• Showing Page History #63798

プロジェクト運用手順(管理者用)

DTXMania パッケージのリリース手順

(未稿)

リポジトリの再構築手順

※2010/10/31~11/1にかけて行った作業を元に記載しています。

使用した Subversion クライアントは TortoiseSVN です。


(1) プロジェクトメンバへ周知する。

  • コミット予定のデータがあれば、再構築作業前にコミットしてもらう。
  • 作業開始後は、作業完了までコミットを禁止する。

(2) 全リビジョンのログを保存する。(必要あれば)

  • 次のリリースでの変更履歴の防備録として。

(3) リポジトリの内容をローカルPC(作業コピーフォルダ)へ「SVN 更新」を行う。

  • 最新のリポジトリをローカルPC上に確保するため。

(4) ローカルPC上で、作業コピーフォルダから任意のフォルダ(デスクトップ上など)へ全件エクスポートする。

  • Subversion の管理下から外れたツリーを作成しておく。

(5) SourceForge.JP プロジェクトへ「リポジトリ初期化依頼」チケットを申請する。

(6) スタッフがリポジトリを初期化する。

  • 完了後、スタッフから該当チケットにその旨のコメントが追加される。
  • リポジトリが初期化されていることを確認し、該当チケットにお礼を記入すると同時に、状況欄を「完了」に変更する。

(7) ローカルPC上に、新しい作業コピー用フォルダを作成する。

  • 初期化後の空のリポジトリを正として作業コピーを作成するため。

(8) (7) のフォルダに「SVN チェックアウト」し、Subversion 管理下に含める。

  • 当然、チェックアウトされたデータ件数はゼロ件となる。

(9) (4)で作成した管理外フォルダから、(7)のフォルダへデータを全件 Windows コピーし、ルートフォルダを「SVN 追加」する。

  • 追加中にエラーが発生して停止してしまうことが何度もある(.svn/tmp のファイルが壊れてるたらどーたら)が、そういうときは、もう一度ルートフォルダを「追加」すれば、何事もなく残りの作業を継続できる。ええ。何度エラーが出ても。(涙

(10) (7)のフォルダに対して「SVNコミット」を実施する。

  • 無事に全件コミットできれば、リポジトリ再構築作業は完了。

(11) プロジェクトメンバに、作業が完了した旨を周知する。

  • これまでの作業コピーを破棄し、新しく SVN チェックアウトし直してもらう。


以上です。