• R/O
  • SSH
  • HTTPS

jgame-js: 儲存庫摘要


最新提交 RSS

修訂. 時間 作者 訊息
r170 2015-05-04 12:43:41 tsugehara
r169 2013-09-21 14:56:36 tsugehara
r168 2013-09-20 11:46:07 tsugehara Lineの始点が無視されていた問題を修正
r167 2013-09-11 01:35:33 tsugehara デバッグ用に背景コメントアウトしていたのを修正・・
r166 2013-09-10 19:00:24 tsugehara examplesの保守工数がjgforceに行っておりそろそろサンプル場...
r165 2013-09-10 18:41:11 tsugehara
r164 2013-09-10 18:40:41 tsugehara changes.txtに2.2の変更内容を追加
r163 2013-09-10 18:29:57 tsugehara
r162 2013-09-10 18:28:50 tsugehara
r161 2013-09-10 18:15:10 tsugehara ラベルやMultilineTextの影を綺麗に。 また、Gameのメインル...

最近的標籤

名稱 修訂. 時間 作者
2.2 r165 2013-09-10 18:41:11 tsugehara
2.1 r163 2013-09-10 18:29:57 tsugehara
2.0 r162 2013-09-10 18:28:50 tsugehara
1.1 r50 2013-03-05 21:46:49 tsugehara
1.0 r37 2013-02-28 17:39:00 tsugehara
0.4 r20 2013-02-01 18:29:27 tsugehara
0.3 r12 2013-01-21 15:27:23 tsugehara
0.2 r8 2013-01-17 21:16:26 tsugehara
0.1 r6 2013-01-15 14:39:46 tsugehara

分支

名稱 修訂. 時間 作者 訊息
3.x r169 2013-09-21 14:56:36 tsugehara

readme.txt

jgame.jsはオープンソースのHTML5向け2dゲームフレームワークです。
MITライセンスなので、商用非商用を問わずご自由にご利用いただけます。

動作はjavascriptですが、製作はtypescriptで行われているため、typescriptライブラリともいえます。
enchant.jsよりも少し使いにくく結構高速なライブラリとなることを目標としています。
詳しくはサンプルをご覧ください。
http://jgame-js.sourceforge.jp/


[javascriptライブラリとしての利用]
jgame.jsを利用する際は、jgame.jsをコピーし、以下のように利用してください。
<script type="text/javascript" src="jgame.js"></script>
<script type="text/javascript">
//ここにプロジェクト用のスクリプトを記述してください
</script>


[プロジェクトテンプレート]
jgame.jsでは以下の構造をプロジェクトテンプレートとして定義しています。
index.html
js/jgame.js
js/あなたのjavascript.js
img/あなたの画像ファイル
sound/あなたの音声ファイル
css/あなたのcssファイル
ts/あなたのtypesriptファイル

imgやsoundはフォルダをあえて固定にしてあります。
変更したい場合はResourceStructureという仕組みを使う必要があります。
http://jgame-js.sourceforge.jp/resource-structure.html


[初期化]
jg.globalize();
window.onload = function() {
	var game = new Game(320, 320);
	game.preload({chara: "chara.png"});
	game.loaded.handle(function() {
		var chara = new Character(game.r("chara"), 32, 32);
		game.currentScene.append(chara);
		chara.frame = [0, 1];
		chara.tl().moveBy(288, 0, 1800)
			.scaleTo(-1, 1, 300)
			.moveBy(-288, 0, 1800)
			.scaleTo(1, 1, 300)
			.loop();
	});
}

詳しくは各種サンプルをご覧ください。
http://jgame-js.sourceforge.jp/
window.onloadで初期化し、game.loaded.handle内に初期化後のコードを記述していく形になります。
jqueryを利用されている場合、window.onloadの代わりに以下の形を利用してください。
jg.globalize();
$(function() {
	var game = new Game(320, 320);
	game.preload({chara: "chara.png"});
	game.loaded.handle(function() {
		var chara = new Character(game.r("chara"), 32, 32);
		game.currentScene.append(chara);
		chara.frame = [0, 1];
		chara.tl().moveBy(288, 0, 1800)
			.scaleTo(-1, 1, 300)
			.moveBy(-288, 0, 1800)
			.scaleTo(1, 1, 300)
			.loop();
	});
});


[typescriptライブラリとしての利用]
jgame.jsをtypescriptのライブラリとして利用する場合、
javascriptライブラリとしての利用方法と同じようにまずはjgame.jsをコピーしてください。

ビルドの際には定義ファイルが必要になるため、
libフォルダにあるjgame.d.tsが必要になります。
これらをTypeScriptのプロジェクトにコピーし、ビルド設定に追加することでライブラリとして利用できるようになります。

以下のような構成がいいかと思います。
-------------------
lib/jgame.d.ts
ts/yourtypescript.ts
js/jgame.js
js/yourscript.js
-------------------

jgame.jsと同じようにtsconfig.jsonを使う場合は、以下のような内容をts/tsconfig.jsonとして作ると使いやすいでしょう。
-------------------
{
    "compilerOptions": {
        "module": "commonjs",
        "noLib": true,
        "target": "es5",
        "out": "../js/yourscript.js"
    },
    "files": [
        "lib/jgame.d.ts",
        "yourtypescript.ts"
    ]
}

-------------------


[開発者向け]
最初にnpm installをして、その後npm run buildでビルドできます。
タグ等を打つ場合はnpm run deployしてください。
Show on old repository browser