Manjaro Xfce-16.11 非公式日本語(x86_64、i686)
2016-11-20 16:26 (by rago1975)

2016-11-20

Manjaro Xfce-16.11 非公式日本語(x86_64、i686) リリース

特長

  • このisoファイルは、Manjaro Linux 開発チームが配布している、Manjaro-toolsツール (https://github.com/manjaro/manjaro-tools )を使用して、パッケージ構成や個人設定を編集し、構成したものです。プロジェクトの位置づけは非公式Remixになります。
  • オリジナルのリリース版から、libdvdcssを除去しています。(インストール後にpacmanコマンドで追加することができます。)
  • Linux カーネル 4.4.33-1

公式版に無いもので、追加されたアプリケーション(主なもの)

  • fcitx 4.2.9.1-2
  • fcitx-mozc 2.18.2612.102-1
  • firefox-i18n-ja 50.0-1
  • libreoffice-still-ja 5.1.6-1
  • sylpheed 3.5.1-1
  • poppler-data 0.4.7-1
  • vim 8.0.0086-1 (デフォルトで alias vi='vim')
  • ttf-migmix 20150712-1 (非公式リポジトリ)
  • ttf-vlgothic 20141206-1 (非公式リポジトリ) (デスクトップ環境のデフォルトのフォント)
  • otf-ipaexfont 003.01-1 (非公式リポジトリ)

公式版から削除されたアプリケーション (pacman コマンドで別途容易にインストールできます。)

  • libdvdcss
  • steam-manjaro
  • thunderbird

インストール方法

  • ダウンロードしたisoイメージを、適切なソフトウェアでDVDディスク、USBメモリ等に書き込みます。
  • 作成したDVDディスク等でマシンをブートします。
  • 操作を選択する画面が現れます。ここでF2キーを押すことで言語を選択することができます。ここで、「Start Manjaro Linux」を選択するとLive-DVD環境が開始されます。
  • Live-DVD環境のデスクトップに「Manjaro Welcome」というウインドウが現れます。そのウインドウ内の右側「Installation」の「Use Thus」あるいは「Use Calamares」をクリックすると、インストーラーが起動します。
  • もしくは、デスクトップにマウスを重ねると「Install the operating system to disk」とポップアップするアイコンが2種類置かれています(それぞれ、ThusとCalamerasに対応)。これをダブルクリックするとインストーラーが起動します。
  • インストール作業には10分程度かかります。その間、インストーラーのウィンドウは最大化しておいてください。作業後、マシンを再起動させます。DVDディスクがマシンに残っている場合は、再び選択画面が現れますが、ここで「boot from harddisk(ハードディスクから起動)」を選択すれば、新しくインストールされたシステムが起動します。

その他注意事項

  • ホームディレクトリ内に「Downloads」「Music」などのユーザーディレクトリが作成されています。これらのディレクトリを日本語に変更したい場合は、端末上で「xdg-user-dirs-update --force」を実行してください。元の英語名のディレクトリは残るので手動で削除してください。
  • manjaroの公式リポジトリに無いパッケージをプリインストールするために非公式リポジトリ(local-repo: www.rago1975.net/localrepo/$arch)を使用しています。この非公式リポジトリを削除したい場合は、root権限で/etc/pacman.confを編集し、末尾の「local-repo」で始まるエントリ(3行)を削除してください。 削除した場合、これらのパッケージはAURパッケージとして振る舞います。
Manjaro JP 專案新聞存檔