討論區: ヘルプ (Thread #30662)

実行状態=「終了」、終了状態=空白 について (2011-10-26 11:49 by zl_haisya #60207)

Hinemos Ver3.1.4を使用しております。

Hinemosに登録したジョブネットについて、起動時刻を過ぎてからしばらくして確認したところ、以下の状態となっていました。
 実行状態:「終了」
 終了状態:空欄
 終了値:0

当該ジョブネットの「終了状態」の設定は以下のとおりです。
 正常:0 範囲0-0
 警告:2 範囲2-255
 異常:1

設定内容から終了状態は「正常」となるはずなのですが、何も表示されません(空欄)。

約2ヶ月前に一度発生していましたが、以降今回まで上記現象は発生しませんでした(その間、終了状態は「正常」と表示)

前回発生時には、PostgresSQLの処理ログが大量に蓄積されていたことでのレスポンスの問題と考え、処理ログを削除しておりましたが、1ヶ月ほどで再発したので、大量のログによるレスポンスが原因ではなさそうです。


なぜ終了状態が空欄となってしまうのか?ご存知の方がいらっしゃいましたらご教授願います。

RE: 実行状態=「終了」、終了状態=空白 について (2013-05-20 13:39 by suns_sakamoto #68820)


私の方もHinemos Ver3.1.4を使用しておりますが同様の現象を確認しております。

解決策は持ちあわせておりません。申し訳ないです。

全く同様の現象で、不定期に、不定のジョブにて発生しております。

agents.logで確認しました所、直前のジョブまでは正常に処理されておりますが、
終了状態は空白になるジョブからログが出力されておりません。

なぜなんでしょうかね? 

バージョンが同じなので少し気になりましたので、相乗りさせていただきました。

回覆: #60207

RE: 実行状態=「終了」、終了状態=空白 について (2013-05-21 09:49 by moomindani #68843)

ジョブが実行され、実行状態が「終了」となった際に、
「終了値」に値が格納される一方、「終了状態」が空となる主なケースとしては、下記があります。
・「コマンド実行失敗時に終了する」によってジョブが終了した場合
・「条件を満たさなければ終了する」によってジョブが終了した場合
・カレンダによってジョブが終了した場合
・スキップ等の操作によってジョブが終了した場合

不定期に不定のジョブにて発生するということなので、一つ目の
・「コマンド実行失敗時に終了する」によってジョブが終了した場合
があやしいです。

まずは対象のジョブで該当の設定が有効化されていることを確認したあとで、
Hinemosエージェント監視を設定しているなら、該当時刻の監視結果を見てみてはどうでしょう。
回覆: #68820

RE: 実行状態=「終了」、終了状態=空白 について (2013-05-22 09:48 by suns_sakamoto #68857)

ご回答ありがとうございます。大変参考になります。

当方で不定期に発生しております内容で、
直近のものを例にしてみます。

これは日次処理で通常であれば3分程度で終了するものが、
エラー発生時は40秒程度で終了しております。

通常であれば、JOBNET Bの登録条件により、
JOB B1が実行されるはずですが、なぜか待機状態になっております。

ご教授いただいた内容で、Hinemosエージェント監視設定はしており
ませんでした。原因切り分けの為に、今後このあたりの登録方法等を
調査して、実装してみます。

また、原因の方がはっきりしましたら投稿させていただきます。


■登録概要
----------+------+------+------
ジョブ名 実行 終了 終了
状態 状態 値
----------+------+------+------
JOBUNIT
+JOBNET A □終了 □正常 0
+JOB A1 □終了 □正常 0
+JOBNET B □終了 0 ← ここが空白状態
+JOB B1 □待機
+JOB B2 □待機
+JOBNET C □終了 -1
+JOB C1 □待機
+JOB C2 □待機


■JOBNET B 登録条件
待ち条件 JOBNET Aの終了状態が正常
条件を満たさなければ終了。終了値 -1
開始遅延、終了遅延設定なし。

■JOBNET C 登録条件
待ち条件 JOBNET Bの終了状態が正常
条件を満たさなければ終了。終了値 -1
開始遅延、終了遅延設定なし。

回覆: #68843