- [jsp , js , css , tld更新]
199- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\jquery\jquery.form.js
200- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\option\ajaxSubmit.js
201- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\option\noTransition.js
202-
203-7.0.7.2 (2019/12/28)
204- [ソースチェック]
205- dataCheck の JavaScript の廃止予定に対して、from属性があれば、
206- 内部でSelect文を作成しているため、正常と判断します。
207-
208- ERROR27
209- 新しいJavaでは、JavaScript の実行が出来なくなる可能性があります。
210- ? og:valueタグで、action='EXEC' の場合
211- ? og:dataCheckタグで、command='ENTRY' で from属性がなく、uniqCheckClms 未使用で SELECT処理でない
212- ? og:dataCheckタグで、command='NEW' で from属性がなく、SELECT処理でない
213-
214- WARNING35
215- trタグ内にtdタグで囲んでいない要素があります。 チェックで、jsp:directive.include されたjspは
216- 展開されないので、警告が出ていた。除外します。
217-
218- DOC18\xsltV7\GF70_PROG.xsl
219-
220- [ArrayList を、Collections.synchronizedList に変更します]
221- fukurou.system.ThrowUtil.CaseBuilder#toString()
222- fukurou.system.ThrowUtil.CaseBuilder#toThrowMsg()
223-
224- [リソース無しのキャッシュは行わない]
225- (DBからSELECTした際、スキーマから自動で文字か数字を判定しているから)
226- hayabusa.resource.ColumnDataLoader#getColumnData(String key)
227-
228- [V5 修正反映]
229- X 5.10.19.0 (2019/12/27)
230- X [帳票修正]
231- X GE51を取得するSelect文にEDNOのOrderByを付けておきます
232- X QueueManager_DB#SQL_SELECT_GE51
233-
234- 5.10.18.1 (2019/12/09)
235- [URLチェックの相対パス対応]
236- URLCheckに相対パスを無視する設定を追加します。。
237- リバースプロキシ等でアドレス変換される場合の対応です。
238- hayabusa.filter.URLCheckFilter#init(final FilterConfig filterConfig)
239- hayabusa.filter.URLCheckFilter#isValidAccess( final ServletRequest request )
240-
241- 5.10.18.0 (2019/11/29)
242- [USERID_HEADER対応]
243- URLCheckおよびAccessStopでの対応を追加しておきます。
244- Headタグ側も実装を少し変更して、remoteuserが取得できる場合はそちらを優先させます。
245- hayabusa.filter.URLCheckFilter#isValidAccess( final ServletRequest request )
246- hayabusa.filter.AccessStopFilter#isStop( final ServletRequest request )
247- hayabusa.taglib.HeadTag#sessionInit()
248-
249- [TableWriter追加]
250- ダブルクオート等を付加しない、単純なTextタイプを追加します。
251- plugin.io.TableWriter_TEXT
252-
253- 5.10.17.2 (2019/11/22)
254- [コンテキスト名の取得方法変更]
255- tomcat8以降は、ServletContext.getResourceで取得される値が、
256- jndiのパス情報から、実ファイルのパス情報に変更されため、
257- ServletContext.getContextPathからコンテキスト名を取得するように変更します。
258- これにより、コンテキスト名とフォルダ名が異なる場合に対応されます。
259- hayabusa.common.SystemParameter#makeSystemParameter
260- hayabusa.common.SystemParameter#loadDBResource
261- hayabusa.common.SystemParameter#getContextDirNm
262- hayabusa.common.SystemParameter#getContextName
263-
264- 5.10.17.1 (2019/11/15)
265- [fukurouからのキュー利用]
266- fukurouのProcessからキュー(MQ,SQL)を利用出来るようにしておきます。
267- バッチ的にキューメッセージを送信/取得して処理するような場合に利用します。
268- fukurou.process.Process_QueueReceive
269- fukurou.process.Process_QueueSend
270-
271- X [コメント修正]
272- X 5.10.16.3で対応したSERVER_ACCESS_URLのコメントで@ogではなく@misになっていたので修正します
273- X hayabusa.common.SystemData#SERVER_ACCESS_URL
274-
275-7.0.7.1 (2019/12/24)
276- [mapObjKey 属性を追加]
277- hayabusa.taglib.DirectWriteTableTag#setMapObjKey(String key)
278- hayabusa.taglib.DirectWriteTableTag#release2()
279- hayabusa.taglib.DirectWriteTableTag#create(PrintWriter outPW)
280-
281- [日付の箇所が、時間になっていた]
282- 問合・トラブル (61200-191224-01)
283- plugin.view.ViewForm_ImageTimeBar#imageHeaderPaint(Graphics2D g2,double timeScale,ViewForm_ImageTimeBar.FlgColorMap colMap)
284-
285- [jsp , js , css , tld更新]
286- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld
287- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF9110\result.jsp
288- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\03_DBSEARCH\changeSQL.jsp
289- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\03_DBSEARCH\optionQuery.jsp
290- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld
291-
292- [FGCOM **⇒ GF 変更]
293- FGCOM 共通項目Fは、DB定義DBで使用される項目なので、リソースをGFに変更します。
294-
295-7.0.7.0 (2019/12/13)
296- [#getDescription( String ) と統合します]
297- hayabusa.resource.ResourceManager#getDescription(String key,String[] args)
298-
299- [#getLabel( String ) と統合します]
300- hayabusa.resource.ResourceManager#getLabel(String key,String[] args)
301-
302- [#getMessage(String...) , #getDescription(String...) , #getShortMessage(String...) を統合します]
303- hayabusa.resource.LabelData#getMessage(String lbl,String[] vals)
304- hayabusa.resource.LabelData#getMessage(String[] vals)
305- hayabusa.resource.LabelData#getDescription(String[] vals)
306- hayabusa.resource.LabelData#getShortMessage(String[] vals)
307-
308- [FG_LOADが、3:使用確認 , 8:未使用 の場合に使用されると、2:使用実績 をセットする]
309- hayabusa.resource.ColumnDataLoader#getColumnData(String key)
310-
311- [HTML5から廃止されています]
312- hayabusa.taglib.IframeTag#setSeamless(String seamless)
313-
314- [JavaScriptとCSSファイルをキャッシュさせるためのキー(v=)を Tomcat起動時間(HybsSystem.START_TIME)に設定]
315- hayabusa.taglib.HeadTag#JS_TAG_FNC
316- hayabusa.taglib.HeadTag#CSS_TAG_FNC
317- hayabusa.common.HybsSystem#START_TIME
318-
319- [args パラメータ配列(可変長引数)を追加します]
320- hayabusa.resource.ResourceManager#getRawShortLabel(String key,String[] args)
321-
322- [useSLabel 属性を追加]
323- hayabusa.taglib.ColumnCheckTag#doEndTag()
324- hayabusa.taglib.ColumnCheckTag#release2()
325- hayabusa.taglib.CommonForwardTag#doEndTag()
326- hayabusa.taglib.CommonForwardTag#release2()
327- hayabusa.taglib.DataCheckTag#doEndTag()
328- hayabusa.taglib.DataCheckTag#release2()
329- hayabusa.taglib.DirectTableInsertTag#afterEnd()
330- hayabusa.taglib.DirectWriteTableTag#doEndTag()
331- hayabusa.taglib.DirectWriteTableTag#release2()
332- hayabusa.taglib.EntryTag#checkConsistency()
333- hayabusa.taglib.EntryTag#release2()
334- hayabusa.taglib.ErrorMessageTag#doEndTag()
335- hayabusa.taglib.ErrorMessageTag#release2()
336- hayabusa.taglib.FileUpdateTag#doEndTag()
337- hayabusa.taglib.FileUpdateTag#release2()
338- hayabusa.taglib.MailSenderTag2#doEndTag()
339- hayabusa.taglib.MailSenderTag2#release2()
340- hayabusa.taglib.PlsqlUpdateTag#doEndTag()
341- hayabusa.taglib.QueryTag#doEndTag()
342- hayabusa.taglib.QueryTag#release2()
343- hayabusa.taglib.ReadTableTag#afterEnd()
344- hayabusa.taglib.ReadTableTag#release2()
345- hayabusa.taglib.TableFilterTag#doEndTag()
346- hayabusa.taglib.TableFilterTag#release2()
347- hayabusa.taglib.TableUpdateTag#doEndTag()
348- hayabusa.taglib.TaglibUtil#makeHTMLErrorTable(ErrorMessage errMsg,ResourceManager resource)
349- hayabusa.taglib.TaglibUtil#makeHTMLErrorTable(ErrorMessage errMsg,ResourceManager resource,boolean useSLabel)
350- hayabusa.taglib.TaglibUtil#makeHTMLSimpleErrorList(ErrorMessage errMsg,ResourceManager resource)
351- hayabusa.taglib.TaglibUtil#makeHTMLSimpleErrorList(ErrorMessage errMsg,ResourceManager resource,boolean useSLabel)
352-
353- [新規追加]
354- hayabusa.resource.ResourceManager#getRawShortLabel(ErrMsg errMsgObj)
355- hayabusa.taglib.ColumnCheckTag#setUseSLabel(String prm)
356- hayabusa.taglib.CommonForwardTag#setUseSLabel(String prm)
357- hayabusa.taglib.DataCheckTag#setUseSLabel(String prm)
358- hayabusa.taglib.DirectWriteTableTag#setUseSLabel(String prm)
359- hayabusa.taglib.EntryTag#setUseSLabel(String prm)
360- hayabusa.taglib.ErrorMessageTag#setUseSLabel(String prm)
361- hayabusa.taglib.FileUpdateTag#setUseSLabel(String prm)
362- hayabusa.taglib.MailSenderTag2#setUseSLabel(String prm)
363- hayabusa.taglib.QueryTag#setUseSLabel(String prm)
364- hayabusa.taglib.ReadTableTag#setUseSLabel(String prm)
365- hayabusa.taglib.TableFilterTag#setUseSLabel(String prm)
366-
367- [読み取り件数の評価を、破棄分も考慮する]
368- hayabusa.resource.ColumnDataLoader#loadDBResource()
369- hayabusa.resource.LabelDataLoader#loadDBResource()
370-
371- [jsp , js , css , tld更新]
372- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld
373- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld
374-
375-7.0.6.4 (2019/11/29) 未リリース
376- [ユーザー登録画面]
377- GE/GE0001 画面で、ロール更新時に存在しないエラーになっていたので修正します。
378- これは、システムID,ユーザー、ロールがユニークキー化した際に、ロールを更新すると
379- マスタに存在しないと判定されるためです。
380- 実質的には、UNIQキーを入れているので、更新可能です。
381- jsp/GE0001/entry.jsp
382-
383- [帳票 レイアウト定義]
384- 帳票 レイアウト定義画面で、名称欄に、SYSTEM_ID='**' も考慮に入れます。
385- なお、初期値はSYSTEM_IDで完全一致の名称のみ表示することとし、チェックボックスで
386- '**'を選択できるようにします。
387- jsp/REP03/query.jsp
388- jsp/REP03/result.jsp
389-
390- [VER4_COMPATIBLE_MODE 廃止に伴う修正]
391- webapps/ge/jsp 以下
392- openGion Ver7 以降は、Ver4 当時のDB定義との互換性設定(VER4_COMPATIBLE_MODE)
393- を廃止します。
394- 詳細は、refactoring/7.0.6.4_refactoring.txt を参照願います。
395-
396- [onSubmit="return oneClick();" 削除]
397- useAjaxSubmit="true" 追加 に伴い、return oneClick(); はすべて削除します。
398- 詳細は、refactoring/7.0.6.4_refactoring.txt を参照願います。
399-
400- [useAjaxSubmit="true" 追加]
401- useAjaxSubmit="true" は、画面遷移なしでエラーを表示します。
402- これは、標準画面(query,result,update,entry)では、update のみに入れます。
403- 詳細は、refactoring/7.0.6.4_refactoring.txt を参照願います。
404-
405- [HybsSystemException を throw するように変更します]
406- hayabusa.taglib.CommonTagSupport#doCatch(Throwable th)
407-
408- [Throwable オブジェクトの重複を取り除きます]
409- fukurou.system.ThrowUtil#ogStackTrace(String msg,Throwable th)
410- fukurou.system.ThrowUtil#ogThrowMsg(String msg,Throwable th)
411- fukurou.system.ThrowUtil#selectElement(Throwable th,int minCnt)
412- fukurou.system.ThrowUtil#isNewThr(Throwable th)
413-
414- [TransactionRealのclose漏れ対応]
415- mailデーモンで、エラー発生時にコネクションが解放されない現象の対応です。
416- hayabusa.mail.DefaultMailManager#getYkno()
417- hayabusa.mail.MailModuleUtil#getYkno()
418- hayabusa.queue.DBAccessQueue#generateSyoriNo()
419- hayabusa.report.GE50Access#makeYkno()
420-
421- [setTransaction メソッド内で、dbid を使っているので、先に設定します]
422- fukurou.business.BizUtil#actBizLogic(String srcDir,String classDir,boolean isAutoCompile,boolean isHotDeploy,String classPath,String systemId,String logicName,String[] keys,String[] vals)
423-
424- [エラー発生時には、上位に伝達させるために、Exception を発生させます]
425- plugin.daemon.Daemon_MailReceive#startDaemon()
426-
427- [常に null を返すようにします]
428- fukurou.system.OgRuntimeException#getCause()
429-
430- [復活]
431- fukurou.system.OgRuntimeException#getStackTrace()
432-
433- [数値指定の色がMapにないとエラーになっていた個所を修正]
434- fukurou.util.ColorMap#getColorInstance(String value)
435-
436- [キャッシュコントロール]
437- コンテキストがロードされた時刻をキャッシュ設定に使います。
438- hayabusa.common.HybsSystem#START_TIME
439- hayabusa.taglib.HeadTag#Function<String,String> JS_TAG_FNC
440- hayabusa.taglib.HeadTag#Function<String,String> CSS_TAG_FNC
441-
442- [ソースチェック]
443- WARNING21C
444- og:view タグの複数存在チェックで、splitView の内部チェックが2回走っていたため、修正
445- ERROR27
446- 新しいJavaでは、JavaScript の実行が出来なくなる可能性があります。
447- ? og:valueタグで、action='EXEC' の場合
448- ? og:dataCheckタグで、command='ENTRY' で uniqCheckClms 未使用で SELECT処理でない
449- ? og:dataCheckタグで、command='NEW' で SELECT処理でない
450-
451- [jsp , js , css , tld更新]
452- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\14_EDIT\result_CLMSEQ.jsp
453- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\14_EDIT\result_REPORT.jsp
454- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\jquery\dragView.js
455-
456- [14_EDIT Edit機能のチェックボックスの不具合
457- 問合せ番号:0200003102
458- https://www.mis-help.muratec.co.jp/support/jsp/UW2002/index.jsp?command=NEW&NOTOI=0200003102&CDKAI=00
459- Edit機能の表示項目の全選択チェックボックスが機能していない。
460- チェックを外しても、明細側のチェックが外れない。
461-
462- ?jquery v1.4.2 ⇒ v1.12.4 に伴い、edit.js 内の jViewClms.attr( "checked", checked ? "checked" : "" );
463- の箇所で、attr("checked","")ではチェックが外れないため、removeAttr("checked")を使用します。
464- ?drowView.jsの読み込みで、undefinde.メソッドでエラーになり後続処理が停止している。
465- grid: $(".dragView").attr("grid").split(','), の split メソッドでエラーになっている。
466-
467- common\gamen\14_EDIT\edit.js
468- result.jsp 廃止
469- result_CLMSEQ.jsp ヘッダーにuseJQUI="true" 追加
470- result_REPORT.jsp ヘッダーにuseJQUI="true" 追加
471- \src\script\common\jquery\dragView.js $(".dragView").attr("grid").split(',') でエラーになるため暫定処置
472-
473-7.0.6.3 (2019/11/08)
474- [PREV,NEXTの修正]
475- 問合・トラブル (61200-191106-02) 画像のprevと画像のnextの間を押すとエラーが発生しています。
476- submitPrevNextForm で submit されるので、aタグは不要
477- hayabusa.taglib.QueryButtonTag#PREV_NEXT
478-
479- DBOUTPUT_PATH 廃止
480- jsp/GF2140\result.jsp
481-
482- [V5 修正反映]
483- 5.10.17.0 (2019/11/1)
484- [admin画面表示追加]
485- パラメータ画面の予約語の説明を追加しました。
486- jsp/common/gamen/01_ADMIN/printSystemParameter.jsp
487-
488- [jsp , js , css , tld更新]
489- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF0000\index.jsp
490- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF2140\result.jsp
491-
492-7.0.6.2 (2019/10/25)
493- [V5 修正反映]
494- 5.10.16.3 (2019/10/25)
495- [linkタグのBackAddress]
496- BackAddressはリクエスト情報を使っていますが、ロードバランサやリバースプロキシ経由の場合に
497- アドレス変換が発生するようなパターンの場合に上手く動作しない可能性があります。
498- システムリソースSERVER_ACCESS_URLにSchemeからPortまでの情報(ex: https://www.xxx:8080)を登録すると
499- そちらを優先してBackAddressのURLに利用するようにしておきます。ポートは必須ではありません。
500- hayabusa.taglib.linkTag#getContextURL()
501- hayabusa.common.SystemData#SERVER_ACCESS_URL
502-
503- 5.10.16.2 (2019/10/18)
504- [X-Forwarded-For対応]
505- LBからのアクセスでクライアントIPが直接取れない場合の対応としてヘッダからX-Forwarded-Forを
506- 取得するようにしておきます。
507- appInfoではnvalを利用して、標準でX-Forwarded-Forを利用します。
508- {@USER.xxx}での取得は、新たに{@USER.CLIENTIP}を追加します。
509- hayabusa.resource.UserInfoFactory#public static UserInfo newInstance( final String userID,final String ipAddress,final String roles, final String xFwdFor )
510- hayabusa.resource.UserInfo#UserInfo( .... , final String clientIP)
511- hayabusa.resource.UserInfo#getClientIP()
512- hayabusa.resource.UserInfo#getAttribute( final String key )
513- hayabusa.taglib.GuiQueryTag#execute()
514- hayabusa.taglib.HeadTag#sessionInit()
515- hayabusa.resource.UserInfo#getAttribute( final String key )
516-
517- [scrollBar2.js修正]
518- X1,X2を利用した左右分割では上から五行分の高さを取得して最大値をセットしていましたが、
519- rowspan時等にもある程度追随出来るように、ヘッダとボディで動作を分けるようにします。
520- jsp/common/scrollBar2.js#heightReset
521-
522-7.0.6.1 (2019/10/11) 未リリース
523- [xmlファイルのタイムスタンプによる更新制御を入れます]
524- 7.0.2.3 (2019/04/01) で保留にしていた 『xmlファイルのタイムスタンプによる更新制御を入れます。』を復活します。
525- hayabusa.common.SystemInstaller#execScripts(SystemInstaller.EXEC_TYPE type,String scriptPath,Connection conn)
526-
527- [V5 修正反映]
528- 5.10.16.1 (2019/10/11)
529- [URLCheckデバッグ追加]
530- デバッグモード時の出力を追加しておきます。
531- hayabusa.filter.URLCheckFilter
532-
533- X [システムリソースCALENDAR_POPUP_TYPE]
534- X システムリソースCALENDAR_POPUP_TYPEをSystemDataに追加しておきます。
535- X これは5.9.30.0 (2018/03/02)で対応したカレンダー表示で、動作上はなくても問題ありませんが、
536- X コンソールにエラー表示が出るため追加しておきます。
537- X 初期値はNULL(CAL3を利用する)です。
538- X hayabusa.common.SystemData#CALENDAR_POPUP_TYPE
539-
540- X [リファクタリング]
541- X Queye関係の手直しをしておきます。
542- X 1)fukurou.util.BizUtilをfukurou.businessに移動
543- X 2)hayabusa.queye.DBAccessQueueで利用していたorg.apache.commons.lang3.StringUtilsをやめて
544- X  fukurouのStringUtil利用に変更
545- X 3) plugin.daemon.Daemon_QueueSendでのorg.hsqldb.lib.StringUtilをやめてfukurou.StringUtilに変更
546-
547-7.0.6.0 (2019/10/07)
548- [jsp , js , css , tld更新]
549- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld
550- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7209\query.jsp
551- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld
552-
553- [V5 修正反映]
554- 5.10.16.0 (2019/10/04)
555- [URLConnectTagでのヘッダ指定]
556- URLConnectTagからrequestParameterを設定出来るようにしておきます。
557- propKeys,propValsで指定してください。
558- マイクロサービス等で認証にヘッダ送信の情報を利用する場合があるためです。
559- hayabusa.taglib.URLConnectTag#release2()
560- hayabusa.taglib.URLConnectTag#connect()
561- hayabusa.taglib.URLConnectTag#setPropKeys( final String key )
562- hayabusa.taglib.URLConnectTag#setPropVals( final String val )
563- hybs-taglib.tld
564-
565- 5.10.15.3 (2019/09/27)
566- [URLエンコードの対応]
567- エンジンのurlEncodeはパラメータ値の先頭が[の場合には動作しません。(テーブルモデル対応)
568- 稀にそのようなパターンが存在する可能性もあるので、XHTMLTagにスイッチを仕込んでおき、
569- frame,iframe,link,forwardタグのみとりあえず対応させておきます。
570- fukurou.util.XHTMLTag#urlEncode( final String[] key,final String[] val,final String join )
571- fukurou.util.XHTMLTag#urlEncode( final String[] key,final String[] val,final String join,final boolean fenc )
572- hayabusa.taglib.FrameTag#release2()
573- hayabusa.taglib.FrameTag#getUrlEncode()
574- hayabusa.taglib.FrameTag#setForceEnc( final String flg )
575- hayabusa.taglib.LinkTag#release2()
576- hayabusa.taglib.LinkTag#makeTag( final boolean useViewLink )
577- hayabusa.taglib.LinkTag#setForceEnc( final String flg )
578- hayabusa.taglib.ForwardTag#release2()
579- hayabusa.taglib.ForwardTag#getUrlEncode()
580- hayabusa.taglib.ForwardTag#setForceEnc( final String flg )
581- hybs-taglib.tld
582-
583- 5.10.15.2 (2019/09/20)
584- [MQ,SQSの受信処理追加、送信処理リファクタリング]
585- キューの受信処理(デーモン形式)を追加しておきます。
586- 受信処理のデーモンは受信対象を新規テーブル(GE67,68が追加)上で指定します。
587- 受信後は同様に指定されたBIZロジックをCallします。
588- なお、キューを利用しない場合はテーブル作成の必要はありません。
589- 送信処理に関しては、DB登録処理をhayabusa.queueパッケージで行うようにしました。
590- fukurou.queue.QueueReceive
591- fukurou.queue.QueueReceive_MQ
592- X fukurou.queue.QueueReceive_SQS
593- fukurou.queue.QueueReceiveFactory
594- fukurou.util.BizUtil
595- hayabusa.queue.DBAccessQueue
596- plugin.daemon.Daemon_QueueReceive
597- plugin.daemon.Daemon_QueueSend
598-
599- [メニューグループTomcat8対応]
600- メニューのグループの切り替え機能で、グループ名にマルチバイト文字を利用している場合に
601- TomcatのバージョンによってエラーになるためURLEncodeで互換対応しておきます。
602- (通常はグループコードを利用するためマルチバイト文字ではありません)
603- hayabusa.taglib.TopMenuTag#makeGroupMenu()
604-
605-7.0.5.1 (2019/09/27) 未リリース
606- [Date → Calendar 変更、日付表示方法見直し]
607- plugin.view.ViewForm_ImageTimeBar#getTime2Str(int timeVal)
608- plugin.view.ViewForm_ImageTimeBar#imageHeaderPaint(Graphics2D g2,double timeScale,ViewForm_ImageTimeBar.FlgColorMap colMap)
609-
610- [QRコードのパラメータをシステムリソースで設定できるようにします(ただし、staticとします)]
611- hayabusa.report2.OdsContentParser#makeQRImage(String row,int curOffset,String key,StringBuilder sb)
612- 設定を反映させるには、Tomcatの再起動 が必要です。
613-
614- 帳票出力のQRコード作成時の初期パラメータ(バージョン)を指定します。
615- hayabusa.common.SystemData#REPORT_QR_VERSION = "5" ;
616-
617- 帳票出力のQRコード作成時の初期パラメータ(エンコードモード)を指定します。
618- hayabusa.common.SystemData#REPORT_QR_ENCMODE = "B" ;
619-
620- 帳票出力のQRコード作成時の初期パラメータ(エラー訂正レベル)を指定します。
621- hayabusa.common.SystemData#REPORT_QR_ERRCRCT = "M" ;
622-
623- 帳票出力のQRコード作成時の初期パラメータ(ピクセル数)を指定します。
624- hayabusa.common.SystemData#REPORT_QR_PIXEL = "3" ;
625-
626- [codeName を指定することでリソースからoptionを作成します]
627- hayabusa.taglib.OptionTag#makeTag()
628-
629- [getTime2Str 修正に伴う変更]
630- plugin.view.ViewForm_ImageTimeBar#create(int startNo,int pageSize)
631-
632- [optionAttributes が二重に設定されていたため、削除]
633- plugin.column.Editor_AUTOAREA#Editor_AUTOAREA(DBColumn clm)
634- plugin.column.Editor_BITBOX#Editor_BITBOX(DBColumn clm)
635- plugin.column.Editor_CHBOX2#Editor_CHBOX2(DBColumn clm)
636- plugin.column.Editor_DATALIST_R#Editor_DATALIST_R(DBColumn clm)
637- plugin.column.Editor_DBMENU#Editor_DBMENU(DBColumn clm)
638- plugin.column.Editor_DBRADIO#Editor_DBRADIO(DBColumn clm)
639- plugin.column.Editor_INDBMENU#Editor_INDBMENU(DBColumn clm)
640- plugin.column.Editor_INMENU#Editor_INMENU(DBColumn clm)
641- plugin.column.Editor_MENU#Editor_MENU(DBColumn clm,String type)
642- plugin.column.Editor_RADIO#Editor_RADIO(DBColumn clm)
643- plugin.column.Editor_TEXTAREA#Editor_TEXTAREA(DBColumn clm)
644-
645- [新規作成]
646- hayabusa.taglib.OptionTag#setCodeName(String name)
647-
648- [日付指定がない場合に、無条件に1秒待つ仕様を廃止]
649- ロジックミス修正
650- fukurou.fileexec.StringUtil#getTime(String ymd,String hms)
651-
652-7.0.5.0 (2019/09/24) 未リリース
653- [カーソルが null の場合チェックとエラーメッセージを追加]
654- Query_JDBCErrMsgでは、PLSQLからカーソルを返す前提ですが、返し忘れた場合、
655- AbstractQuery で、java.lang.NullPointerException が発生するため、開発者に
656- エラーの原因が判りにくいため、カーソルが null の場合チェックとエラーメッセージを
657- 追加します。
658- plugin.query.Query_JDBCErrMsg#execute( final String... args )
659-
660-7.0.5.0 (2019/09/16) 未リリース
661- [日時文字列(yyyyMMddHHmmss)の引数1,2に対して、差分の範囲判定追加]
662- fukurou\db\Functions.java(21): import org.opengion.fukurou.util.HybsDateUtil; // 7.0.5.0 (2019/09/16)
663- fukurou\db\Functions.java(274): * @og.rev 7.0.5.0 (2019/09/16) 新規作成
664-
665- [日付フォーマットの追加]
666- fukurou\util\HybsDateUtil.java(57): DATE_FORMAT.put( "YMDHM" ,"yyyyMMddHHmm" ); // 7.0.5.0 (2019/09/16)
667- fukurou\util\HybsDateUtil.java(58): DATE_FORMAT.put( "YMDH" ,"yyyyMMddHH" ); // 7.0.5.0 (2019/09/16)
668- fukurou\util\HybsDateUtil.java(66): DATE_FORMAT.put( "YMDHMF" ,"yyyy/MM/dd HH:mm" ); // 7.0.5.0 (2019/09/16)
669-
670- [fromBase のパスの文字数も、正規パス名から作成]
671- hayabusa\taglib\FileQueryTag.java(130): private static final String VERSION = "7.0.5.0 (2019/09/16)" ;
672- hayabusa\taglib\FileQueryTag.java(687): * @og.rev 7.0.5.0 (2019/09/16) fromBase のパスの文字数も、正規パス名から作成。
673- hayabusa\taglib\FileQueryTag.java(694): // 7.0.5.0 (2019/09/16) fromBase のパスの文字数も、正規パス名から作成。
674- hayabusa\taglib\FileQueryTag.java(697): fromLen = new File(fromBase).getCanonicalPath().length(); // 7.0.5.0 (2019/09/16)
675-
676- [V5 修正反映]
677- 5.10.15.2 (2019/09/20)
678- [MQ,SQSの受信処理追加、送信処理リファクタリング]
679- キューの受信処理(デーモン形式)を追加しておきます。
680- 受信処理のデーモンは受信対象を新規テーブル(GE67,68が追加)上で指定します。
681- 受信後は同様に指定されたBIZロジックをCallします。
682- なお、キューを利用しない場合はテーブル作成の必要はありません。
683- 送信処理に関しては、DB登録処理をhayabusa.queueパッケージで行うようにしました。
684- fukurou.queue.QueueReceive
685- fukurou.queue.QueueReceive_MQ
686- fukurou.queue.QueueReceive_SQS
687- fukurou.queue.QueueReceiveFactory
688- fukurou.util.BizUtil
689- hayabusa.queue.DBAccessQueue
690- plugin.daemon.Daemon_QueueReceive
691- plugin.daemon.Daemon_QueueSend
692-
693- [メニューグループTomcat8対応]
694- メニューのグループの切り替え機能で、グループ名にマルチバイト文字を利用している場合に
695- TomcatのバージョンによってエラーになるためURLEncodeで互換対応しておきます。
696- (通常はグループコードを利用するためマルチバイト文字ではありません)
697- hayabusa.taglib.TopMenuTag#makeGroupMenu()
698-
699-7.0.5.0 (2019/09/09)
700- [OgCharacterExceptionでは、取りこぼしがあるため、OgRuntimeException も継続処理するように変更]
701- hayabusa.taglib.ReadTableTag#doEndTag()
702-
703- [StringBuilder#append を、String.join に変更]
704- fukurou.system.ThrowUtil.CaseBuilder#toString()
705-
706- [StringUtil#nvalCsv(String,String) で、CSV形式の文字列を正規化します]
707- hayabusa.taglib.SplitViewTag#setFixDisplay(String clms)
708- hayabusa.taglib.ViewFormTag#setColumnWritable(String columnName)
709- hayabusa.taglib.ViewFormTag#setNoWritable(String columnName)
710- hayabusa.taglib.ViewFormTag#setColumnDisplay(String columnName)
711- hayabusa.taglib.ViewFormTag#setNoDisplay(String columnName)
712- hayabusa.taglib.ViewFormTag#setClmSeqDisplay(String columnName)
713- hayabusa.taglib.ViewFormTag#setColumnGroup(String group)
714- hayabusa.taglib.ViewFormTag#setNoGroup(String group)
715- hayabusa.taglib.ViewFormTag#setTableSorterKeys(String columnName)
716- hayabusa.taglib.ViewFormTag#setWritableControl(String wrtCtrl)
717- hayabusa.taglib.ViewFormTag#setPopupReturnKeys(String rtnKeys)
718- hayabusa.taglib.ViewFormTag#setFileDwnClms(String dwnClms)
719- hayabusa.taglib.ViewFormTag#setColumnBulkSet(String columnName)
720-
721- [クロス集計使用時のエクセル出力(ファイルダウンロードでのDisplay対応)]
722- 問合・トラブル (61200-190909-01) クロス集計使用時のエクセル出力について
723- ?クロス集計して表示した画面をエクセル出力した場合に不要(データのない)項目が表示される
724- ??と同様の場合にNoDisplay指定した項目も表示されます
725- ??について、エンジン側で表示されないよう対応してほしい。
726-
727- formが並び替え禁止(form.isEditable()==false)時には、viewのカラム列を出力しておらず
728- ファイル出力時のカラム制御(NoDisplay等)が効いていなかった。
729- form.isEditable()==false でも、lastSql.setClmNamesを行う(ファイルダウンロードでのDisplay対応)
730- hayabusa.taglib.ViewFormTag#setViewClms(DBLastSql lastSql)
731-
732- [アンダーバー付きの文字列から、アンダーバーを削除する]
733- エディット機能のアンダースコア対応
734- 問合・トラブル (61200-190909-02) EDIT機能使用時の集計表示について
735- EDIT機能使用時に集計表示をするとエラーになる。
736- ※「_」をデータに付加して入力制御しているため。
737- 数値変換でエラーになっていた。先頭が _ の場合は、削除するように変更。
738- hayabusa.db.DBTableModelEditor#addGroupRows(ResultSetValue rsv,int skipRowCount,int maxRowCount,boolean[] sumFilter,boolean[] groupFilter)
739- hayabusa.db.DBTableModelEditor#unscoDel(String inStr,String def)
740-
741- [splitViewについての修正]
742- 問合・トラブル (61200-190823-02) splitViewについての修正依頼
743- ?7.0.4.0 (2019/05/31)の、[separatorがタブの場合は、trim() しないように変更]
744- で、対応できていると思われます。
745-
746- ?JSPチェックのsplitViewのCAUTION07Bを廃止
747- jsp\DOC18\xsltV7\GF70_PROG.xsl
748-
749- [dbidに、type 属性を追加します(影響は、ForEachObject内)]
750- fukurou.db.DatabaseConfig#makeDbidMap(Element element,EDbid defDdbid)
751- fukurou.db.DatabaseConfig.ForEachObject#ForEachObject(Element ele)
752-
753- [static import をやめます]
754- hayabusa.taglib.SplitViewTag#setUseSplit(String flag)
755-
756- [synchronized しておきます]
757- fukurou.system.ThrowUtil.CaseBuilder#toThrowMsg()
758-
759- [新規追加]
760- fukurou.util.HybsDateUtil#stepYM(String begin,String end,int step)
761- fukurou.util.StringUtil#nvalCsv(String strCsv,String def)
762-
763- [自分自身をStackTraceに入れる]
764- fukurou.system.OgRuntimeException#printStackTrace()
765-
766- [自分自身をsuperに入れる]
767- fukurou.system.OgRuntimeException#OgRuntimeException(String msg,Throwable th)
768- fukurou.system.OgRuntimeException#addMessage(String msg)
769- fukurou.system.OgRuntimeException#printStackTrace(PrintStream ps)
770- fukurou.system.OgRuntimeException#printStackTrace(PrintWriter pw)
771- fukurou.system.OgRuntimeException#OgRuntimeException()
772- fukurou.system.OgRuntimeException#OgRuntimeException(String msg)
773- fukurou.system.OgRuntimeException#OgRuntimeException(Throwable th)
774-
775- [追加 ENV.で環境変数の値を取得できるようにします。]
776- hayabusa.taglib.CommonTagSupport#getReservedValue( final String key )
777-
778- [inPath のパスは、正規パス名から作成]
779- hayabusa.taglib.FileUpdateTag#setInPath(String path)
780-
781- [target のパスも、正規パス名から作成]
782- hayabusa.taglib.FileUpdateTag.FromToFiles#mkDirs(String fname,boolean createDir)
783-
784- [新規作成]
785- fukurou.db.Functions#checkDelay(String date1,String date2,double sec1,double sec2,double sec3)
786-
787- [jsp , js , css , tld更新]
788- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld
789- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7209\query.jsp
790- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld
791- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\default.js
792-
793- [V5 修正反映]
794- 5.10.15.1 (2019/09/06)
795- [高さ調整スクリプト修正]
796- 3ペインで中央がdummy.htmlだった場合にもなんとなく動作するようにしておきます。
797- jsp/common/default.js#adjustFrameHeight()
798-
799- 5.10.15.0 (2019/08/30)
800- [MQ,SQS送信修正]
801- 一部fukurouにhayabusaパッケージが利用されていたので修正しておきます。
802- また、デーモンでの送信用にクラスを追加しておきます。
803- GE65,66が必要ですが、プラグインを利用しない場合は作成不要です。
804- fukurou.queue.QueueSned#connect(final String jmsServer, final String sqsAccessKey, final String sqsSecretKey)
805- fukurou.queue.QueueSned_MQ#throwErrMsg(final String errMsg)
806- fukurou.queue.QueueSned_MQ#connect(String jmsServer, String sqsAccessKey, String sqsSecretKey)
807- fukurou.queue.QueueSnend_SQS#throwErrMsg(final String errMsg)
808- fukurou.queue.QueueSnend_SQS#connect(final String jmsServer)
809- hayabusa.tagllib.QueueSendTag#doEndTag()
810- plugin.daemon.Daemon_QueueSend
811-
812- X [JFreeChart修正]
813- X JFreeChartの表示不具合のため、V6での修正を適用します。
814- X 0件の場合の処理中断及びラベルのずれを修正します。
815- X hayabusa.io.HybsCategoryDataset#execute( final Connection con, final String query )
816- X hayabusa.io.HybsCategoryDataset#execute( final DBTableModel table )
817- X hayabusa.io.ChartFactory#newDataset( final DBTableModel table , final String type )
818- X hayabusa.io.ChartFactory#getSeriesLabels( final DBTableModel table )
819-
820- 5.10.14.2 (2019/08/23)
821- [userIDの取得方法追加]
822- システムリソースでUSERID_HEADER_NAMEを指定する事で、requestヘッダからuserIDを取得可能にします。
823- 一部のSSO製品でこの方式を取っているものがあるためです。
824- 標準は空文字(指定なし=今まで通り)です。
825- hayabusa.common.SystemData#USERID_HEADER_NAME
826- hayabusa.tablib.HeadTag#sessionInit()
827-
828- [fileTagリネーム処理修正]
829- クラウド対応時の修正の影響で、ネットワークドライブに対する修正が正しく動作していませんでしたので修正します。
830- hayabusa.taglib.FileTag#actionExec( final String action )
831-
832- 5.10.14.1 (2019/08/09)
833- [警告の除去]
834- V7コンパイル時の警告対応に合わせて修正しておきます。
835- fukurou.queue.QueueSendFactory#newQueueSend(final String queueType)
836-
837- 5.10.14.0 (2019/08/01)
838- [MQ,SQSの送信対応]
839- クラウドでマネージドサービスが出ている影響もあり、他システムとの連携においてキューが
840- 使われるパターンが増えているため、エンジンとしてもMQとSQSの送信が出来るようにしておきます。
841- キューの送信処理そのものはfukurouで実装しておき、タグから送信できるようにします。
842- tomcatからMQへの接続設定はJDNIで指定します。
843- fukurou.queue.QueueInfo
844- fukurou.queue.QueueSend
845- fukurou.queue.QueueSned_MQ
846- fukurou.queue.QueueSnend_SQS ← Ver7では保留
847- fukurou.queue.QueueSendFactory
848- hayabusa.taglib.QueueSenedTag
849- hybs-taglib.tld
850-
851- [initタグのリクエスト変数]
852- initタグで受けたリクエスト変数の文字コードをUTF-8としてsetCharacterEncodingします。
853- (マルチバイト文字の変数を直接受けられるようにする)
854- hayabusa.taglilb.JspInitTag#doEndTag()
855-
856-7.0.4.3 (2019/07/15)
857- [debug=true で強制実行できることを、画面上のリンクで示します。]
858- Tomcat起動時のXMLファイル読み込み等でエラーが出ると、Tomcat自身が止まってしまうが、
859- debug=true で、強制実行できます。
860- 作った本人も、その機能を忘れていたので、画面にリンクを表示します。(でも忘れると思う)
861- hayabusa.taglib.JspInitTag#doEndTag()
862-
863- [# のみの場合は、特別に、# を返すように対応]
864- PL/SQL等でメッセージのパラメータにリソースを使用する場合、{#XXXX} または #XXXX で
865- XXXX をリソースから使用しますが、# のみをパラメータに渡すと XXXX 部分が空文字になるため
866- 消えてしまいます。
867- # のみの場合は、特別に、# を返すように対応します。
868- hayabusa\resource\ResourceManager#makeLabelArray( final String[] args )
869-
870- [MARK_ID を付加して、他のid と混同しないようにします]
871- hayabusa.taglib.ViewMarkerTag#setViewMarkerId(String id)
872-
873- [AutoReaderでencode指定の場合、columnNamesを複数回通ることがあるため、executeCountは都度クリアする]
874- 問合・トラブル (61200-190823-01) directTableInsertを使用した取込で取込件数に誤差がある
875- hayabusa.taglib.DirectTableInsertTag#create( final File file )$columnNames( final String[] names )
876-
877- [22_FAQ,23_FAQRGST 修正]
878- 22_FAQ:検索条件のあいまい指定を考慮した、where条件に書き直します。
879- 23_FAQRGST:質問番号、関連画面ID、キーワード のwhere 条件が効いていなかったので追記しました。
880- gf\jsp\common\gamen\22_FAQ\result.jsp
881- gf\jsp\common\gamen\23_FAQRGST\result0.jsp
882-
883- [DOC18 修正]
884- WARNING35:trタグ内にtdタグで囲んでいない要素があります。
885- jsp/DOC18/xsltV7/GF70_PROG.xsl
886-
887- 5.10.13.0 (2019/07/01)
888- [JSPチェック追加]
889- trタグ内にtdに囲われていない要素があった場合に警告を出しておきます。
890- jsp/DOC18/xsltV5/GF70_PROG.xsl
891-
892- [jsp , js , css , tld更新]
893- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\22_FAQ\result.jsp
894- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\23_FAQRGST\query.jsp
895- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\23_FAQRGST\result0.jsp
896-
897- [V5 修正反映]
898- X 5.10.13.1 (2019/07/12)
899- X [伝送修正]
900- X fukurou伝送の仕組みのうち、SAMファイル出力タイプで改行コードを指定可能(CRLF,LF)にします。
901- X また、第二引数のバイト数に負数を指定すると標準(500Byte)を利用するようにしておきます。
902- X fukurou.fransfer.TransferExec_SAMCB#execute( final String[] vals, final TransferConfig config, final Transaction tran )
903-
904- 5.10.13.0 (2019/07/01)
905- [JSPチェック追加]
906- trタグ内にtdに囲われていない要素があった場合に警告を出しておきます。
907- jsp/DOC18/xsltV5/GF70_PROG.xsl
908-
909- 5.10.12.4 (2019/06/21)
910- [リクエストキーのURIエンコード]
911- Frameタグ等で利用されているロジックで、valsだけでなくkeysもURIエンコードをかけます。
912- エンジンのボタンで日本語キーが送信される場合があるためです。
913- fukurou.util.XHTMLTag#urlEncode( final String[] key,final String[] val,final String join )
914-
915- [URLチェック日本語対応]
916- UTF-8のリクエストパラメータがフィルタをかけた際に正常に送信されたなかったため、
917- encodingを指定出来るようにします。標準はutf-8としておきます。
918- このencodingはrequestEncodingというリクエスト変数として画面等に送信されます。
919- FileDownloadサーブレットはこの変数を利用してエンコードをかけるようにします。
920- hayabusa.filter.URLCheckFilter#doFilter( final ServletRequest request, final ServletResponse response, final FilterChain chain )
921- hayabusa.filter.URLCheckFilter#init(final FilterConfig filterConfig)
922- hayabusa.servlet.FileDownload#doPost( final HttpServletRequest request, final HttpServletResponse response )
923-
924- 5.10.12.3 (2019/06/18)
925- [システムリソース追加]
926- システムリソース無しとしてエラーが出るものを空で登録しておきます。
927- hayabusa.common.SystemData#CLOUD_STORAGE_S3_ACCESS_KEY
928- hayabusa.common.SystemData#VIEW_USE_HILIGHT_RADIO_CLICK
929-
930- [画面IDエラー時の文字変更]
931- GUIInfoが存在しない場合に返す文字列を、URLで使える文字だけで構成するように変更します。
932- (スペースと括弧を使わないようにします)
933- hayabusa.taglib.CommonTagSupport#getGUIInfoAttri( final String attkey )
934-
935- X [LinkTagの修正]
936- X 6.7.3.0対応の移植をしておきます。
937- X {I}の出力条件を追加します。
938- X hayabusa.taglib.LinkTag#doEndTag()
939- X hayabusa.taglib.LinkTag#makeTag()
940- X hayabusa.taglib.LinkTag#makeTag( final boolean useViewLink )
941-
942- 5.10.12.2 (2019/06/17)
943- [クラウドストレージの相対パス対応]
944- S3等に保存する際に../のような相対パス指定をすると、想定の場所に保存されていなかったため対応しておきます。
945- fukurou.model.CloudFileOperation#editPath(final String path)
946-
947- 5.10.12.1 (2019/06/14)
948- [画面のファイル名取得方法]
949- 7.0.4.1対応の移植です。
950- 現在、各画面の実ファイル名として、{@SESSION.JSPID} を使用していますが、これは、共有変数のため、
951- フレームなどによる同時実行時に動作が保証されません。
952- そこで、リクエスト変数を用いて、個々に設定できるようにします。
953- {@REQ.JSPID} を新たに定義します。
954- hayabusa.taglib.CommonTagSupport#getRequestMethod(String attkey)
955- jsp/common/error_2.jsp
956-
957-7.0.4.2 (2019/06/24)
958- [viewMarkerIdの修正]
959- viewMarkerIdで、設定時にMARK_ID を付加して、他のid と混同しないようにする対応が漏れていたため、追加します。
960-
961-7.0.4.1 (2019/06/10)
962- [viewClassのJSPチェック確認]
963- 7.0.4.0 (2019/05/31) で対応したJSPチェック確認で og:view で、viewFormType='HTMLTable'で、tableId がなく、viewClass もない場合のチェックで
964- equals 判定をやめて、同一レベルでの複数存在しているかに変更します。
965- gf/jsp/DOC18/xsltV7/GF70_PROG.xsl
966- WARNING21E : 複数のog:view タグで使用する場合、tableIdで区別するか、viewClassで区別しないとレイアウトが崩れる可能性があります。
967-
968- [画面のファイル名取得方法]
969- 現在、各画面の実ファイル名として、{@SESSION.JSPID} を使用していますが、これは、共有変数のため、
970- フレームなどによる同時実行時に動作が保証されません。
971- そこで、リクエスト変数を用いて、個々に設定できるようにします。
972- {@REQ.JSPID} を新たに定義します。
973- hayabusa.taglib.CommonTagSupport#getRequestMethod(String attkey)
974-
975- これに伴い、{@SESSION.JSPID} を {@REQ.JSPID} に変更しておきます。
976- jsp/common\error_2.jsp(30): <td><span class="design-header-fontcolor">{@SESSION.JSPID}</span></td>
977- jsp/common\backup\error_2.jsp_20150805(25): <td><og:text value="{@SESSION.JSPID}" /></td>
978- jsp/common\gamen\01_ADMIN\printRequesMethodt.jsp(31): <tr><td>{&#064;REQ.JSPID} </td><td style="white-space: normal"><og:text>{@REQ.JSPID}
979- jsp/custom\popup_info.jsp(33): <td><span class="design-header-fontcolor"><og:text value="{@SESSION.JSPID}" /></span></td>
980- jsp/custom\query_info.jsp(78): <td><span class="design-header-fontcolor">{@SESSION.JSPID}</span></td>
981- jsp/custom\query_tab_info.jsp(52): <td><span class="design-header-fontcolor"><og:text value="{@SESSION.JSPID}" /></span></td>
982- jsp/custom\query_info.jsp_linemenu(29): <td><og:text value="{@SESSION.JSPID}" /></td>
983- jsp/custom\query_info.jsp_min(44): <og:text value="{@GUI.KEY}" />(<og:text value="{@SESSION.JSPID}" />)
984- jsp/custom\result_FS_info.jsp(30): <td><og:text value="{@SESSION.JSPID}" /></td>
985- jsp/custom\result_info.jsp(27): <td><og:text value="{@SESSION.JSPID}" /></td>
986- jsp/custom\result_info.jsp(36): window.onload = setTimeout( 'setDisplayCapture( "GUI:{@GUI.KEY} {@SESSION.JSPID}" )', 100 );
987- jsp/custom\result_mdfy_info.jsp(27): <td><og:text value="{@SESSION.JSPID}" /></td>
988- jsp/custom\result_mdfy_info.jsp(36): window.onload = setTimeout( 'setDisplayCapture( "GUI:{@GUI.KEY} {@SESSION.JSPID}" )', 100 );
989- jsp/custom\result_tab_info.jsp(21): <td><og:text value="{@SESSION.JSPID}" /></td>
990-
991- [メニュー絞込機能 修正]
992- Ver 5.10.11.3 (2019/05/24) で導入したメニュー絞込機能で、Ver7用に変更した箇所の
993- 動きがおかしいという事で、Ver5 と合わせました。
994- jsp/menu/searchWord.js
995- src/script/menu/searchWord.js
996-
997- [21_WHTSNEWの掲載終了日]
998- 変更処理画面で、自動的に掲載終了日が3か月先に更新される処理を停止します。
999- これは、eventColumnで、掲載開始日変更時に、自動的に、+3か月する機能が
1000- 画面オープン時にも働き、掲載終了日を書き換えてしまうためです。
1001- 自動セットは、初期(新規追加時)のみとし、それ以降は自動更新しません。
1002- jsp/common/gamen/21_WHTSNEW/update.jsp
1003-
1004- [jsp , js , css , tld更新]
1005- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld
1006- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\DOC02\result.jsp
1007- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\DOC08\result_SHORT.jsp
1008- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF6050\query.jsp
1009- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF6080\result.jsp
1010- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF9999\query.jsp
1011- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF9999\result.jsp
1012- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\error_2.jsp
1013- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\01_ADMIN\printRequesMethodt.jsp
1014- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\custom\menu_init.jsp
1015- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\custom\popup_info.jsp
1016- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\custom\query_info.jsp
1017- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\custom\query_tab_info.jsp
1018- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\custom\result_FS_info.jsp
1019- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\custom\result_info.jsp
1020- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\custom\result_mdfy_info.jsp
1021- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\custom\result_tab_info.jsp
1022- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\menu\matrixMenu.jsp
1023- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\menu\multiMenu.jsp
1024- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\menu\simpleMenu.jsp
1025- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld
1026- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\default.js
1027- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\menu\matrixMenu.css
1028- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\menu\multiMenu.css
1029- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\menu\searchWord.js
1030- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\menu\searchWord.js_ver5
1031- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\menu\searchWord_matrix.js
1032-
1033-7.0.4.0 (2019/05/31)
1034- [colgroup 廃止]
1035- 5.9.3.3 (2015/12/26)でHTML5のcolgroup対応としてtd:nth-childでtext-alignを出力する
1036- 方法に切り替えているので、colgroup の併用をやめます。
1037- hayabusa.servlet.HybsAdmin#getLoginUser(String sort,boolean direc)
1038- hayabusa.servlet.HybsAdmin.ClassInfo#addLine(String type,String key,String clsName)
1039- hayabusa.servlet.HybsAdmin#getSystemResource()
1040- hayabusa.servlet.HybsAdmin#getRegistrationMessage(HttpSession session)
1041- plugin.view.ViewForm_HTMLCustomTable#getTableHead()
1042- plugin.view.ViewForm_HTMLFormatTable#getTableHead()
1043- plugin.view.ViewForm_HTMLGanttTable#getTableHead()
1044- plugin.view.ViewForm_HTMLRotationTable#getTableHead()
1045- plugin.view.ViewForm_HTMLSeqClmTable#getTableHead()
1046- plugin.view.ViewForm_HTMLStackedGanttTable#getTableHead()
1047- plugin.view.ViewForm_HTMLTable#getTableHead()
1048-
1049- [encode指定時の処理順序変更]
1050- encode指定時に、CSVとして処理してしまい、カンマの前後のスペースを削除してしまいました。
1051- セパレータが、タブの場合は、前後のスペースの削除を行わないようにし、
1052- encode指定時の初期値は、txt(タブ区切り)に変更します。
1053- 対象は、readTable と、directTableInsert タグです。
1054- hayabusa.taglib.ReadTableTag#doEndTag()
1055-
1056- [separatorがタブの場合は、trim() しないように変更]
1057- セパレータが、タブの場合は、前後のスペースの削除を行わないようにします。
1058- fukurou.util.StringUtil#csv2Array(String csvData,char separator,int len)
1059-
1060- [初期値を true に変更]
1061- 依頼No: 61200-190513-03
1062- 依頼内容: 【GMIS標準】ポップアップ画面の画面ID対応
1063- 対応内容:7.0.3.0にエンジンバージョンアップしましたが、デフォルトを true に変更します。
1064- hayabusa.taglib.PopupTag#setUseGamenId(String flag)
1065-
1066- 5.10.11.2 (2019/05/17)
1067- ※ Ver7 では、useGamenId属性の初期値を、true とします。
1068- spanタグでの使用は、useSpan を使用し、ラベルは lbl 属性で指定します。
1069-
1070- [紙芝居で、HTML5_HEAD1 が出ないため、titleの日本語が文字化けしてしまう]
1071- 依頼No: 61200-190527-02
1072- 依頼内容: 紙芝居機能の不具合対応
1073- ?indexNW.htmの頭4行が作成されない。
1074- 対応内容:og:head で、headType が未指定の場合(frame のとき)出さない設定になっていました。
1075- 6.9.5.0 (2018/04/23) USE_IE7_HEADER 廃止 の時に変更しています。
1076- hayabusa.taglib.HeadTag#doEndTag()
1077-
1078- [複数の view で、nth-child 指定ができるように、viewClass を指定できるようにする]
1079- 依頼No: 61200-190528-01
1080- 依頼内容: 【GMIS標準】テーブルを複数表示する際、文字の位置が揃えてない
1081- 対応内容: viewClass属性の追加
1082- colgroupの代わりに使用しているnth-child 指定ですが、view を複数使用する場合、
1083- 番号がかぶると、別の行の設定が使用されてしまう。
1084- view の id を変更するのが筋だが、影響範囲が不明なので(JavaScriptのイベントやCSSなど)
1085- viewClass を外部から指定できるようにする。
1086- デフォルトは、"VIEW_" + tableId だが、tableId はメモリ管理等に使用しているため
1087- 新しく属性を追加する。
1088- hayabusa.taglib.ViewFormTag#setViewClass(String clazz)
1089- hayabusa.taglib.ViewFormTag#doStartTag()
1090-
1091- 簡易的に、JSPチェック確認に og:view で、viewFormType='HTMLTable'で、tableId がなく、viewClass もない場合をチェックします。
1092- ただし、equals 判定も入れていますので、その中で重複している場合は検出できません。
1093- gf/jsp/DOC18/xsltV7/GF70_PROG.xsl
1094- WARNING21E : 複数のog:view タグで使用する場合、tableIdで区別するか、viewClassで区別しないとレイアウトが崩れる可能性があります。
1095-
1096- [writableControlカラムのソート]
1097- 以前、アンダーバー付き数値カラムのヘッダーソート対応しましたが、暫定的に
1098- 7.0.2.4 (2019/05/7) で原因特定ができないため、shuttlesort に一旦戻しました。
1099- この戻した方のクラスにも、7.0.1.9 (2019/02/04) で対応した処理を入れておきます。
1100- hayabusa.db.DBTableModelSorter#compareRowsByColumn(int row1,int row2,int column)
1101-
1102- 7.0.1.9 (2019/02/04)
1103- [writableControlカラムのソート]
1104- 問合・トラブル (61200-190131-01)
1105- writableControl機能で、アンダーバーを付けるが、数値カラムの場合、ヘッダーソートすると
1106- 数値変換でエラー(java.lang.NumberFormatException)になる。
1107-
1108- [jsp , js , css , tld更新]
1109- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld
1110- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF6080\result.jsp
1111- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld
1112- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\default.js
1113- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\option\html5modalDialog.js
1114-
1115- [V5 修正反映]
1116- 5.10.12.0 (2019/06/03)
1117- X Ver7 では、disposition の引数対応済み
1118- X [forwardタグのファイル扱い]
1119- X tomcat8.5.34でcontent typeの扱いが変わったため、forwardタグでfilenameが指定されている場合は
1120- X content-typeを指定するようにしておきます。
1121- X また、v6同様に外部からdispositionを指定可能にしておきます。(初期値は今まで通り)
1122- X hayabusa.taglib.ForwardTag#doEndTag()
1123- X hayabusa.taglib.ForwardTag#setDisposition( final String dispos )
1124- X hayabusa.taglib.ForwardTag#release2()
1125-
1126- X Ver7 では、とりあえず変更しません。
1127- X [fileDownload.jsp]
1128- X クラウド以外のダウンロードをredirectとしていましたが、
1129- X 上記forwardタグの対応及びファイル名の問題によりforwardに戻しておきます。
1130- X jsp/common/fileDownload.jsp
1131-
1132- [カタカナ変換スクリプト]
1133- 半角カナを全角カナに変換するスクリプトをdefault.jsに組み込んでおきます。
1134- jsp/common/default.js#toZenkakuKana(str)
1135-
1136- [絞込機能向上]
1137- マトリクスメニューでも絞込機能が使えるようにします。
1138- 左メニューとは異なり、背景色の変更としています。
1139- また、左メニュー絞込と共に全角カナでも半角カナの検索、スペース区切りでAND検索の機能を
1140- 追加しています。(ブラウザの検索機能との差別化)
1141- jsp/menu/searchWord.js
1142- jsp/menu/searchWord_matrix.js
1143- jsp/menu/matrixMenu.css
1144- jsp/menu/matrixMenu.jsp
1145-
1146- 5.10.11.3 (2019/05/24)
1147- [メニュー絞込機能追加]
1148- 左メニューで、入力文字列を利用して表示を絞り込む機能を追加します。
1149- Ver.5では標準実装としておきます。
1150- Scriptを読み込み、searchmenuのIDを持つ入力欄を追加する事で動作します。
1151- jsp/menu/searchWord.js
1152- jsp/menu/multiMenu.css
1153- jsp/menu/simpleMenu.jsp
1154- jsp/menu/multiMenu.jsp
1155- jsp/custom/menu_init.jsp
1156-
1157- 5.10.11.2 (2019/05/17)
1158- ※ Ver7 では、useGamenId属性の初期値を、true とします。
1159- spanタグでの使用は、useSpan を使用し、ラベルは lbl 属性で指定します。
1160- X [popupタグの機能追加]
1161- X 1)popupタグで開く画面に対してGAMENIDを付加出来るようにします。
1162- X 現在は画面IDからURLを取ってきますが、GAMENID属性は付けていませんでした。
1163- X useGamenId属性を利用します。初期値は互換性を考慮してfalse(付けない)です。
1164- X hayabusa.taglib.PopupTag#makePopup( final boolean useKey )
1165- X hayabusa.taglib.PopupTag#useGamenId()
1166- X hayabusa.taglib.PopupTag#release2()
1167- X hybs-taglib.tld
1168- X 2)popupタグでテキストを指定可能にしておきます。
1169- X span属性で指定してください。spanタグにclassとしてhybsPopupを付加して出力します。
1170- X 互換性の問題もあるので、lbl属性ではなく新規属性の値を利用します。
1171- X 文字色等はaタグ同様にdefault.cssで初期値として設定しておきます。
1172- X hayabusa.taglbi.PopupTag#setSpan( final String text )
1173- X setUseGamenId( final String flg )
1174- jsp/common/default.css
1175- jsp/common/option/html5modalDialog.js#ogPchangeData(ret_val, p_this,p_out_Array, p_append)
1176- jsp/common/default.js#ogPopup
1177- X hybs-taglib.tld
1178- X 3)Formの取得方法変更
1179- X 5.9.6.0で互換性対応のために変更しましたが、画像や文字でのOnclick時の取得に問題があるため、
1180- X jQueryを利用して先祖要素から取得する方式に変更します。
1181- X hayabusa.taglbi.PopupTag#VALUE_PRE
1182-
1183- [icon追加]
1184- imageフォルダに入力欄内表示用の虫眼鏡アイコンを一つ追加します。
1185- jsp/image/search_16.png
1186-
1187- 5.10.11.1 (2019/05/10)
1188- [メールモジュールでのURLチェック]
1189- メールモジュールの定型文に記述するURLに対してURLチェックの指定を可能にしておきます。
1190- 以下のような予約語LINK.URLCを追加します。
1191- {@LINK.URLC [url?key=] [@PARAMx] [CryptkeyStr]}
1192- 第一パラメータはURL、第二パラメータは付加する値、第三パラメータは暗号化キーです。
1193- url?key=の箇所のURLに第二パラメータの@PARAMxの値が変換されて付加された上でURLチェックの値が付きます。
1194- 第一、第三パラメータも@xxxの記法は可能です。暗号化キーは指定しない場合はGE標準のものが利用されます。
1195- URLチェックはユーザ指定無しで30日間有効なものとしています。
1196- 機密性が高く、URLチェックが必要な画面をメールから開く必要がある場合に利用します。
1197- そうでない場合は、URLチェックの設定でチェックそのものを行わないようにする方法があります。
1198- hayabusa.mail.MailPattern#getReservedValue( final String key )
1199- hayabusa.mail.MailPattern#marge( final String[][] src )
1200-
1201- [サードパーティーライセンス]
1202- 利用モジュールのライセンス表記をTHIRDPARTYLICENSEREADME.htmlから差し替えのしやすい
1203- フォルダ管理方式に変更し、uap,appsと同階層にthirdparty_licensesとして配置します。
1204-
1205- [java,tomcat,openoffice等 Verup]
1206- 実行環境の各バージョンをアップします。
1207- tomcat9.0.20
1208- jdk11.0.3_7 (amazon-corretto-11.0.3.7.1-windows-x64.zip)
1209-
1210-7.0.3.0 (2019/05/13)
1211- [QueryButtonTagにclearKeys、clearVals属性追加]
1212- 改善 (61200-190426-01) Ver7 クリアボタンに引数をセットしたい
1213- useClear=true時の遷移先にパラメータを渡せるように、clearKeys、clearVals属性を追加しました。
1214- このキーと値に引数をセットすると、クリア時に値を再セットすることができます。
1215- hayabusa.taglib.QueryButtonTag#release2()
1216- hayabusa.taglib.QueryButtonTag#getReset()
1217- hayabusa.taglib.QueryButtonTag#setClearKeys(String key)
1218- hayabusa.taglib.QueryButtonTag#setClearVals(String val)
1219- gf\jsp\GF9100
1220-
1221- [GAMENIDの追加(useGamenIdで、GAMENID属性をhrefに追加)]
1222- 改善 (61200-190513-03) 【GMIS標準】ポップアップ画面の画面ID対応
1223- PopupTagにuseGamenId属性を追加しました。
1224- "true"の場合は、GAMENID 属性を href に追加します。
1225- 互換性の関係から、初期値は、false にしています。
1226- hayabusa.taglib.PopupTag#release2()
1227- hayabusa.taglib.PopupTag#makePopup(boolean useKey)
1228- hayabusa.taglib.PopupTag#setUseGamenId(String flag)
1229- hayabusa.taglib.PopupTag#setUseSpan(String flag)
1230-
1231- [jsp , js , css , tld更新]
1232- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld
1233- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7020\req.jsp
1234- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7170_json\result2.jsp
1235- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF9100\query.jsp
1236- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\error_Auth.jsp
1237- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\01_ADMIN\printRequesMethodt.jsp
1238- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\01_ADMIN\printSystemParameter.jsp
1239- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld
1240- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\scrollBar.css
1241- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\scrollBar2.css
1242-
1243- [java,tomcat,openoffice等 Verup]
1244- 実行環境の各バージョンをアップします。
1245- tomcat9.0.19
1246- LibreOffice_6.2.3
1247-
1248-7.0.2.4 (2019/05/7)
1249- [GE Firebird対応]
1250- union の order by は、カラム名ではなく、カラムの順番を示す番号で指定する。
1251- GE0008\result.jsp(42): union
1252- GE0012\GEM0010.jsp(17): union
1253- GE0012\GEM0018.jsp(22): union
1254- REP12\query.jsp(39): union
1255-
1256- BEFORE,AFTER,SUM は、Firebirdの予約語なので、別名指定を変更します。
1257- REP20\changeSQL.jsp(6): round(sum(TMDIFF),1) as SUM,count(*) as CNT,
1258- GE0012\GEM0008.jsp
1259- GE0012\GEM0012.jsp
1260- GE0012\GEM0013.jsp
1261- GE0012\GEM0041.jsp
1262-
1263- [ヘッダーソート]
1264- ヘッダーソートで、空白のあるカラムをソートしたとき、1回目(昇順)正常で、2回目(降順)が
1265- 先頭行がソートされずに残ってしまう。
1266- 現状、原因特定ができないため、shuttlesort に一旦戻します。
1267- hayabusa.db.DBTableModelSorter → DBTableModelSorter.java_horyu
1268- fukurou.model.DataModelSorter → DataModelSorter.java_horyu
1269-
1270- [V5 修正反映]
1271- 5.10.11.0 (2019/05/03)
1272- [ヘッダ固定印刷時対応]
1273- IE7モードでは印刷時にスクロールを消して全件印刷されるようになっていましたが、
1274- それ以外ではバー表示が残るなどしていました。
1275- CSS側に対応を入れておきます。
1276- jsp/common/scrollBar.css
1277- jsp/common/scrollBar2.css
1278-
1279- [ライブラリ整理]
1280- ライセンス・ライブラリ整理の一環でjava/jre/lib/extから以下のライブラリを削除します。
1281- (JUNIT及びMOCKITOはテストライブラリのため実行には必要ありません)
1282- jxl-266.jar
1283- junit-4.10.jar
1284- mockito-core-1.10.19.jar
1285-
1286- NVDのチェックでHiの出ているモジュールのバージョンを上げます。
1287- JavaでJSONを操作するためのモジュールであるjacksonを2.8系の最新にします(2.8.8から2.8.11)
1288- geronimo-stax-apiも1.0.1に変更します。
1289- クラウドモジュールで利用しているslf4jのバージョンを1.7系の最新にします(1.7.22から1.7.26)
1290- java/jre/lib/ext/jackson-core-2.8.11.jar
1291- java/jre/lib/ext/jackson-annotations-2.8.11.jar
1292- java/jre/lib/ext/jackson-databind-2.8.11.3jar
1293- java/jre/lib/ext/geronimo-stax-api_1.0_spec-1.0.1.jar
1294-
1295- これ以外に、内包しているSQLServer用のJDBCもJDK7用にバージョンアップしておきます。
1296- (利用JDKやDBのバージョンに応じて置換えてください)
1297- sqljdbc_4.2.6420.100_jpn.jar ⇒ mssql-jdbc-6.4.0.jre7.jar
1298-
1299- クラウド用のプラグインを利用する際に必要となるモジュールを新しくしておきます。
1300- (必要がある場合のみの導入となります)
1301- ibm-cos-java-sdk-2.4.4.jar
1302- ibm-cos-java-sdk-core-2.4.4.jar
1303- ibm-cos-java-sdk-s3-2.4.4.jar
1304- slf4j-api-1.7.26.jar
1305- slf4j-simple-1.7.26.jar
1306-
1307- これら整理済のものをopengionV5\apps\jdk1.8\jre\lib\extとしてOSDNにアップロードしておきます。
1308-
1309- [error_Auth.jsp変更]
1310- 401エラーの場合に利用されるJSPですが、401はエラーとして扱わないようにしておきます。(コメントアウト)
1311- 生死監視等でURLを叩いた際に401を正常とみなす場合がありますが、毎回のアクセスがエラーログに出されるためです。
1312- アクセスログには残ります。
1313- jsp/common/error_Auth.jsp
1314-
1315- [urlCheck属性初期値]
1316- urlCheckを利用した際の開発のしやすさを若干向上させます。
1317- ・リンクタグのuseURLCheck属性の初期値をシステムリソースLINK_URL_CHECKで指定可能にします。
1318-  標準は今まで通り(false)です。
1319-  web.xmlのフィルタ設定を広範囲でかける場合に利用します。
1320-  この設定を利用する際にはFILEUD_URL_CHECK設定も確認してください。
1321- ・forwardタグにurlCheck属性を追加し、urlCheck対象へのリダイレクトが出来るようにします。
1322-  この属性の初期値も上のシステムリソース(LINK_URL_CHECK)で設定されます。
1323- hayabusa.common.SystemData#LINK_URL_CHECK
1324- hayabusa.taglib.Linktag#release2()
1325- hayabusa.taglib.Forward#doEndTag()
1326- hayabusa.taglib.Forward#release2()
1327- hayabusa.taglib.Forward#setUseURLCheck( final String flag )
1328- hayabusa.taglib.Forward#addURLCheck( final String url )
1329- hybs-taglib.tld
1330-
1331- [urlCheckFilter修正]
1332- 1) web.xmlでURLCheckをかける対象URLを指定できますが、アドレスの指定方法が限定的です。
1333-  そこで、urlCheckFilterの設定に正規表現で対象外にするURLを正規表現で指定可能にする事で
1334-  運用の柔軟性を上げられるようにします。
1335-  web.xmlのフィルタ定義で、ommitURLを指定します。
1336-  例えばcommon,custom,menuを対象外、リクエスト変数が付かないものも対象外とする場合は次のように記述します。
1337-  <param-value>^(?:[^\?]*)|(?:[^\?]*/(?:common|custom|menu)/.*)</param-value>
1338- 2 )urlCheckFilterでヘッダのリファラーを見て、かけない設定が出来るようにします。
1339-  web.xmlのフィルタ定義でommitRefererを指定します。
1340-  リファラーが指定文字を含んでいる場合に無視します。(リクエスト変数は含みません)
1341-  リファラーを送信しないブラウザもあるので利用時は注意が必要です。
1342- hayabusa.filter.URLCheckFilter#init(final FilterConfig filterConfig)
1343- hayabusa.filter.URLCheckFilter#isValidAccess( final ServletRequest request )
1344-
1345- [リファラーのMetaタグ]
1346- METAタグでリファラーを送信する設定を入れておきます。
1347- 最近ではポリシー指定も可能ですが、対応ブラウザが限られているためMETAタグでoriginを指定しておきます。
1348- hayabusa.taglib.HeadTag#doEndTag()
1349-
1350- 5.10.10.2 (2019/04/12)
1351- [URLConnect機能追加]
1352- URLConnectでContent-Typeを指定出来るようにしておきます。
1353- APIによってはJSONでのリクエストにapplication/jsonのようなタイプ指定を
1354- 求めている場合があるためです。
1355- fukurou.util.URLConnect#getConnection()
1356- fukurou.util.URLConnect#setConentType(final String ctype)
1357- hayabusa.taglib.URLConnectTag#connect()
1358- hayabusa.taglib.URLConnectTag#setContentType( final String ctype )
1359- hybs-taglib.tld
1360-
1361- [ハッシュアルゴリズム追加]
1362- ハッシュはMD5,SHA-1に対応していましたが、より強度の高いSHA-512にも対応しておきます。
1363- fukurou.security.HybsCryptography#getSHA512( final String input )
1364- plugin.column.DBType_SHA512 新規作成
1365-
1366- 5.10.10.1 (2019/04/05)
1367- [PostのBodyデータ取得]
1368- 一般的にRestAPIではPostデータはContent-type=application/jsonでRAWとしてJSONを送信する事があるため、
1369- {@REQ.PostData}で変換前のPostされたBODYデータを取得出来るようにしておきます。
1370- また、{@REQ.ContentType}でヘッダ情報からContent-Typeを取得します。
1371- hayabusa.taglib.CommonTagSupport#getRequestMethod(final String attkey)
1372- jsp/common/gamen/01_ADMIN/parameter.jsp
1373- jsp/common/gamen/01_ADMIN/printRequesMethodt.jsp
1374-
1375- [jsp , js , css , tld更新]
1376- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld
1377- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7020\req.jsp
1378- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7170_json\result2.jsp
1379- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\error_Auth.jsp
1380- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\01_ADMIN\printRequesMethodt.jsp
1381- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\01_ADMIN\printSystemParameter.jsp
1382- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld
1383- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\scrollBar.css
1384- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\scrollBar2.css
1385-
1386-7.0.2.3 (2019/04/01)
1387- [V5 修正反映]
1388- 5.10.10.0 (2019/03/29)
1389- [URLConnectのメソッド追加]
1390- URLConnectタグ及びURLConnectデーモンからメソッドとしてPUTとDELETEを指定出来るようにしておきます。
1391- POSTメソッドと動作は同じで、送信ヘッダのメソッドの設定でX-HTTP-Method-Overrideを追記します。
1392- また、{@REQ.MethodOverride}でヘッダのX-HTTP-Method-Overrideを取得するようにしておきます。
1393- X fukurou.util.URLConnect#getConnection()
1394- X fukurou.util.URLConnect#setMethodOverride( final String mtd )
1395- hayabusa.taglib.URLConnectTag#connect()
1396- plugin.daemon.Daemon_URLConnect#check( final String in, final String[] check )
1397- X plugin.daemon.Daemon_URLConnect#initDaemon() /Ver7 保留
1398- hayabusa.taglib.CommonTagSupport.getRequestMethod( final String attkey ) { /Ver7 追記
1399-
1400- X [クラウド対応修正]
1401- X エラーが発生する場合があるため、URLConnectTagでクラウドへのアップロードに条件を付けます。
1402- X (ファイル名が指定されている場合のみとする)
1403- X hayabusa.taglibURLConnectTag#doEndTag()
1404-
1405- [帳票プラグイン(RFW3)修正]
1406- 先に追加したプラグインではリネームのみで特に問題なさそうなので、ロック処理は削除しておきます。
1407- plugin.report.CSVPrintPointService_RFW3
1408-
1409- [スクリプト修正]
1410- jQuery.data("events")はjQuery1.12では使えないため、_dataで代替しておきます。
1411- jsp/common/eventScript.js#eventColumn
1412- jsp/common/eventScript.js 即時実行関数追加
1413-
1414-7.0.2.2 (2019/03/25)
1415- [ファイルアップロードのcallBackの引数対策]
1416- common/upload.jsp で、ファイルアップロード後に CallBackしていますが、
1417- <form action="/{@SYS.CONTEXT_NAME}/jsp/{@callBack}" >
1418- で、callBackパラメータに、GFXXXX/update.jsp?GAMENID=GFYYYY のような
1419- 引数の時、formのデフォルトである method="GET" の場合、?以降のパラメータが
1420- 消えてしまいます。
1421- method="POST" にすれば、? 引数以下も飛びます。
1422- <form method="POST" action="/{@SYS.CONTEXT_NAME}/jsp/{@callBack}" >
1423- のように、POST で処理するように変更します。
1424- common/upload.jsp
1425-
1426- [eventColumnが動作しない]
1427- 依頼No: 61200-190319-01
1428- 依頼内容: eventColumnが動作しない
1429- 対応内容: eventScript.js の eventColumn ファンクション
1430- 修正前:bindOldEvents( jNewCol.get(0), jQuery.data( jCol.clone(true).get(0),"events" ) );
1431- 修正後:bindOldEvents( jNewCol.get(0), jQuery._data(jCol.clone(true).get(0)).events );
1432- エンジン対応 Ver:7.0.2.2 (2019/03/25)
1433- gf\src\script\common\eventScript.js
1434-
1435- [V5 修正反映]
1436- 5.10.9.2 (2019/03/15)
1437- X [帳票修正]
1438- X 帳票でGEと帳票ツールのOSが異なる場合に問題が発生する場合があるため、パスの取り方を修正します。
1439- X hayabusa.common.HybsSystem#url2absPath( final String url )
1440- X hayabusa.report2.QueueManager_DB#create()
1441-
1442- linuxではFileOutputStream作成時に強制ロックされないため、外部ツールとの連携が前提の
1443- プラグイン処理についてのみ暫定的に明示的なロックをかけつつ、拡張子変換を行うようなものを追加します。
1444- plugin.report.CSVPrintPointService_RFW3
1445-
1446- 5.10.9.1 (2019/03/08)
1447- [コンパイラの警告対応等]
1448- コンパイラの警告を修正します。(アノテーションなど)
1449- また、一部引数のfinal化等も行います。
1450- fukurou.model.FileOperationInfo
1451- fukurou.model.CloudFileOperation
1452- fukurou.model.FileOperation
1453- fukutou.model.FileOperationFactory
1454- fukurou.util.FileUtil
1455- fukurou.security.HybsCryptography
1456- hayabusa.io.HybsFileOperationFactory
1457- plugin.cloud.FileOperation_AWS
1458- plugin.cloud.FileOperation_AZURE
1459- plugin.cloud.FileOperation_IBM
1460- plugin.cloud.FileOperation_ORACLE
1461-
1462- [jsp , js , css , tld更新]
1463- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\upload.jsp
1464-
1465-7.0.2.1 (2019/03/04)
1466- [DOC18]
1467- style='display:none' は、og:thead 内部では使わないほうが良い。
1468- 処理に、og:thead 内部 というロジックが抜けてましたので追記しました。
1469- gf/jsp/DOC18/xsltV7/
1470-
1471- エンジン対応Ver:7.0.2.1
1472- 依頼No:61200-181126-02
1473- 依頼内容:iGanttBar使用時にロールズ指定されていない画面へのリンクが作成される
1474- 対応内容:
1475- 現行機能でもリンクの制御は出来る事が確認できました。
1476- ・viewLink+linkタグでhrefOnly属性を利用する
1477- ・iGanttBarタグのhrefでlinkタグで指定した[column]を設定する
1478- ・viewLinkで[xxx]は、画面IDには使えないので、onLinkとmarkListを利用
1479- onLink="[GUI]" markList="GF9610" みたいな感じです。
1480-
1481- [fromBase属性追加に伴い、fromLen変数を用意]
1482- hayabusa.taglib.FileQueryTag#setFromBase(String base)
1483- hayabusa.taglib.FileQueryTag#release2()
1484- hayabusa.taglib.FileQueryTag#addFileData(int rowNo,int lvl,File fin)
1485-
1486- [linkClmNoのhrefVal で、空文字列もリンクの使用可否の判定条件に入れる]
1487- viewlink+link でImageTimeBarにリンクを作成できますが、onlinkなどで条件分けした際の
1488- 判定に、 null しか見ていなかった。空文字列も判定条件に入れる必要があります。
1489- plugin.view.ViewForm_ImageTimeBar#imageMeker(Graphics2D g2,Color oldColor,int imgX,int imgY,int imgW,boolean useTipsLink,int row,StringBuilder outBuf)
1490-
1491- [元の色をイメージの端から自動取得(白決め打ちでない)属性追加]
1492- fukurou.util.ImageUtil#changeColor(BufferedImage img,Color tCol,int mask)
1493- fukurou.util.ImageUtil#main(String[] args)
1494-
1495- [追加カラムの位置のアドレス指定が間違っていた]
1496- useWritable、useMD5、useUpdateClms、addClms を加味したカラム設定がうまく動作しなかった。
1497- hayabusa.taglib.FileQueryTag#initDBTable()
1498-
1499- [endorsed7.0 修正]
1500- FirebirdのJDBCである、 jaybird-3.0.5.jar を jaybird-full-3.0.5.jar に置き換えます。
1501-
1502- [jsp , js , css , tld更新]
1503- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld
1504- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\fileDownload.jsp
1505- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\14_EDIT\tab.jsp
1506- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld
1507- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\option\adjustGanttTable.js
1508-
1509- [V5 修正反映]
1510- ※ クラウド対応は、影響範囲が大きすぎるため、再検討します。
1511- 5.10.9.0 (2019/03/01)
1512- [クラウドストレージ対応]
1513- 5.10.8.0の追加対応です。
1514- 若干実装を変更して、Fileクラスを継承した形を取って今までのクラスでもそのまま利用可能としました。
1515- タグ等のうち、ユーザがアップロード/ダウンロードをするような箇所に対して指定出来るようにしています。
1516- タグには属性として以下の2つ(from,toがある場合は各々)が追加されています。
1517- storageType:利用プラグイン、null時はシステムリソースの値を利用。標準はローカルドライブ
1518- bucketName:バケット名、クラウド上のオブジェクトストレージ利用の際に有効
1519-
1520- 以前の暫定対応の箇所は新しい方式に置換えています。
1521- 更新する場合、システムリソースの名称変更があるため注意願います。
1522- システムリソースを設定すると、以下タグ等での標準動作はクラウド利用となります。(バケット設定必須)
1523- CLOUD_TARGETを空白(未設定)かDEFAULTとするとローカルストレージを利用します。
1524- ・CLOUD_STORAGE -> CLOUD_TARGET
1525- ・CLOUD_STORAGE_CONTAINER ->CLOUD_BUCKET
1526-
1527- ・削除したクラス
1528- fukurou.model.DefaultFileOperation
1529- fukurou.model.FileOperationFileFilter
1530- ・追加/変更クラス
1531- fukurou.model.CloudFileOperation Abstractから名称変更
1532- fukurou.model.FileOperation
1533- fukurou.model.FileOperationFactory
1534- fukurou.model.FileOperationInfo
1535- fukurou.util.HybsFileFilter (元に戻しておく)
1536- fukurou.util.FileUtil
1537- fukurou.security.HybsCryptography
1538- hayabusa.common.HybsSystem
1539- hayabusa.common.SystemData
1540- hayabusa.io.HybsFileOperationFactory
1541- X plugin.cloud.FileOperation_AWS
1542- X plugin.cloud.FileOperation_AZURE
1543- X plugin.cloud.FileOperation_IBM
1544- X plugin.cloud.FileOperation_ORACLE
1545- X hayabusa.taglib.DirectTableInsertTag
1546- X hayabusa.taglib.DirectWriteTableTag
1547- X hayabusa.taglib.DirectXMLSaveTag
1548- X hayabusa.taglib.DocConvertTag
1549- X hayabusa.taglib.FileOptionTag
1550- X hayabusa.taglib.FileQueryTag
1551- X hayabusa.taglib.FileTag
1552- X hayabusa.taglib.FileUpdateTag
1553- X hayabusa.taglib.FileUploadTag
1554- X hayabusa.taglib.ReadTableTag
1555- X hayabusa.taglib.ReportTableTag
1556- X hayabusa.taglib.ReportTableTag2
1557- X hayabusa.taglib.URLConnectTag
1558- X hayabusa.taglib.WriteTableTag
1559- x hayabusa.sevlet.FileDownload
1560- X hayabusa.sevlet.MultipartRequest
1561- X hayabusa.sevlet.UploadedFile
1562- X hayabusa.sevlet.multipart.FilePart
1563- X hayabusa.report2.ExecQueue
1564- X hayabusa.report2.ExecThread
1565- X hayabusa.report2.QueueManager_DB
1566- X hayabusa.report2.QueueManager_DIRECT
1567- jsp/common/fileDownload.jsp
1568- jsp/common/gamen/14_EDIT/tab.jsp fileDownloadListDef.txtの読み込み元はローカル固定とする
1569- hybs-taglib.tld
1570-
1571- 5.10.8.2 (2019/02/22)
1572- [JSPチェック追加]
1573- tomcat8でjsp:textの子要素としてタグが利用できないため、チェック用に追加しておきます。
1574- なお、AmazonCorretto8+Tomcat8.5でのエンジンV5の実行は確認済です。
1575- gf/jsp/DOC18/xsltV5/GF70_PROG.xsl
1576- gf/jsp/DOC18/xsltV7/GF70_PROG.xsl
1577-
1578- 5.10.8.1 (2019/02/15)
1579- [Gantt修正]
1580- ガントでカレンダーポップアップが正しく動作しない不具合を修正
1581- jsp/common/option/adjustGanttTable.js
1582-
1583-7.0.2.0 (2019/02/19)
1584- [java,tomcat,openoffice等 Verup]
1585- 実行環境の各バージョンをアップします。
1586- openJDK11.0.2
1587- tomcat9.0.16
1588- openoffice4.1.6
1589- LibreOffice_6.1.5
1590-
1591-7.0.1.9 (2019/02/04)
1592- [writableControlカラムのソート]
1593- 問合・トラブル (61200-190131-01)
1594- writableControl機能で、アンダーバーを付けるが、数値カラムの場合、ヘッダーソートすると
1595- 数値変換でエラー(java.lang.NumberFormatException)になる。
1596- DataModelSorter#compareColumn で、数値タイプの場合にアンダーバーがあれば、削除するように変更します。
1597- [数値タイプでwritableControl機能使用時の対応]
1598- fukurou.model.DataModelSorter#compareColumn(int row1,int row2)
1599-
1600- [V5 修正反映]
1601- 5.10.8.0 (2019/02/01)
1602- [クラウドストレージ対応]
1603- ファイルの取り扱いの方法を整理して、クラウドストレージとローカルストレージを同じように扱えるようにします。
1604- このバージョンではストレージを共通で扱うクラスの追加のみを一旦行います。
1605- 利用するタグ等への適用は今後のバージョンで行う予定です。(ファイルアップロードやダウンロード等)
1606- fukurou.model内にインターフェイスやファクトリクラス、標準クラス(ローカル用)を新たに追加します。
1607- クラウドストレージ用のクラスはplugin.cloud内に配置し、AWS,Azure,IBMCloud,OracleCloudのクラスを用意しておきます。
1608- クラウド用プラグインの利用には別途外部Jarが追加で必要なため、GEのChangesも参照ください。
1609- fukurou.model.FileOperation ファイル操作用インタフェイス
1610- fukurou.model.AbstractFileOperation 実装Abstクラス
1611- fukurou.model.DefaultFileOperation 標準ファイル操作用
1612- fukurou.model.FileOperationFactory ファクトリクラス
1613- fukurou.model.FileOperationFileFilter フィルターインタフェイス
1614- fukurou.model.FileOperationInfo ファイルList用Info
1615- X fukurou.util.HybsFileFilter 各クラスへのインターフェイスの追加
1616- hayabusa.io.HybsFileOperationFactory Hayabusaからの利用のためのクラス
1617- X plugin.cloud.FileOperation_AWS
1618- X plugin.cloud.FileOperation_AZURE
1619- X plugin.cloud.FileOperation_IBM
1620- X plugin.cloud.FileOperation_ORACLE
1621-
1622- Ver7 対応
1623- HybsFileFilter の修正は保留。
1624- FileOperation[] listFiles() メソッドをコメントアウトして対応
1625-
1626- X [GF6310 二次元バーコード]
1627- X QRコードの生成ファイル(rqcode.png)が、ブラウザにキャッシュされてしまう件の対応
1628- X ファイルに毎回変更されるパラメータをつけます。
1629- X ついでに、{@SYS.CONTEXT_URL} の後ろの '/' の削除も行います。(7.0.1.6対応分)
1630- X gf/jsp/GF6310/result.jsp
1631- X <img src="{@SYS.CONTEXT_URL}filetemp/{@USER.ID}/rqcode.png?var={@SYS.DATE yyyyMMddHHmmssSSS}" alt="{@TEXT}" />
1632-
1633- [jsp , js , css , tld更新]
1634- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF9110\result.jsp
1635- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\default.css
1636-
1637-7.0.1.8 (2019/01/28)
1638- [Edgeで、ファイルダウンロードの文字化け]
1639- V5 修正反映漏れです。
1640- 5.9.29.0 (2018/02/02)
1641- [ファイルのマルチバイト文字対応]
1642- サーブレットの対応は行っていましたが、forwardタグ側の対応が漏れていたので追加します。(Edge,safari対応)
1643- hayabusa.taglib.ForwardTag#doEndTag()
1644-
1645- [Edgeで、有向グラフのオブジェクトが、範囲外で消える]
1646- 問合・トラブル (61200-190125-01) 【標準GMISV6】Edge環境で有指向グラフが消える
1647- GFサンプル GF7230 で、IE11 では範囲外に移動させるとスクロールが出るが、Edgeでは消える。
1648- スクロールを出すように、各画面で調整してください。
1649- <style type="text/css">
1650- svg { overflow:auto; }
1651- </style>
1652- を入れます。
1653-
1654- [conditionListの判定を、正規表現に変更]
1655- hayabusa.taglib.TableUpdateTag#getParameterRows()
1656- hayabusa.taglib.TableUpdateTag#setConditionList(String list)
1657-
1658- [noinputにimportant 追加]
1659- 問合・トラブル (61200-190129-01)
1660- input[readonly] で、背景色が グレーになるのを抑えるため
1661- gf\src\script\common\default.css
1662- .noinput {
1663- border-style: none;
1664- background: transparent !important;
1665- }
1666-
1667- [jsp , js , css , tld更新]
1668- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7230\result.jsp
1669-
1670-7.0.1.7 (2019/01/21)
1671- [クロステーブルの修正]
1672- 問合・トラブル (61200-181206-01) crossParamタグのheaderCodeColumn属性の使い方
1673- 7.0.1.5 (2018/12/10) で、対応しましたが、useHeaderResource の値設定が間違っており、
1674- ファイル出力と画面出力の整合性が取れていませんでしたので、修正いたします。
1675- [useHeaderResourceの判定が逆になっていた]
1676- plugin.view.ViewForm_HTMLCrossTable#makeCrossTable(DBTableModel table)
1677- [ヘッダー作成時にオリジナルのカラムを使うので、インスタンス変数化します]
1678- plugin.view.ViewForm_HTMLCrossTable#getHeadLine()
1679-
1680- [endorsed7.0 修正]
1681- 問合・トラブル (61200-190118-01) xlsxのExcelが取込できない
1682- endorsed7.0 に、同じ系統のjarファイルが存在しており、その結果、
1683- Could not initialize class org.apache.poi.ooxml.POIXMLTypeLoader エラーが発生しました。
1684- 古いファイルを先に見つけると、そこには指定のクラスが存在しないなど、不整合を起こしていました。
1685- × xmlbeans-2.6.0.jar
1686- xmlbeans-3.0.1.jar
1687- ogJavaFunctions.jar
1688- × jaxb-api-2.2.3.jar
1689- jaxb-api-2.3.0.jar
1690-
1691- [DOC18]
1692- DOC18 JSP解析 に、Ver7 を追加しました。
1693- 判定用のプログラムも、Ver7 用にコピーして用意しました。(現時点では、Ver6と同じ)
1694- gf/jsp/DOC18/query.jsp
1695- gf/jsp/DOC18/xsltV7/
1696-
1697- [V5 修正反映]
1698- 5.10.7.1 (2019/01/15)
1699- 改善 (61200-190107-01) 【GMIS標準】カレンダーマスタ画面修正
1700- [ViewForm_HTMLCalendar修正]
1701- カレンダーViewは1件の場合にチェックボックスを出さない仕様になっていましたが、
1702- 2件以上との場合とのUI共通化のためチェックボックスを出すようにしておきます。
1703- plugin.view.ViewForm_HTMLCalendar#create( final int startNo, final int pageSize )
1704-
1705- 問合・トラブル (61200-190115-01) POPUPの不具合
1706- POPUPでQUERYの高さ調整がされていない。
1707- 原因:jQueryのバージョン問題のようです。
1708- V1.4.2 OK
1709- V1.12.4 NG
1710- [jQuery1.12対応]
1711- 一部のスクリプトがJQuery1.4のみに対応で、1.12に対応していなかったため修正します。
1712- (DOM構築までの間にbodyのwidthが返す値が1.4と1.12で異なる)
1713- jsp/common/scrollBar2.js#$.hgrid.load
1714- jsp/common/queryScript.js#adjustFrameHeightSleep(),onload
1715- jsp/common/option/adjustGanttTable.js#adjustTable()
1716- jsp/common/option/adjustGanttTable.js#adjustGantt()
1717- jsp/common/option/adjustGanttTable.js#adjustTask()
1718-
1719- 5.10.7.0 (2019/01/11)
1720- [メールデーモンエラー表示]
1721- メールエラー時に詳細が出力されるように変更しておきます。
1722- plugin.daemon.MailDaemon#startDaemon()
1723- plugin.daemon.MailDaemon_SendGridAPI#startDaemon()
1724-
1725- [メールモジュール修正]
1726- GE30のSelect文で、Oracleに非対応の書き方をしている箇所があったため修正します。
1727- hayabusa.mail.MailManager_DB#selGE30
1728-
1729- [jsp , js , css , tld更新]
1730- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld
1731- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\DOC18\query.jsp
1732- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF6050\query.jsp
1733- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF6100\query.jsp
1734- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF9110\index.jsp
1735- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld
1736- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\option\adjustGanttTable.js
1737- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\queryScript.js
1738- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\scrollBar2.js
1739-
1740-7.0.1.6 (2018/12/25)
1741- ※ 2019/01/15 ge.war やSVN等のbuild.xml設定不備のため、再コンパイルと再圧縮を行います。
1742-
1743- [GF6310 二次元バーコード]
1744- QRコードの生成ファイル(rqcode.png)が、ブラウザにキャッシュされてしまう件の対応
1745- ファイルに毎回変更されるパラメータをつけます。
1746- ついでに、{@SYS.CONTEXT_URL} の後ろの '/' の削除も行います。
1747- gf/jsp/GF6310/result.jsp
1748- <img src="{@SYS.CONTEXT_URL}filetemp/{@USER.ID}/rqcode.png?var={@SYS.DATE yyyyMMddHHmmssSSS}" alt="{@TEXT}" />
1749- ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1750- ↑ ↑
1751-
1752- [帳票レイアウト定義の入力項目]
1753- 問合・トラブル (61200-181225-01)
1754- レイアウト定義(REP03)の変更時、リリースノートが入力不可だったので、入力可能にします。
1755- また、他の画面と同様に、設変番号を入力不可に統一しておきます。
1756- ge/jsp/REP03/result.jsp
1757-
1758- [tableId から取得する対応漏れ]
1759- hayabusa.taglib.ChartDatasetTag#doStartTag()
1760-
1761-7.0.1.5 (2018/12/10)
1762- [LINECOPYでの注意(JavaDocのみ追記)]
1763- 改善 (05200-181207-04) CALC帳票の「LINECOPY」機能
1764- これは、コメントのみ修正です。
1765- hayabusa.report2.OdsSheet#lineCopy(String row,int rowCount)
1766-
1767- * 7.0.1.5 (2018/12/10)
1768- * LINECOPYでは、同一行をコピーするため、セルの選択行(A5とか$C7とか)までコピーされ
1769- * 行レベルの計算が出来ません。その場合は、INDIRECT(ADDRESS(ROW(),列番号))関数を
1770- * 使用することでセルのアドレスが指定可能です。
1771- * 列番号は、A=1 です。
1772-
1773- [headerCodeColumn 廃止]
1774- 問合・トラブル (61200-181206-01) crossParamタグのheaderCodeColumn属性の使い方
1775- plugin.view.ViewForm_HTMLCrossTable#getHeadLine()
1776- headerCodeColumn 【TAG】ヘッダー表示に利用するコードを持つカラムを指定します(初期値:空文字列)
1777-
1778- [useHeaderColumn=true で、横軸カラムオブジェクトを置換します]
1779- plugin.view.ViewForm_HTMLCrossTable#makeCrossTable(DBTableModel table)
1780-
1781- [writeCtrlで出力時のアンダーバー削除]
1782- 問合・トラブル (61200-181210-01) writableControl機能を利用した場合のExcel出力について(アンダーバーが付いた状態でExcel出力されます)
1783- writableControlで、renderer(ファイルダウンロードでは画面表示)使用時のみ、アンダーバーを削除して出力します。
1784- hayabusa.db.DBColumn#DBColumn(String lang,ColumnData clmData,LabelData lblData,CodeData cdData)
1785- hayabusa.db.DBColumn#DBColumn(DBColumnConfig config)
1786- hayabusa.db.DBColumn#getConfig()
1787- hayabusa.db.DBColumnConfig#setWriteControl(boolean flag)
1788- hayabusa.db.DBColumnConfig#isWriteControl()
1789- hayabusa.html.AbstractViewForm#setWritableControl(String wrtCtrl)
1790- hayabusa.db.DBColumn#getWriteValue(String value)
1791-
1792- [名前とラベルだけ異なるLabelDataオブジェクトを作成します]
1793- hayabusa.resource.LabelData#LabelData(String inkey)
1794- hayabusa.resource.LabelData#LabelData(String inkey,String inLbl)
1795-
1796- [GE/GE0000/index.jsp 修正]
1797- 問合・トラブル (61200-181206-02) 小分類の管理のリンク先について
1798- これは、ge/index.jsp で、GAMENID ありの時=menu/matrixMenu.jsp 、無しのとき=GAMENID に転送されます。
1799- GMICSのvvリソースで、管理画面のアドレスが、GAMENID=GE0000 になっており、
1800- ge/jsp/GE0000/index.jsp の定義が、topMenuタグのmenuType = "TILE" でした。
1801- これが、小分類から入る場合と、画面リンクから入る場合の相違になっていました。
1802- ge/jsp/GE0000/index.jsp を、menu/matrixMenu.jsp を呼び出すように変更します。
1803- ge/jsp/GE0000/index.jsp
1804-
1805- [全体会議 GMICS 開発における留意点より]
1806- gf\jsp\DOC18\xsltV6\GF70_PROG.xsl
1807- ? 非表示項目の設定方法(Edit機能関連) でのテーブルのヘッダーには「display:none」を設定しないチェック追加
1808- ERROR25 追加
1809- og:theadの子要素の <xsl:value-of select="name()" /> タグで、style='display:none' を記述すると、edit機能使用時に画面に表示されてしまいます。
1810- ? 左右分割画面の留意点(Edit機能関連)
1811- CAUTION07A
1812- クロステーブルを使用する際は、画面リソースのモード3桁目に「f」を指定し、Edit機能の表示項目設定を使用しないで下さい。
1813- CAUTION07B
1814- 左右分割スクロールを使用する際は、画面リソースのモード3桁目に「f」を指定し、Edit機能の表示項目設定を使用しないで下さい。
1815-
1816- [GE54 帳票定義マスタ]
1817- FGDIRECT 廃止
1818- ALTER TABLE GE54 DROP COLUMN FGDIRECT
1819-
1820- ge\jsp\GE0009\result_report.jsp(81): select LISTID,LISTNAME,MODELDIR,MODELFILE,FGCUT,HSQL,FSQL,BSQL,COMMENTS,FGLOCAL,FGDIRECT,RDC_CODE,RELEASE_NOTES,SYSTEM_ID,FGJ,DYUPD
1821- ge\jsp\REP05\copy.jsp(55): columnWritable = "SYSTEM_ID,LISTID,LISTNAME,MODELDIR,MODELFILE,FGCUT,COMMENTS,RELEASE_NOTES,FGDIRECT,FGLOCAL"
1822- ge\jsp\REP05\modify.jsp(52): columnWritable = "LISTNAME,MODELDIR,MODELFILE,FGCUT,COMMENTS,RELEASE_NOTES,FGLOCAL,FGDIRECT"
1823- ge\jsp\REP05\modifySQL.jsp(53): 廃止
1824- ge\jsp\REP05\query.jsp(36): <og:column name="FGDIRECT" />
1825- ge\jsp\REP05\result.jsp(37): LISTID,LISTNAME,MODELDIR,MODELFILE,FGCUT,COMMENTS,FGLOCAL,FGDIRECT,SYSTEM_ID,
1826-
1827- hayabusa\report\ReportConverter.java(75): private boolean fgDIRECT ; // 0:未使用 1:使用 4.0.0 (2005/01/31)
1828- hayabusa\report\ReportConverter.java(80): "SELECT MODELDIR,MODELFILE,FGCUT,HSQL,FSQL,BSQL,FGLOCAL,FGDIRECT,SYSTEM_ID" + // 4.0.0 (2005/01/31)
1829- hayabusa\report\ReportConverter.java(93): private static final int GE54_FGDIRECT = 7;
1830- hayabusa\report\ReportConverter.java(213): // modeldir,modelfile,fgcut,hsql,fsql,bsql,fglocal,fgdirect,system_id
1831- hayabusa\report\ReportConverter.java(254): fgDIRECT= vals[row][GE54_FGDIRECT] != null && vals[row][GE54_FGDIRECT].trim().equals( "1" ) ;
1832- hayabusa\report\ReportConverter.java(283): // 4.0.0 (2005/01/31) FGDIRECT 指定時は、where 条件は、null になります。
1833- hayabusa\report\ReportConverter.java(284): final String[] where = fgDIRECT ? null : new String[] { SYSTEM_ID , YKNO } ;
1834- fukurou\taglet\DocletPlugin.java(58): DBTableReport の定義削除
1835-
1836- EXCEL帳票系のクラスを削除します。
1837- hayabusa\taglib\ReportTableTag.java(reportタグ) 廃止
1838- hayabusa\report\AbstractDBTableReport.java 廃止
1839- hayabusa\report\DBTableReport_Excel.java 廃止
1840- hayabusa\report\DBTableReport_HTML.java 廃止
1841- hayabusa\report\ReportConverter.java 廃止
1842- hayabusa\report\ReportProcessing.java 廃止
1843- plugin\daemon\Daemon_Report.java 廃止
1844- jsp/ge/REP08 廃止
1845-
1846- [jsp , js , css , tld更新]
1847- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld
1848- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF6070\query.jsp
1849- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF6070\result_sample1.jsp
1850- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF6070\result_sample2.jsp
1851- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF6070\result_sample3.jsp
1852- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF6070\result_sample4.jsp
1853- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF6070\result_sample5.jsp
1854- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF9999\result.jsp
1855- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF9999\update.jsp
1856- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\08_DBUPDATE\update.jsp
1857- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld
1858- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\option\html5modalDialog.js
1859-
1860- [V5 修正反映]
1861- 5.10.6.2 (2018/12/14)
1862- [HTML5ポップアップ閉じるボタン修正]
1863- ポップアップ右上の閉じるボタンをドラッグすると、ウインドウの位置が意図せずに変わってしまいますが、
1864- 動かないように修正します。
1865- jsp/common/option/html5modalDialog.js#showModalDialog(tgturl, args, options, p_this,p_out_Array,p_append)
1866-
1867- 5.10.6.1 (2018/12/10)
1868- [メッセージリソース整理]
1869- Ver.6,7に合わせるためMSG0087をMSG0092に変更し、残りのメッセージも追加しておきます。
1870- <LNAME>ユニークキーのカラムを指定していない場合はテーブル上の全件が変更、削除対象になります</LNAME>
1871-
1872- [システムリソースURL_CHECK_CRYPT追加]
1873- 過去のバージョン(5.8.8.0)で追加した機能で利用するシステムリソースを空文字で追加しておきます。
1874- hayabusa.common.SystemData#URL_CHECK_CRYPT
1875-
1876- 5.10.6.0 (2018/12/07)
1877- ★問合・トラブル (61200-181130-01) カレンダーのPOPUPの表示について
1878- [HTML5ポップアップ修正]
1879- 5.10.3.0の修正の影響で、カレンダーポップアップが本来の動作をするようになりましたが、
1880- ポップアップの位置を左上固定とした方が使いやすいという意見があったため修正します。
1881- (以前と異なり、ブラウザ内で表示されるため)
1882- jsp/common/option/html5modalDialog.js#ogPopup
1883-
1884- ★問合・トラブル (05200-181206-04) DB登録処理画面(08_DBUPDATE)の仕様確認依頼
1885- [08_DBUPDATE修正]
1886- 検索時にユニークキーを設定していない状態で物理削除を行うとテーブル全件削除となるため、
1887- 注意メッセージ(MSG0087)を表示するようにしておきます。
1888- jsp/common/gamen/08_DBUPDATE/update.jsp
1889-
1890- ★問合・トラブル (61200-181205-01) og:ganttHeaderの週枠の月表示について
1891- [ガントチャート修正]
1892- 月を跨ぐ週の月表示が正しく表示されないパターンがあったので修正します。
1893- hayabusa.taglib.GanttHeaderTag#makeZoom2( final int add )
1894-
1895-7.0.1.4 (2018/11/26)
1896- [FAQ修正]
1897- 6.9.8.3 (2018/07/23) -> 5.10.1.0 (2018/06/29) で対応した[FAQと新着画面]で
1898- コメントアウトの重複があったので、修正しました。
1899- \jsp\common\gamen\22_FAQ\result.jsp
1900-
1901- [ATIME,BTIME 追加]
1902- fukurou.system.DateSet#DateSet()
1903-
1904- [FileFilter を利用して、フォルダの絞り込みを行う]
1905- fukurou.util.FileUtil#getFileList(File dir,FileFilter filter,boolean sort,List list,boolean isCopy)
1906-
1907- [autocomplete="off" を初期設定します]
1908- plugin.column.Editor_DATALIST#Editor_DATALIST(DBColumn clm)
1909-
1910- [初期自動インストール(oldMaxVersion == "none")時でも、loadXMLScript(Update)とdbXMLResourceInsert は行う]
1911- hayabusa.common.SystemInstaller#autoInsUpd(String systemId,String context,String hostUrl)
1912-
1913- [jsp , js , css , tld更新]
1914- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\22_FAQ\result.jsp
1915-
1916-7.0.1.3 (2018/11/12)
1917- [ge/REP05] 問合・トラブル (61200-181107-01) 帳票雛形定義のローカルリソース
1918- 追加時、「ローカルリソース」「ダイレクト」が反映されないバグを修正
1919- 項目追加時に、変更(modify.jsp)は、上記カラム対応しましたが、
1920- 追加(copy.jsp)への反映忘れ。
1921- ge/jsp/REP05/copy.jsp
1922-
1923- [QUERY_ZOKUSEI リソース]
1924- 1.QUERY_ZOKUSEIリソースを廃止し、OPE カラムをコードリソースとして追加します。
1925- OPE.ADD 加算 加算 +
1926- OPE.AND 論理積 論理積 &
1927- OPE.AVE 平均 平均 μ
1928- OPE.BW 範囲指定 範囲指定 〜
1929- OPE.DIV 除算 除算 ÷
1930- OPE.EQ 等しい 等しい =
1931- OPE.GE 以上(>=) 以上(>=) ≧
1932- OPE.GT より大きい より大きい >
1933- OPE.LE 以下(<=) 以下(<=) ≦
1934- OPE.LK1 で始まる で始まる V*
1935- OPE.LK2 で終わる で終わる *V
1936- OPE.LK3 を含む を含む *V*
1937- OPE.LT 未満(<) 未満(<) <
1938- OPE.MAX 最大 最大 Max
1939- OPE.MID 中央 中央 Mid
1940- OPE.MIN 最小 最小 Min
1941- OPE.MOD 余り 余り %
1942- OPE.MUL 乗算 乗算 ×
1943- OPE.NEA ほぼ等しい ほぼ等しい ≒
1944- OPE.NEQ 不一致 不一致 ≠
1945- OPE.NOT 否定 否定 !
1946- OPE.OR 論理輪 論理輪 |
1947- OPE.PLMI 加減 加減 ±
1948- OPE.STDEV 標準偏差 標準偏差 σ
1949- OPE.SUB 減算 減算 −
1950- OPE.SUM 総和 総和 Σ
1951-
1952- [帳票関連のリソース作成の停止]
1953- resourceGE7.0.1.3.jar 作成で、GE50〜GE58 の帳票関連リソースを抜き出していましたが、停止します。
1954- build.xml
1955-
1956- [BB 引数に NO追加]
1957- fukurou.util.HybsDateUtil#getDateFormat(String key,String prmA,String prmB,int intC)
1958- fukurou.util.HybsDateUtil#calendarCalc(Calendar now,String prmB,int intC)
1959-
1960- [EXEC_SQLで、";" で複数のSQL文に分割、実行します]
1961- fukurou.xml.HybsXMLSave#actionExecSQL(TagElement tag)
1962- fukurou.xml.HybsXMLSave#getExecSQLs(String sqlText)
1963-
1964- [MID_CLM(最小値と最大値の中間の値)のキーワード追加]
1965- plugin.table.TableFilter_KEY_BREAK#execute()
1966- plugin.table.TableFilter_KEY_BREAK#getMiddle(double min,double max)
1967- plugin.table.TableFilter_KEY_BREAK#TableFilter_KEY_BREAK()
1968-
1969- [useStop 属性は、useTagが有効の場合のみ判定する]
1970- hayabusa.taglib.TextTag#doEndTag()
1971-
1972- [var 変数に設定する配列情報を、bufに追加します]
1973- hayabusa.taglib.JsChartTag#setVarArray(StringBuilder buf,String key,int cnt,boolean isQuote,IntFunction func)
1974-
1975- [バッファキー検索処理追加、markColors,xmarkColors属性に、VIVID,PASTELカラー指定に対応します]
1976- hayabusa.taglib.JsChartTag#jsChartOutput()
1977- hayabusa.io.JsChartData#contains(String bufKey,String key)
1978-
1979- [引数に応じたColorMap のキー配列を返す]
1980- fukurou.util.ColorMap#getColorKeys(String colKey)
1981-
1982- [最後のデータの処理を行うために、row<=rowCnt と1回余計に回す対応]
1983- plugin.table.TableFilter_KEY_BREAK#getKeys(int[] clms,String[] rowData)
1984-
1985- [点線のスタイル追加]
1986- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setBorderDash(String dash)
1987-
1988- [色コードの配列を返すメソッド追加]
1989- hayabusa.taglib.JsChartTag#colorCsv(String colCsv,int len)
1990-
1991- [色情報を返すメソッドを集約します]
1992- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setBorderOrBackColor(int cnt)
1993- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#makeColor(String colKey,int cnt)
1994- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setFontColor(String fontColor)
1995- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setGridColor(String gridColor)
1996-
1997- [色指定に、VIVID,PASTEL を使えるようにします]
1998- hayabusa.taglib.JsChartTag#setMarkColors(String mkCols)
1999- hayabusa.taglib.JsChartTag#setXmarkColors(String mkCols)
2000-
2001-X 廃止:文字型で比較すると2018のほうが大きくなってしまう。
2002-X [keys,valsをMapに変更。BUILD_TYPEのビルド番号を100秒単位に変更]
2003-X fukurou.system.BuildNumber.master
2004-X fukurou.system.DateSet
2005-
2006- [jsp , js , css , tld更新]
2007- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld
2008- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\query.jsp
2009- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample15A.jsp
2010- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample15B.jsp
2011- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample2.jsp
2012- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample8.jsp
2013- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample9.jsp
2014- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\sample15B_ajax.jsp
2015- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld
2016-
2017- [V5 修正反映]
2018- 5.10.5.1 (2018/11/09)
2019- [Calc帳票修正]
2020- 0始まり整数を文字列として判定していますが、10桁以上の場合に数値となっていました。
2021- INTだけでなくLONGも同様に扱います。
2022- hayabusa.report2.OdsContentParser#getNativeType( final String key, final String val )
2023-
2024- [ge/REP05] 問合・トラブル (61200-181107-01) のこと。
2025- X [帳票雛形定義修正]
2026- X 追加時、「ローカルリソース」「ダイレクト」が反映されないバグを修正
2027- X ge/jsp/REP05/copy.jsp
2028-
2029-7.0.1.2 (2018/11/04)
2030- ※ このバージョンは、リリースされていません。
2031-
2032- [Renderer_RICHLABEL対応]
2033- plugin.column.Renderer_SLABEL#Renderer_SLABEL(String size)
2034-
2035- [StringBuilder で、若干の見直し]
2036- hayabusa.taglib.OrderByTag#makeTag()
2037-
2038- [clickLink]
2039- jsp\common\option\chartOptions.js#clickLink = function( event,obj,link,frame ){
2040- X軸の値を、{CLM}、クリックした値を {VAL}、選択したデータのインデックスを、{IDX} 変数にセットします。
2041-
2042- [chartJSの chartjs-plugin-streaming.min.js を、追加します]
2043- hayabusa.taglib.HeadTag#doEndTag()
2044-
2045- [ylabelColor,y2label,y2labelColor属性の追加]
2046- hayabusa.taglib.JsChartTag#release2()
2047-
2048- [属性の追加]
2049- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setOptDataset(String attri)
2050- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setOptAxis(String attri)
2051- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setOptTicks(String attri)
2052- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setOptScaleLabel(String attri)
2053- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setOptGridLines(String attri)
2054- hayabusa.taglib.JsChartTag#setOptAxis(String attri)
2055- hayabusa.taglib.JsChartTag#setOptTicks(String attri)
2056- hayabusa.taglib.JsChartTag#setOptScaleLabel(String attri)
2057- hayabusa.taglib.JsChartTag#setOptGridLines(String attri)
2058-
2059- [属性名変更]
2060- hayabusa.taglib.JsChartTag#setOptOptions(String attri)
2061- hayabusa.taglib.JsChartTag#setOptChart(String attri)
2062-
2063- [新規登録]
2064- fukurou.model.DataModelSorter#compareColumn(int row1,int row2)
2065- fukurou.model.DataModelSorter#getIndexes()
2066- fukurou.model.DataModelSorter#isAscending()
2067- fukurou.model.DataModelSorter#DataModelSorter()
2068- fukurou.model.DataModelSorter#reallocateIndexes()
2069- fukurou.util.HybsDateUtil#toYmd(String ymd,String format)
2070- hayabusa.db.DBTableModelSorter#sortByColumn(int column,boolean ascending)
2071- hayabusa.db.DBTableModelSorter#modelChange()
2072- hayabusa.db.DBTableModelSorter#setModel(DBTableModel model)
2073- hayabusa.db.DBTableModelSorter#sortByColumn(int column)
2074- hayabusa.io.JsChartData#nval(ConcurrentMap map,String key)
2075- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setSpanGaps(String flag)
2076- hayabusa.taglib.JsChartTag#setXposition(String pos)
2077- hayabusa.taglib.JsChartTag#setVarColumns(String clms)
2078-
2079- [色番号をCSVで指定できるようにします]
2080- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setColorNo(String colorNo)
2081-
2082- [JavaDoc 説明修正]
2083- コンストラクターとのみ記載(一部、デフォルトコンストラクターと誤記)の説明を
2084- DBColumnオブジェクトを指定したprivateコンストラクター。 に統一します。
2085- 詳細は、refactoring/7.0.1.2_refactoring.txt です。
2086-
2087- [jsp , js , css , tld更新]
2088- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld
2089- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\query.jsp
2090- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample1.jsp
2091- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample12.jsp
2092- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample13.jsp
2093- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample14.jsp
2094- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample15.jsp
2095- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample2.jsp
2096- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample3.jsp
2097- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample4.jsp
2098- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample5.jsp
2099- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample6.jsp
2100- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample7.jsp
2101- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample8.jsp
2102- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample9.jsp
2103- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\sample15_ajax.jsp
2104- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld
2105- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\option\chartOptions.js
2106-
2107- [V5 修正反映]
2108- V7 では、リソースで設定するため修正不要です。
2109- X 5.10.5.0 (2018/11/02)
2110- X リリース用バージョン番号
2111- X
2112- X 5.10.4.2 (2018/10/19)
2113- X [RICHLABELのショートラベル指定]
2114- X RICHLABELに対して1以上の値を属性として指定した場合、ショートラベルとして表示されるようにしておきます。
2115- X これは、通常のショートラベルとして表示した場合にタグが邪魔になるためですが、
2116- X 需要としては少ないため、専用のレンデラーを作成せずに属性値指定の対応としておきます。
2117- X RICHLABELを利用しているcommonもSLABELからこちらに変更しておきます。
2118- X plugin.column.Renderer_RICHLABEL
2119- X jsp/common/gamen/21_WHTSNEW/result.jsp
2120- X jsp/common/gamen/23_FAQRGST/result1.jsp
2121-
2122-7.0.1.1 (2018/10/22)
2123- ※ このバージョンは、リリースされていません。
2124-
2125- [DATE.DIFF 追加]
2126- {@DATE.DIFF AA BB CC} の機能追加を行います。
2127- これは、日付の差:(AA-BB)を求めます。
2128- 結果は、CC 引数の数値で異なります。
2129- それぞれ、@ 付きのパラメータが使用できます。
2130-
2131- XXXX → DIFF
2132- AA → 第一引数となる日付(yyyyMMddか、yyyyMMddHHmmssのどちらか)
2133- BB → 第二引数となる日付(yyyyMMddか、yyyyMMddHHmmssのどちらか)
2134- CC → 1:年 2:月 3:日 4:時 5:分 6:秒
2135-
2136- fukurou.util.HybsDateUtil#getDateFormat(String key,String prmA,String prmB,int intC)
2137- fukurou.util.HybsDateUtil#calendarDiff(Calendar timeA,String prmB,int intC)
2138-
2139- [JsChartDataオブジェクトを使用]
2140- hayabusa.taglib.JsChartTag#setXlabel(String xlabel)
2141- hayabusa.taglib.JsChartTag#setXscaleCallback(String callback)
2142- hayabusa.taglib.JsChartTag#setXscaleType(String xscaleType)
2143- hayabusa.taglib.JsChartTag#setXbeginAtZero(String xZero)
2144- hayabusa.taglib.JsChartTag#setXmax(String xmax)
2145- hayabusa.taglib.JsChartTag#setXmin(String xmin)
2146- hayabusa.taglib.JsChartTag#setXstepSize(String xstepSize)
2147- hayabusa.taglib.JsChartTag#setTimeSetFormat(String tFormat)
2148- hayabusa.taglib.JsChartTag#setTimeLblFormat(String tLblFormat)
2149- hayabusa.taglib.JsChartTag#setTimeMax(String tmax)
2150- hayabusa.taglib.JsChartTag#setTimeMin(String tmin)
2151- hayabusa.taglib.JsChartTag#setTimeUnit(String tunit)
2152- hayabusa.taglib.JsChartTag#setTimeUnitStepSize(String tunitStepSize)
2153- hayabusa.taglib.JsChartTag#setTooltipFormat(String tipFormat)
2154-
2155- [data:datasets: パラメータ変数名]
2156- hayabusa.io.JsChartData#getDatasetKey()
2157-
2158- [data:datasets: パラメータ情報]
2159- hayabusa.io.JsChartData#getDataset()
2160-
2161- [markWidth,markDash,markFontSize属性の追加]
2162- hayabusa.taglib.JsChartTag#setMarkWidth(String width)
2163- hayabusa.taglib.JsChartTag#setMarkDash(String dash)
2164- hayabusa.taglib.JsChartTag#setMarkFontSize(String size)
2165-
2166- [options:scales:yAxes: パラメータ情報]
2167- hayabusa.io.JsChartData#getAxis()
2168-
2169- [options:scales:yAxes:パラメータ情報の変数名]
2170- hayabusa.io.JsChartData#getAxisKey()
2171-
2172- [rightAxis 属性の追加]
2173- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#doEndTag()
2174- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#release2()
2175-
2176- [useAxis 属性の追加]
2177- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setUseAxis(String use)
2178-
2179- [xmarkValues,xmarkColors属性の追加]
2180- hayabusa.taglib.JsChartTag#setXmarkValues(String mkVals)
2181- hayabusa.taglib.JsChartTag#setXmarkColors(String mkCols)
2182- hayabusa.taglib.JsChartTag#release2()
2183- hayabusa.taglib.JsChartTag#jsChartOutput()
2184-
2185- [このスクリプトの中に入れたい文字があれば、登録できるようにします]
2186- hayabusa.taglib.JsChartTag#doAfterBody()
2187-
2188- [ビビッドとパステルの全24色を対象とします]
2189- fukurou.util.ColorMap#getColorInstance(String value)
2190- fukurou.util.ColorMap#getColorInstance(int no)
2191- fukurou.util.ColorMap#getColorKey(int no)
2192- fukurou.util.ColorMap#getColorKey(String sno)
2193- fukurou.util.ColorMap#getColorKeys()
2194- fukurou.util.ColorMap#getVibidKey(int no)
2195- fukurou.util.ColorMap#getVibidKeys()
2196-
2197- [初期値は、デフォルト(出力しない)に変更]
2198- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setTension(String tension)
2199-
2200- [属性に、'!' を使用できるようにします]
2201- hayabusa.taglib.CommonTagSupport#setCaseIf(String cif)
2202-
2203- [属性の追加]
2204- hayabusa.io.JsChartData#setId(String id)
2205- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setId(String id)
2206- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setPosition(String pos)
2207- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setScaleType(String type)
2208- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setYlabel(String label)
2209- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setBeginAtZero(String atZero)
2210- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setFontColor(String fontColor)
2211- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setScaleCallback(String callback)
2212- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setMax(String max)
2213- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setMin(String min)
2214- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setStepSize(String stepSize)
2215- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setTicks(String ticks)
2216- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setGridColor(String gridColor)
2217- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setGridLines(String gridLines)
2218- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setCategoryList(String categoryList)
2219- hayabusa.taglib.JsChartDataTag#setAxisOptions(String attri)
2220-
2221- [新規追加]
2222- fukurou.util.ArraySet#toString()
2223- fukurou.util.ArraySet#ArraySet(Object[] elements)
2224- hayabusa.taglib.JsChartTag#isOneColor()
2225- hayabusa.taglib.JsChartTag#setValueQuot(String flag)
2226-
2227- [ロジック見直し]
2228- plugin.table.TableFilter_KEY_BREAK#execute()
2229-
2230- [jsp , js , css , tld更新]
2231- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld
2232- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF6460\query.jsp
2233- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF6460\result.jsp
2234- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\query.jsp
2235- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample1.jsp
2236- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample10.jsp
2237- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample11.jsp
2238- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample12.jsp
2239- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample13.jsp
2240- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample14.jsp
2241- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample2.jsp
2242- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample3.jsp
2243- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample4.jsp
2244- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample5.jsp
2245- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample6.jsp
2246- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample7.jsp
2247- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample8.jsp
2248- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample9.jsp
2249- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\gamen\01_ADMIN\printSystemParameter.jsp
2250- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld
2251-
2252-7.0.1.0 (2018/10/15)
2253- [JQueryのバージョン設定用属性]
2254- 切替を、システムリソースのVIEW_USE_OLD_JQUERY で行います。
2255- 従来、VIEW_USE_JQUERY12 で、v1.4.2 と、1.12.4 の切替ができるようになっていましたが、
2256- バージョン管理が煩雑なので、旧か新かで判定するようにします。
2257- * VIEW_USE_JQUERY1,VIEW_USE_JQUERY12,VIEW_USE_JQUERY22,VIEW_USE_JQUERY33 は、独立した変数で、それぞれ、
2258- * true に設定すると各バージョンの jQuery がインポートされます。組み込み順は、バージョンの古い順のため、
2259- * 最後が優先(新しいバージョンが優先)されます。
2260- hayabusa.taglib.HeadTag#setUseJquery1(String flag)
2261- hayabusa.taglib.HeadTag#setUseJquery12(String flag)
2262- hayabusa.taglib.HeadTag#setUseJquery22(String flag)
2263- hayabusa.taglib.HeadTag#setUseJquery33(String flag)
2264- hayabusa.common.SystemData#VIEW_USE_JQUERY_UI = "false" ;
2265- hayabusa.common.SystemData#VIEW_USE_JQUERY1 = "false" ;
2266- hayabusa.common.SystemData#VIEW_USE_JQUERY12 = "true" ;
2267- hayabusa.common.SystemData#VIEW_USE_JQUERY22 = "false" ;
2268- hayabusa.common.SystemData#VIEW_USE_JQUERY33 = "false" ;
2269-
2270- [jQueryのバージョン指定(useJquery1,useJquery22,useJquery33) 追加]
2271- jQueryのバージョンを、v1.4.2 から、3.3.1 にアップします。
2272- hayabusa.taglib.HeadTag#doEndTag()
2273- hayabusa.taglib.HeadTag#release2()
2274- src\script\common\jquery\jquery-3.3.1.min.js
2275- src\script\common\jquery\jquery-migrate-3.0.0.min.js
2276-
2277- [新規作成]
2278- fukurou.util.Attributes#getCssFormat()
2279- hayabusa.taglib.DragDiv#doEndTag()
2280- hayabusa.taglib.DragDiv#release2()
2281- hayabusa.taglib.DragDiv#setNames(String nms)
2282- hayabusa.taglib.DragDiv#DragDiv()
2283- hayabusa.taglib.DragDiv#doStartTag()
2284- hayabusa.taglib.DragViewTag#DragViewTag()
2285- hayabusa.taglib.DragViewTag#doStartTag()
2286- hayabusa.taglib.DragViewTag#doEndTag()
2287- hayabusa.taglib.DragViewTag#release2()
2288-
2289- [TagBufferクラス書き換え]
2290- TagBuffer クラスの中身を全面的に見直しています。また、過去のTagBufferと互換性を取るための
2291- メソッドも残していますが、順次、削除していく予定です。
2292- fukurou\util\TagBuffer.java
2293-
2294- [divタグの作成に、TagBuffer利用]
2295- plugin.column.Renderer_COLOR#getValue(String value)
2296-
2297- [style属性の作成に、TagBuffer利用]
2298- plugin.column.Editor_COLOR#getValue(String value)
2299- plugin.column.Editor_COLOR#getValue(int row,String value)
2300-
2301- [リロード設定用属性]
2302- hayabusa.taglib.HeadTag#setRefresh(String time)
2303-
2304- [XHTML → HTML5 対応(空要素の、"/>" 止めを、">" に変更します)]
2305- 詳細は、refactoring/7.0.1.0_refactoring.txt です。
2306-
2307- ※ 【注意】
2308- 今回、HTML5 に出来るだけあわせるため、空要素のタグを、"/>" ではなく、">" で止めることにします。
2309- area,base,br,col,command,embed,hr,img,input,keygen,link,meta,param,source,track,wbr
2310- のタグが対象です。
2311- それ以外のタグは、BODY要素が無くても、<タグ名></タグ名> 形式にします。
2312-
2313- [時間のツールチップに使用するフォーマット(タイムスケール用)]
2314- hayabusa.taglib.JsChartTag#setTooltipFormat(String tipFormat)
2315-
2316- [色変換に、元の色の変動を吸収するマスク属性追加]
2317- fukurou.util.ImageUtil#changeColor(BufferedImage img,Color fCol,Color tCol,int mask)
2318- fukurou.util.ImageUtil#main(String[] args)
2319-
2320- [カラーピッカー]
2321- カラーピッカーを、jQuery1.9 以降 に対応させます。
2322- src/script/common/eventScript.js
2323- /* @og.rev 7.0.1.0 (2018/10/15) jQuery1.9 以降は、live が廃止(live → on) */
2324-
2325- [廃止属性の物理削除]
2326- タグリブの保留にしていた廃止属性を削除いたします。
2327- HeadTag#setUseTabstrip( final String flag ) { useTabstrip
2328- QueryButtonTag#setUseCrear( final String flag ) { useCrear
2329- FrameTag#setMarginwidth( final String marginwidth ) { marginwidth
2330- FrameTag#setMarginheight( final String marginheight ) { marginheight
2331- FrameTag#setScrolling( final String scrolling ) { scrolling
2332-
2333- [時間のツールチップに使用するフォーマット(タイムスケール用)]
2334- hayabusa.taglib.JsChartTag#setTooltipFormat(String tipFormat)
2335- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample5.jsp
2336- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample8.jsp
2337-
2338- [Chart 関係の JavaScriptモジュール更新]
2339- Chart.min.js Version: 2.7.1 → Version: 2.7.2
2340- chartjs-plugin-zoom.min.js Version: 0.6.3 → Version: 0.6.5
2341- moment.min.js Version: 2.13.0 → Version: 2.22.2
2342- jsp\common\jquery\moment.js 廃止 (jsp\common\option\moment.min.js をheadタグでincludeしているはず)
2343-
2344- [inputのreadonlyのCSSカスタマイズ]
2345- readonly属性をつけても、背景色等が変わらないので、判りにくい。
2346- input[readonly] による、属性セレクタを追加します。
2347- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\default.css
2348-
2349- [21_WHTSNEW]
2350- 21_WHTSNEW の NAIYO の editor="RICHTEXT" を廃止、リソースで、TEXTAREA と RICHTEXT を
2351- 選択できるようにしました。
2352- また、TEXTAREA の初期値を、param に、10,60 で登録しました。
2353- result.jsp で、NAIYO が未使用なのに、columnEditor で、renderer="SLABEL" を指定していたため、
2354- リソース設定でエラーになっていたので、訂正しました。
2355- jsp\common\gamen\21_WHTSNEW\result.jsp
2356- jsp\common\gamen\21_WHTSNEW\update.jsp
2357-
2358- [LibreOffice_6.1.2対応]
2359- openOfficeの代用として、LibreOffice で帳票システムが動作するように設定しました。
2360- 簡単な動作確認は出来ましたが、詳細な確認は出来ていません。
2361- apps\LibreOffice_6.1.2
2362- uap\bin\init.bat
2363- uap\bin\const.bat
2364-
2365- [jsp , js , css , tld更新]
2366- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld
2367- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7220\entry.jsp
2368- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7220\query.jsp
2369- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7220\result.jsp
2370- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7220\update.jsp
2371- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7221\query.jsp
2372- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7221\result.jsp
2373- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7221\test_dragUpdate.jsp
2374- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7222\result.jsp
2375- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\query.jsp
2376- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF7302\result_sample8.jsp
2377- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\GF9110\result.jsp
2378- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\dragSelect.jsp
2379- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\dragUpdate.jsp
2380- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\eventColumn.jsp
2381- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\eventColumnMaker.jsp
2382- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\fileDownload.jsp
2383- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\jsp\common\htmlend.jsp
2384- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld
2385- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\eventScript.js
2386- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\jquery\dragView.js
2387- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\jquery\jquery-1.12.4.min.js
2388- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\jquery\jquery-2.2.4.min.js
2389- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\jquery\jquery-3.3.1.min.js
2390- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\jquery\jquery-migrate-3.0.0.min.js
2391- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\jquery\jquery-ui.css
2392- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\jquery\jquery-ui.js
2393- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\option\Chart.min.js
2394- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\option\chartjs-plugin-zoom.min.js
2395- C:\opengionV7\uap\webapps\gf\src\script\common\option\moment.min.js
2396-
2397- [V5 修正反映]
2398- V6 の反映なので、すでに対応済み
2399- X 5.10.4.1 (2018/10/12)
2400- X [レンデラーにタグ削除の機能追加]
2401- X V6に存在するNOTAGレンデラーを追加します。
2402- X 利用しているStringUtilのtagCutも追加しておきます。
2403- X fukurou.util.StringUtil#tagCut( final String data )
2404- X plugin.column.Renderer_NOTAG
2405-
2406-7.0.0.1 (2018/10/09)
2407- ※ このバージョンは、リリースされていません。
2408-
2409- [一旦、[プラグイン情報],[タグリブ情報],[Servlet/Filter情報],[システム状況] を削除します]
2410- hayabusa.servlet.HybsAdmin#getAdminLink()
2411-
2412- [小数対応(特殊な方法)]
2413- hayabusa.db.Selection_NUM#Selection_NUM(String editPrm)
2414-
2415- [最小,最大,平均,件数 を集計するためのキーワード追加]
2416- plugin.table.TableFilter_KEY_BREAK#execute()
2417- plugin.table.TableFilter_KEY_BREAK#TableFilter_KEY_BREAK()
2418-
2419- [apps\endorsed7.0を更新]
2420- 拡張jarファイル群である、apps\endorsed7.0フォルダ内を更新しました。
2421- doc\refactoring\7.0.0.1_endorsed.txt を参照願います。
2422- ★ commons-codec-1.11.jar (POIでも依存) http://commons.apache.org/ (Base64) 2017-10-20
2423- ★ commons-compress-1.18.jar http://commons.apache.org/ (ZIP) 2018-08-16
2424- ★ commons-net-3.6.jar http://commons.apache.org/ (FTP) 2017-02-15
2425- ★ jcifs-1.3.19.jar http://jcifs.samba.org/ (CIFS/SMB) 05-Jan-2018
2426- ★ jsch-0.1.54.jar http://www.jcraft.com/jsch/ (SSH2)
2427- ★ javax.mail_1.6.2.jar https://java.net/projects/javamail/pages/Home (SMTP, IMAP, and POP3) August 29, 2018
2428- ★ jaybird-full-3.0.5.jar http://www.firebirdsql.org/en/jdbc-driver/ (Jaybird 3.0.5 for Java 8 / JDBC 4.2) September 7, 2018
2429- ★ ojdbc8_18c3.jar http://www.oracle.com/us/downloads/index.html 18c (18.3) (4,161,744 bytes - SHA1: 4acaa9ab2b7470fa80f0a8ec416d7ea86608ac8c)
2430- ★ dom4j-2.1.1.jar http://dom4j.sourceforge.net/ (XPath and XSLT) Java 8+ July 1, 2018
2431- (★ poi-4.0.0.jar ) http://poi.apache.org/ poi-bin-4.0.0-20180907 (07 September 2018)
2432-
2433- [V5 修正反映]
2434- 5.10.4.0 (2018/10/05)
2435- [eventColumn改善]
2436- eventColumnの方法を若干変更し、セキュリティ上の対応を行います。
2437- hayabusa.taglib.ValueTag#release2()
2438- hayabusa.taglib.ValueTag#actionExec( final String action,final String value )
2439- hayabusa.taglib.ValueTag#setCryptKey( final String cKey )
2440- hayabusa.taglib.ValueTag#toString()
2441- hayabusa.db.DBEventColumn#DBEventColumn( final String name, final String evCol, final String eventUrl,
2442- final String renderer, final String editor, final String rendParam, final String editParam )
2443- hayabusa.db.DBEventColumn#DBEventColumn( final String name, final String evCol, final String eventUrl,
2444- final String renderer, final String editor, final String rendParam, final String editParam,
2445- final String rendParamKeys, final String editParamKeys, final String flgEncrypt )
2446- hayabusa.db.DBEventColumn#getRendParamKeys()
2447- hayabusa.db.DBEventColumn#getEditParamKeys()
2448- hayabusa.db.DBEventColumn#getFlgEncrypt()
2449- jsp/common/eventScript.js#eventColumn( jEvCol, jTag, cid, cname, suffix, writable )
2450- jsp/common/eventColumn.jsp
2451- jsp/common/eventColumnMaker.jsp
2452- hybs-taglib.tld
2453- hayabusa.common.SystemData#EVENT_SQL_ENCRYPT
2454-
2455-7.0.0.0 (2018/10/01)
2456- → 6.9.9.4 (2018/10/01) より、taglet パッケージを削除した バージョンです。
2457-
2458- ORACLE java11 より、ライセンス方法が、変更されました。
2459- https://www.oracle.com/technetwork/jp/java/eol-135779-ja.html
2460-
2461- このため、openGion は、今後、openJDK11 で、対応していきます。
2462-
2463- 6.9.9.4 (2018/10/01) を、openJDK11 環境下でコンパイルし直したものが、
2464- 7.0.0.0 (2018/10/01) になります。
2465-
2466- 当面は、互換性の関係で、Ver6系(java 8 コンパイル)も残しますが、
2467- 商用ユーザーの公式アップデート終了日が、2019年1月 なので、
2468- 速やかに、openJDK11 + openGion Ver7 に更新してください。
2469-
2470- [openGion Ver7 開始]
2471- java10 より、リリース方法が変わりました。
2472- http://www.publickey1.jp/blog/18/java_10java_9.html
2473- これにより、Taglit/Doclet関連のクラス(com.sun.javadoc,com.sun.tools.doclets等)
2474- が、削除されてしまいました。
2475- openGionV7 は、org.opengion.fukurou.taglet パッケージを削除しました。
2476-
2477- この結果、リソースファイル作成やタグリブマニュアルが、Ver6 の機能でしか
2478- 作成できなくなりました。
2479-
2480- [拡張Jar最新]
2481- apps\endorsed7.0 にインストールしている拡張Jarファイル群を、最新にアップします。
2482- また、MySL,PostgreSQL,H2,hsqldb,SQL Server のドライバは、削除し、必要な場合にダウンロードしてください。
2483- 更新バージョン等の詳細は、apps\endorsed7.0\ogReadme.txt をご確認ください。
2484-
2485- ※ 大きな変更
2486- dom4j-1.6.1 → dom4j-2.1.1
2487- poi-3.17 → poi-4.0.0
2488- Oracle 12c → Oracle 18c
2489-
2490- [POI関連]
2491- 上記、拡張Jarの関連で、POI関係は、ソースコードの修正が必要です。
2492- 6.9.9.4 (2018/10/01) より、以下のソースの修正が入っています。
2493- org.apache.poi.POITextExtractor org.apache.poi.extractor.POITextExtractor
2494- org.apache.poi.extractor.ExtractorFactory org.apache.poi.ooxml.extractor.ExtractorFactory
2495- org.apache.poi.POIXMLDocumentPart org.apache.poi.ooxml.POIXMLDocumentPart
2496-
2497- [poi-4.0.0 例外InvalidFormatExceptionは対応するtry文の本体ではスローされません]
2498- fukurou.model.POIUtil#createWorkbook(File file)
2499-
2500- [警告:[deprecation] CellのgetCellTypeEnum()は推奨されません (POI4.0.0)]
2501- fukurou.model.POIUtil#getValue(Cell oCell)
2502- fukurou.model.POIUtil#setValue(Cell oCell,String val)
2503- fukurou.model.POIUtil#activeWorkbook(Workbook wkbook,boolean isCellDel)
2504-
2505- [警告:[deprecation] SharedStringsTableのgetEntryAt(int)は推奨されません (POI4.0.0)]
2506- fukurou.model.EventReader_XLSX.SheetHandler#endElement(String namespace,String localName,String qname)
2507-
2508- [警告:[deprecation] WorkbookのgetNameAt(int)は推奨されません (POI4.0.0)]
2509- fukurou.model.POIUtil#getNames(Workbook wkbook)
2510-
2511- [警告:[deprecation] org.apache.poi.xslf.extractorのXSLFPowerPointExtractorは推奨されません (POI4.0.0)]
2512- fukurou.model.POIUtil#pptReader2(File file,TextConverter conv)
2513-
2514-
Show on old repository browser