Download List

專案描述

Javaで実装された分散キーバリューストア(KVS)です

Githubへ移行しました。 https://github.com/kobedigitallabo/okuyama

今後の更新はGithub上にて行います。 こちらにある過去リリース分はそのまま維持します。

System Requirements

System requirement is not defined

發布 2011-02-11 15:04
okuyama 0.8.6 (1 files 隱藏)

發布版本通知

[New - 新機能追加、不具合対応]
[[リリース Ver 0.8.6 - (2011/02/11)]]
■複数Value一括取得機能を追加(memcachedのgetに複数のKey値を並べるのと同等)
複数の取得したいKeyを配列で渡すことでまとめてValueを取得可能。返却される値はKeyとValueのMapで返される
同様のKeyを複数指定した場合は束ねて返される。
OkuyamaClientでは<Map>getMultiValue(String[])メソッドになる。
memcachedプロトコルではgetの後にkey値を並べる
!!注意!!:PHPクライアントは未対応。


■Tagを指定するとそれに紐付くValueを同時に返却する機能を追加
Tagを指定することで従来はKeyの配列を取得可能だったが、KeyとValueのMapを取得する機能を追加。
Tagを指定する意外は、<Map>getMultiValue(String[])と同様の挙動となる。
OkuyamaClientでは、<Map>getTagValues(String tag)メソッドになる。
!!注意!!:PHPクライアントは未対応。


■Tagを登録、更新する際の処理性能を向上


■値の演算機能を追加。演算できる種類はインクリメント、デクリメントであ(memcachedのincr、decr、append相当)
=>インクリメント処理
=>OkuyamaClientではincrValue(String key, long val)
=>memcachedプロトコルではincr

=>デクリメント処理
=>OkuyamaClientではdecrValue(String key, long val)
=>memcachedプロトコルではdecr

!!注意!!:PHPクライアントは未対応。


■ServerControllerにコマンドの種類追加
1.1. サーバコントロールコマンドを追加
追加した機能は以下
"cname" : okuyamaのDNS機能を設定する => DataNodeの設定上の名前と実際の名前のMappingを変えることが出来る
>datanode001=datanodeserver01
上記のように指定すると、okuyamaは"datanode001"という名前のDataNode設定を"datanodeserver01"と読み変えてアクセスする
※関係を変更したい場合は再度実行すれば上書きされる

"rname" : okuyamaのDNSMappingを削除する
rname改行後、現在の設定名を入力
>datanode001

"jobs" : 時間別の総アクセス数を返す
>jobs

"allsize" : すべてのIsolation別の保存データサイズを返す
単位はバイトになる
>allsize

"size" : Isolation名を指定することで個別のサイズを返す
>size
>IsolationPrefix


■レプリケーション登録未確認機能追加
DataNodeのレプリケーション先を設定している場合に、レプリケーションのデータを転送後、データノードで登録が正しく完了しているかを確認
せずにクラインとには成功として返す。
レプリケーション先の書き込み速度に依存しないので、書き込み処理が高速化される反面、ノードダウン時にデータ整合性が失われる可能性が高い。
MasterNode.propertiesの以下の項目を変更する
--------------------------------
#書き込み完了確認をしない
KeyMapDelayWrite=true

#書き込み完了確認をする
KeyMapDelayWrite=false
 --------------------------------


■いくつかの処理性能向上と不具合の修正

更動紀錄

沒有更動紀錄